119件中 31 - 40件表示
  • Itami Hideo

    Itami Hideoから見た小林健太小林健太

    Itami Hideo フレッシュアイペディアより)

  • コントラ・マッチ

    コントラ・マッチから見た小林健太小林健太

    2003年11月、プロレスリング・ノアでのGHCジュニアヘビー級選手権試合で行われた形式。王者杉浦貴が負ければ大好きなキャバクラを封印し、挑戦者のKENTAが負ければ坊主になる。結果、杉浦が勝利してKENTAが坊主になった。コントラ・マッチ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・クロス

    ダニエル・クロスから見た小林健太小林健太

    WLWとプロレスリング・ノアが共催したレスリング・キャンプに2004年から2006年まで3年参加。06年に同キャンプを視察した丸藤正道、KENTAと対戦。また12月にはWLWマットで力皇猛、森嶋猛、丸藤正道とも対戦した。これがきっかけで2007年4月にテッド・デビアス・ジュニアとともにノアへ留学生として初参戦・初来日が決定した。。ダニエル・クロス フレッシュアイペディアより)

  • ノアぷ〜

    ノアぷ〜から見た小林健太小林健太

    番組は試合中継のほか、選手へのインタビューコーナーや選手が出演したイベントの映像を放送することもあった。試合映像はFIGHTING TV サムライなどから提供されたもので、KENTAや潮崎豪らの海外での試合が多かった。映像ソースの質、試合内容の質はピンキリだった。ノアぷ〜 フレッシュアイペディアより)

  • WILD II

    WILD IIから見た小林健太小林健太

    7月の初代GHCジュニアヘビー級タッグ王者決定トーナメントに丸藤がKENTAとタッグを組んで出場。同月16日の決勝で獣神サンダー・ライガー&村浜武洋の新日本プロレス・大阪プロレス越境タッグと対戦。24分27秒、丸藤が村浜をシューティング・スター・プレスで破り、見事に初代王者に輝いた。WILD II フレッシュアイペディアより)

  • エース・スティール

    エース・スティールから見た小林健太小林健太

    2005年12月10日、WLWスティムボートロック大会では、WLWへ参戦したKENTAが当時保持していたGHCジュニアヘビー級王座に挑戦。20分00秒、GO 2 SLEEPからの片エビ固めに屈し、KENTAの3度目の防衛を許した。 エース・スティール フレッシュアイペディアより)

  • ムシキング・テリー

    ムシキング・テリーから見た小林健太小林健太

    2005年10月28日、GHCジュニアヘビー級王座への挑戦権を得たテリーは王者であるKENTAと対戦。試合に敗れるものの、近い将来もう一度ベルトに挑戦することを誓った。ムシキング・テリー フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・パーメーター

    ライアン・パーメーターから見た小林健太小林健太

    2014年1月8日にNXTタッグ王座を懸けたトルネードタッグマッチによる決着戦が行い勝利し、抗争は終了となった。2月27日、WWE Network開局記念に行われたNXT初のPPV、arRIVALにて往年の名タッグチームであるトゥー・クール(スコッティ・2・ホッティ & グランマスター・セクセイ)と対戦。老獪且つ変則的な戦法に翻弄されるも、終盤にはビクターがスコッティによるワームを阻止し、フォール・オブ・マンを決めて勝利した。arRIVAL以降、ジョバーチームとのスカッシュマッチを続け5月29日、Takeoverではエル・ローカル & カリストを相手に防衛戦を行い、体格差を生かした戦法で押し切って勝利した。9月9日、Main Eventに出場。ロス・マタドーレス(ディエゴ & フェルナンド)と対戦してフォール・オブ・マンを決めて勝利した。同月11日、Takeover Fatal 4 WayにてNXTタッグ王座挑戦権争奪トーナメントにて優勝したルチャドラゴンズ(カリスト & シン・カラ)と王座戦を行うが敗戦し、タッグ王座は陥落。また、同日にNXTデビューにおいてマイクパフォーマンスをしたヒデオ・イタミに対して因縁をつけて襲撃するも返り討ちにされた。10月2日、ビクターがヒデオ・イタミとシングルマッチを行う予定であったが入場してリング内へ入ると同時にセコンドであるコナーと共にヒデオを襲撃。レフェリー達が割って入るも事態を収拾する事ができなかった。9日には再びビクター vs ヒデオのカードが組まれて対戦するが、ドロップキックを決められ敗戦。試合後にコナーがヒデオの応援者であるフナキを捕まえ、痛めつける事でヒデオの気を取り、ビクターが復讐。そしてヒデオをロープに挟め、フナキにフォール・オブ・マンを見舞った。何度も襲撃されるヒデオは遂にパートナーを呼ぶ事になり、11月6日にフィン・ベイラーを連れて対戦。何もする事ができずに敗戦した。12月11日、Takeover R Evolutionにてコスチュームを変更したヒデオ、ボディペイントとフェイスペイントを施したベイラーに臆する場面があったが、試合では中盤までコントロールした。しかし、最終的にはベイラーとヒデオによるダイビング・フット・スタンプを決められて敗戦した。同月12日、SmackDownにてフェイスペイントを施した姿で登場を予告するプロモーションを行った。12月30日、RAWにてミズ & ミズドウ(ザ・ミズ & ダミアン・ミズドウ)を相手にWWEデビュー戦を行い、フォール・オブ・マンを決めて勝利した。ライアン・パーメーター フレッシュアイペディアより)

  • 弾丸ヤンキース

    弾丸ヤンキースから見た小林健太小林健太

    3月8日、プロレスリング・ノアの有明コロシアム大会で田中がKENTAとタッグを結成丸藤&内藤組と対戦するも引き分けに終わる。弾丸ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア 東京ドーム大会

    プロレスリング・ノア 東京ドーム大会から見た小林健太小林健太

    第6試合(GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合) ○丸藤正道、KENTA vs ケンドー・カシン、●杉浦貴プロレスリング・ノア 東京ドーム大会 フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示

「KENTA」のニューストピックワード