91件中 21 - 30件表示
  • ディスオベイ

    ディスオベイから見たKENTAKENTA

    2011年1月ツアー『The First Navig.2011』が始まると、正パートナー不在のKENTAが金丸とのタッグチーム結成に個人的に興味がある旨の発言をする。これを受け、同月23日のアクロス福岡大会で、金丸がKENTAにタッグを結成をするのかしないのかハッキリとするようにリング上でマイクアピールした。KENTAは金丸に耳打ちし、金丸は「分かった」とのみ発言し退場する。このときの発言内容は二人以外には明かされなかったが、後日ある条件を提示したと明かされた。同月29日のツアー最終戦・後楽園ホール大会における第4試合、潮崎豪、小川良成、KENTA組対モハメド・ヨネ、金丸義信、平柳玄藩組の試合終盤で、KENTAは味方である潮崎と小川を突如攻撃、パイプ椅子による殴打を敢行。直後、金丸や平柳・ヨネと握手、抱擁し、さらには「これからが新しいディスオベイの始まり」とマイクアピールをしチーム加入を宣言した。なお、試合後の控室で先日提示した条件の内容は不明のままであるが、条件は成約したことがKENTAの口から告げられた。ディスオベイ フレッシュアイペディアより)

  • 膝蹴り

    膝蹴りから見たKENTAKENTA

    KENTAが考案した、彼独特のフォームで繰り出される跳び膝蹴り。立っている相手の主に顔面を狙って、助走を付けて大きくジャンプ。このとき、踏み切った足とは反対の足を前方に大きく振り出すのが特徴的で、もう片方の足(踏み切った足)の膝を相手にぶつける。一般の跳び膝蹴りは踏み切った足とは反対側の足で蹴るのが一般的なため、独自色が強い技となっている。膝蹴り フレッシュアイペディアより)

  • ノアぷ〜

    ノアぷ〜から見たKENTAKENTA

    試合映像は主にKENTAや潮崎豪らの海外での試合が多い。映像ソースの質、試合内容の質はピンキリである。ノアぷ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見たKENTAKENTA

    小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • ディファ有明戦隊ノアレンジャー

    ディファ有明戦隊ノアレンジャーから見たKENTAKENTA

    イケメンジャー:KENTAディファ有明戦隊ノアレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • エクストリーム・タイガー

    エクストリーム・タイガーから見たKENTAKENTA

    2008年には、プロレスリング・ノアのKENTAがメキシコ遠征中に、エクストリーム チャンピオンシップ ステアー(タッグチーム3WAY マッチ)にてタッグを組んだ事もある。エクストリーム・タイガー フレッシュアイペディアより)

  • WILD II

    WILD IIから見たKENTAKENTA

    7月の初代GHCジュニアヘビー級タッグ王者決定トーナメントに丸藤がKENTAとタッグを組んで出場。同月16日の決勝で獣神サンダー・ライガー&村浜武洋の新日本プロレス・大阪プロレス越境タッグと対戦。24分27秒、丸藤が村浜をシューティング・スター・プレスで破り、見事に初代王者に輝いた。WILD II フレッシュアイペディアより)

  • 星川尚浩

    星川尚浩から見たKENTAKENTA

    高岩竜一と共にNOAHへ参戦。丸藤やKENTAと好勝負を繰り広げる。星川尚浩 フレッシュアイペディアより)

  • ムシキング・テリー

    ムシキング・テリーから見たKENTAKENTA

    2005年10月28日、GHCジュニアヘビー級王座への挑戦権を得たテリーは王者であるKENTAと対戦。試合に敗れるものの、近い将来もう一度ベルトに挑戦することを誓った。ムシキング・テリー フレッシュアイペディアより)

  • 菊地英昭

    菊地英昭から見たKENTAKENTA

    プロレスラーであるKENTA(プロレスリング・ノア所属)が本名の「小林健太」で活動していた際、小橋健太を通じて「KENTAという名前はどうだ?」と提案していた事がある。その後、小林は「KENTA」に改名した。菊地英昭 フレッシュアイペディアより)

91件中 21 - 30件表示

「KENTA」のニューストピックワード