KENTA ニュース&Wiki etc.

KENTA(けんた、男性、1981年(昭和56年)3月12日 - )は、日本のプロレスラー。プロレスリング・ノア所属。埼玉県草加市出身。 (出典:Wikipedia)

「KENTA」Q&A

  • Q&A

    ▼ こんばんは。 今でも柴田勝頼とKENTAは、ソウルメイトですか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月1日 00:41

  • Q&A

    今三人称単数の問題をしていますが、 どこが間違ってるのかわかりません。 教えて下さい…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月18日 22:57

  • Q&A

    2016年11月18日に新日本プロレスワールドタッグリーグの内藤哲也のパートナーXっ…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年11月18日 11:10

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「KENTA」のつながり調べ

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見たKENTA

    高校卒業後、警察官の父に倣い警察官採用試験を受験するも失敗、公務員予備校に通いながらフリーター生活をおくっていた。そんなある日、プロレスリング・ノアの創業者である三沢光晴の「ぶっちゃけ、プロレスラーは根性さえあれば誰でもなれる」という発言をテレビで耳にし、またある日には、野球経験者で格闘技経験がないという共通項のある小林健太(現・KENTA)が全日本プロレスの新人テストに合格したという記事を『週刊プロレス』のバックナンバーを再読中に目にする。それらに感化された潮?は、子供の頃は「住む世界が違う」「なれるはずがない」という理由で自らの職業とする考えはなかったプロレスラーになることを思い立つ。(潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・マッギネス

    ナイジェル・マッギネスから見たKENTA

    戴冠後は怪我等に苦しみ短期政権に終わるかと思われた時期もあったが、やがて王者としてのプロレススタイルを確立して、オースチン・エリーズやブライアン・ダニエルソン、タイラー・ブラック、クラウディオ・カスタニョーリ等と好勝負を繰り広げ、かつて歴代最高王者と評されたダニエルソンと肩を並べるほどの大活躍を見せた。ノアの森嶋猛、KENTA、潮?豪らとも防衛戦を行い、また日本においてもノアの興行で防衛戦を行っている。(ナイジェル・マッギネス フレッシュアイペディアより)

「KENTA」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「KENTA」のニューストピックワード