91件中 11 - 20件表示
  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たKENTAKENTA

    2003年9月12日、マイケル・モデストを破りGHCジュニアヘビー級王座に、2005年6月5日、金丸義信と組んで丸藤正道&KENTA組を破りGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見たKENTAKENTA

    KENTA(初出場)、ボビー・フィッシュ(初出場)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見たKENTAKENTA

    年間最高試合賞(ベストバウト):丸藤正道×KENTAプロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 和田京平

    和田京平から見たKENTAKENTA

    以来、2011年6月の離脱まで全日本プロレス一筋で試合を裁きつづけた。裁いた試合数は延べ1万試合を超え、現在はディファカップ(プロレスリング・ノアとZERO1-MAXの共催)や佐々木健介20周年記念興行(全日本が全面協力)、ビッグマウス・ラウドでと全日本外でもレフェリングを頼まれている。なお、2005年7月10日にプロレスリング・ノアで「三沢vs川田」が組まれた時は、何度もその歴史的カードを一番近くで見ていたために雑誌のインタビューを多く受け思い入れを語っていた。その時は「オレ以外が裁かなきゃいけない」とプラチナカードを通しての後輩の成長を願っていたが、大会終了後は「やりたかったけど、オファーくれないんだもん」と、ひょっとしたらと思っていたようだ。その後ノアでは2008年10月にPWF公認チーフ・レフェリーとして世界ジュニアヘビー級選手権試合・丸藤正道vs.KENTAや、2009年10月の三沢光晴追悼興行田上明&川田利明組vsKENTA&秋山準組戦を裁く。また、和田のレフェリングを後世に伝えるための活動も精力的に行っている。和田京平 フレッシュアイペディアより)

  • 青木篤志

    青木篤志から見たKENTAKENTA

    2007年12月23日の「SEMful Gift in Differ '07」での秋山準との対戦を皮切りに、「青木篤志“閃光十番勝負”」が組まれる。その後、デイビー・リチャーズに勝利するも、KENTA、ブライアン・ダニエルソン、小川良成、カズ・ハヤシ、金丸義信、獣神サンダー・ライガー、丸藤正道、2010年2月28日の鈴木みのるの順に敗れ、1勝9敗で終了した。青木篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 小橋建太

    小橋建太から見たKENTAKENTA

    特別なスキルもなく、トップレスラーとなりえたのは、誰よりも練習に励んでいたからだとも言われている。全日本プロレス時代にジャイアント馬場の付き人としてハワイへ行った際、ひたすらトレーニングしていたのを見かねた馬場が「休むのも練習の内だから休め」と命令したほどである。また、全日本プロレス時代にはTV放送で試合を解説していた馬場に「小橋は趣味が練習、職業はプロレスラー」と言わしめたこともある。当時全盛だったロード・ウォリアーズの両者に片言の英語でトレーニング方法を教わったとも語ったことがある。トップとなった今でもそれは変わらず、道場には若手の誰よりも早く来て(一説によると朝5時半)汗を流している。なお、厳しいプロレスの練習を乗り切った秋山準やKENTAでさえ、小橋の練習に付き合いオーバーワークで病院へ運ばれたという逸話がある。同じく2002年の復帰直前KENTAとハワイ合宿を敢行していた際、本当に一日中ジムへ篭っていたためKENTAが驚愕し「最後の日に土産を買う時間だけはください」と懇願したという話もある。全日本プロレス時代、小橋の試合を解説していた川田利明が発した「あいつを殺すには刃物は要らない。ダンベルを取り上げればいい」は彼の練習好きを端的に表す名言。また全日若手時代に異常とも思える練習熱心さをある中堅選手が嘲笑したところ、当時既にトップレスラーだった天龍源一郎が「おまえら笑ってるけど、今にこいつに食わせてもらう日が必ず来るぞ」と言ったことも有名である。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

  • バーニング (プロレス)

    バーニング (プロレス)から見たKENTAKENTA

    2000年、プロレスリング・ノアの設立後、秋山を筆頭とする若手選手が小橋に対し反旗を翻した。これに対し小橋の同期である菊地毅と小橋と行動を共にし指導を受けることが多かった力皇猛が小橋との共闘を宣言。これに当時の小橋の付け人であった小林健太(現・KENTA)を加えて、新生バーニングを結成した(なお名称は全日本プロレス時代と同じであるが、別のチームと認識されている)。バーニング (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • SUWA

    SUWAから見たKENTAKENTA

    その後はフリーランスとしてプロレスリング・ノアに参戦。参戦早々、丸藤正道&KENTAが持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座にリッキー・マルビンと組み挑戦。以後もシリーズにはフル参戦しており、闘龍門〜DG時代と変わらぬ暴れぶりと無鉄砲さで強烈な印象を残す。一方、時折ノアの試合中継においては解説も行い、リング上での暴れっぷりとは対照的に冷静・的確な解説を行った。SUWA フレッシュアイペディアより)

  • ANMU

    ANMUから見たKENTAKENTA

    ANMU(アンム)とはプロレスリング・ノアで結成・活動を行っているユニットである。主にKENTAを筆頭とするNO MERCYとの対抗戦を行っている。ANMU フレッシュアイペディアより)

  • アンタッチャブル (プロレス)

    アンタッチャブル (プロレス)から見たKENTAKENTA

    2001年に小橋の欠場によって活動休止となったバーニングから力皇猛、小林健太をWAVE預かりとする。力皇はプロレスリングZERO-ONE旗揚げ戦で三沢のパートナーとして小川直也&村上和成組と対戦するなど急成長を遂げるが、下克上を掲げた森嶋猛とのタッグに活路を見出し脱退。さらに池田も同年6月の大森隆男とのシングルマッチ後に脱退する。しかし同年に入団した佐野巧真、同年12月デビューの鈴木鼓太郎が加入。アンタッチャブル (プロレス) フレッシュアイペディアより)

91件中 11 - 20件表示

「KENTA」のニューストピックワード