前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • 丸藤正道

    丸藤正道から見たKENTAKENTA

    復帰直後の2003年1月に、三沢とのシングルを経験する。結果は敗北。これを期に丸藤はWAVEを脱退し、三沢の付き人も同時に卒業する。その直後から「下克上」を旗印に、同じく若手のWILD II(森嶋猛&力皇猛)やKENTAと共闘を始め「ジュニアの体のままヘビーに挑戦」と目標を定める。この一環で2003年4月5日には秋山準&齋藤彰俊組が保持するGHCタッグ王座にも森嶋と共に挑戦を果たした。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ谷口

    マイバッハ谷口から見たKENTAKENTA

    2005年12月24日、ディファ有明で行われたクリスマス大会にて、本名「谷口周平」のリングネームで、対佐野巧真・ハスワマコト・志賀賢太郎・菊地毅戦(パートナーは森嶋猛・KENTA・小川良成)でデビュー。マイバッハ谷口 フレッシュアイペディアより)

  • NO MERCY (プロレスリング・ノア)

    NO MERCY (プロレスリング・ノア)から見たKENTAKENTA

    2011年1月に同団体の軍団DISOBEYに属する金丸義信がKENTAとタッグチームを結成してみたい気持ちがあることを吐露。その後、同月23日アクロス福岡大会のKENTAの試合後に、金丸がリング上に登場し、KENTAにタッグを結成するようにマイクアピールをした。しかし、KENTAは金丸の耳元で何かを囁き、金丸は「分かった」と発言して、そのまま退場した。このとき、KENTAは、タッグ結成のための条件を提示したと明かされた(その条件はこのときは不明)。同月のツアー最終戦(後楽園ホール)第4試合、潮崎豪、小川良成、KENTA組vsモハメド・ヨネ、金丸義信、平柳玄藩組の試合中、KENTAはパートナーの潮崎と小川を突然裏切り、パイプ椅子攻撃を敢行した。そして、金丸や平柳・ヨネと握手し、「これからが新しいディスオベイの始まり」とマイクアピール。DISOBEYに加入した。NO MERCY (プロレスリング・ノア) フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見たKENTAKENTA

    高校卒業後、警察官の父に倣い警察官採用試験を受験するも失敗、公務員予備校に通いながらフリーター生活をおくっていた。そんなある日、プロレスリング・ノアの創業者である三沢光晴の「ぶっちゃけ、プロレスラーは根性さえあれば誰でもなれる」という発言をテレビで耳にし、またある日には、野球経験者で格闘技経験がないという共通項のある小林健太(現・KENTA)が全日本プロレスの新人テストに合格したという記事を『週刊プロレス』のバックナンバーを再読中に目にする。それらに感化された潮?は、子供の頃は「住む世界が違う」「なれるはずがない」という理由で自らの職業とする考えはなかったプロレスラーになることを思い立つ。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見たKENTAKENTA

    2005年11月5日、プロレスリング・ノアの日本武道館大会にて、KENTAとタッグを組み初参戦。柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

  • 日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦

    日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦から見たKENTAKENTA

    KENTAがジュニアヘビー級戦線を活発化させるために提唱したタッグリーグ戦である。2007年に行われた第1回は、プロレスリング・ノアでは初のタッグ・マッチによる総当たりリーグ戦となった。これが興行的に成功を納め、ノアはこれ以降積極的にリーグ戦を開催するようになった。日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 石森太二

    石森太二から見たKENTAKENTA

    2006年、ElDoradoのエースとして期待されていたが、5月17日のElDorado渋谷club asia大会を最後に退団を発表した。そして2006年4月23日プロレスリング・ノア日本武道館大会では、ノア初参戦にしてKENTAの持つGHCジュニアヘビー級王座に挑戦した。王座獲得はならなかったが、以後ノアヘレギュラー参戦することになった。石森太二 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たKENTAKENTA

    2005年6月5日には杉浦貴と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ選手権に臨み、丸藤正道&KENTA組を破って第2代王者となった。この時金丸は第9代GHCジュニアヘビー級王者でありノア史上初のジュニア2冠の同時保持を成し遂げた(相方の杉浦も後に同時保持を成し遂げた)。だが同年7月18日の東京ドーム大会のジュニアヘビー級選手権試合でKENTAに破れ王座から陥落した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たKENTAKENTA

    また、一度暴れだすと見境が無くなることがある。例えば、2008年に三沢とのシングル対決が決まったシリーズでは開幕の後楽園大会から既に気合に満ち溢れており、試合に敗れながらも興奮収まらぬ森嶋は対戦相手の小橋建太・本田多聞・金丸義信を次から次へとラリアットでなぎ倒し、しまいには同じチームであったKENTAにまでラリアットを見舞うほどであった。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見たKENTAKENTA

    尊敬する小橋をめぐって、KENTAとは犬猿の仲であり、試合でタッグを組むことは無い上、対抗戦となるとKENTAは、感情を剥き出しにして秋山に攻めかかり、秋山も冷徹非情にKENTAを痛めつける。KENTAは秋山のことを『秋山氏』『白パン』と呼ぶほど両者の溝は大きいが、秋山自身は雑誌インタビューで「丸藤正道とKENTAはどちらが将来性があるか」と尋ねられた際、「身体を張って頑張っているのだから、KENTAの方が将来性がある」と認めており、GHC防衛戦の際も「ジュニアが身体張って頑張っているのだから」と認める発言を最近は繰り返している。秋山準 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「KENTA」のニューストピックワード