前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示
  • NO MERCY (プロレスリング・ノア)

    NO MERCY (プロレスリング・ノア)から見た小林健太小林健太

    2011年1月に同団体の軍団DISOBEYに属する金丸義信がKENTAとタッグチームを結成してみたい気持ちがあることを吐露。その後、同月23日アクロス福岡大会のKENTAの試合後に、金丸がリング上に登場し、KENTAにタッグを結成するようにマイクアピールをした。しかし、KENTAは金丸の耳元で何かを囁き、金丸は「分かった」と発言して、そのまま退場した。このとき、KENTAは、タッグ結成のための条件を提示したと明かされた(その条件はこのときは不明)。同月のツアー最終戦(後楽園ホール)第4試合、潮崎豪、小川良成、KENTA組vsモハメド・ヨネ、金丸義信、平柳玄藩組の試合中、KENTAはパートナーの潮崎と小川を突然裏切り、パイプ椅子攻撃を敢行した。そして、金丸や平柳・ヨネと握手し、「これからが新しいディスオベイの始まり」とマイクアピール。DISOBEYに加入した。NO MERCY (プロレスリング・ノア) フレッシュアイペディアより)

  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見た小林健太小林健太

    2005年11月5日、プロレスリング・ノアの日本武道館大会にて、KENTAとタッグを組み初参戦。柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

  • アンタッチャブル (プロレス)

    アンタッチャブル (プロレス)から見た小林健太小林健太

    2001年に小橋の欠場によって活動休止となったバーニングから力皇猛、小林健太をWAVE預かりとする。力皇はプロレスリングZERO-ONE旗揚げ戦で三沢のパートナーとして小川直也&村上和成組と対戦するなど急成長を遂げるが、下克上を掲げた森嶋猛とのタッグに活路を見出し脱退。さらに池田も同年6月の大森隆男とのシングルマッチ後に脱退する。しかし同年に入団した佐野巧真、同年12月デビューの鈴木鼓太郎が加入。アンタッチャブル (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ディスオベイ

    ディスオベイから見た小林健太小林健太

    2011年1月ツアー『The First Navig.2011』が始まると、正パートナー不在のKENTAが金丸とのタッグチーム結成に個人的に興味がある旨の発言をする。これを受け、同月23日のアクロス福岡大会で、金丸がKENTAにタッグを結成をするのかしないのかハッキリとするようにリング上でマイクアピールした。KENTAは金丸に耳打ちし、金丸は「分かった」とのみ発言し退場する。このときの発言内容は二人以外には明かされなかったが、後日ある条件を提示したと明かされた。同月29日のツアー最終戦・後楽園ホール大会における第4試合、潮崎豪、小川良成、KENTA組対モハメド・ヨネ、金丸義信、平柳玄藩組の試合終盤で、KENTAは味方である潮崎と小川を突如攻撃、パイプ椅子による殴打を敢行。直後、金丸や平柳・ヨネと握手、抱擁し、さらには「これからが新しいディスオベイの始まり」とマイクアピールをしチーム加入を宣言した。なお、試合後の控室で先日提示した条件の内容は不明のままであるが、条件は成約したことがKENTAの口から告げられた。ディスオベイ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た小林健太小林健太

    年間最高試合賞(ベストバウト):丸藤正道×KENTAプロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た小林健太小林健太

    高校卒業後、警察官の父に倣い警察官採用試験を受験するも失敗、公務員予備校に通いながらフリーター生活をおくっていた。そんなある日、プロレスリング・ノアの創業者である三沢光晴の「ぶっちゃけ、プロレスラーは根性さえあれば誰でもなれる」という発言をテレビで耳にし、またある日には、野球経験者で格闘技経験がないという共通項のある小林健太(後のKENTA、現:ヒデオ・イタミ)が全日本プロレスの新人テストに合格したという記事を『週刊プロレス』のバックナンバーを再読中に目にする。それらに感化された潮?は、子供の頃は「住む世界が違う」「なれるはずがない」という理由で自らの職業とする考えはなかったプロレスラーになることを思い立つ。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・エリーズ

    オースチン・エリーズから見た小林健太小林健太

    2006年、ROHと日本のプロレスリング・ノアとの交流が始まり、エリーズも日本のレスラーとの対決することになる。特に注目されたのは6月24日にシカゴで行われたKENTAとのシングルマッチだったが、KENTAのGo2Sleepの前に敗れる。同年9月16日にクリス・ヒーロー&クラウディオ・カスタニョーリによるタッグチーム「キング・オブ・レスリング」に敗れ、数十回防衛してきたROHタッグ王座を失う。オースチン・エリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た小林健太小林健太

    2009年3月、佐々木健介が保持していたGHCヘビー級王座に挑戦し、勝利。約2年半ぶりに3度目の王座に返り咲いた。翌月、潮崎豪と防衛戦を行ない、勝利。また、5月17日にはKENTAと初のGHCシングル王者同士の一騎討ちを行い"元祖"スターネスダストαを解禁し、勝利した。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 小橋建太

    小橋建太から見た小林健太小林健太

    長らく結婚をせず、2006年の誕生日では「ベルトが恋人だから結婚の予定はない。今後するつもりもない」と生涯独身を断言したが、2006年5月にKENTAが入籍を発表してから、「最近のKENTAの調子のよさは内助の功もあるのかな」と、結婚に対しての興味を見せていた。雑誌等で必ず小橋をネタにする秋山準は小橋の奥さんになる条件として「小橋さんが4時半に起きると言うことは、カミさんは3時半に起きて飯の準備しなくちゃいけない。また、エアコンの温度は16度」と語っている。そしてついに2010年6月21日、歌手のみずき舞との結婚(2010秋)が、みずき舞のBlogにより告知された。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

  • 石森太二

    石森太二から見た小林健太小林健太

    2006年、ElDoradoのエースとして期待されていたが、5月17日のElDorado渋谷club asia大会を最後に退団を発表した。そして2006年4月23日プロレスリング・ノア日本武道館大会では、ノア初参戦にしてKENTAの持つGHCジュニアヘビー級王座に挑戦して王座獲得はならなかったものの、以後はノアヘレギュラー参戦することになった。当初はノアへはスポット参戦であったが、石森の並々ならぬ決意から地方大会にも参加、2006年7月シリーズより全戦参加。ノア道場で練習しており、セコンドに付くなど、ノアの若手ブランド大会であるプロレスリング・セムにも参加するなど、長らく準所属状態になっていたが、2008年1月から正式にノア所属選手となった。石森太二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示

「KENTA」のニューストピックワード