119件中 41 - 50件表示
  • バーニング (プロレス)

    バーニング (プロレス)から見た小林健太小林健太

    2000年、プロレスリング・ノアの設立後、秋山を筆頭とする若手選手が小橋に対し反旗を翻した。これに対し小橋の同期である菊地毅と小橋と行動を共にし指導を受けることが多かった力皇猛が小橋との共闘を宣言。これに当時の小橋の付け人であった小林健太(後のKENTA、現・ヒデオ・イタミ)を加えて、新生バーニングを結成した(なお名称は全日本プロレス時代と同じであるが、別のチームと認識されている)。バーニング (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • エクストリーム・タイガー

    エクストリーム・タイガーから見た小林健太小林健太

    2008年、プロレスリング・ノアのKENTAがメキシコ遠征中に、エクストリーム・チャンピオンシップ・ステアーにてタッグを組んだ事がある。エクストリーム・タイガー フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ウィーラー

    ダニエル・ウィーラーから見た小林健太小林健太

    2017年4月3日、WWE・RAWにてドーソンと共に登場。ニュー・デイ(ビッグ・E & エグザビアー・ウッズ with コフィ・キングストン)と対戦。終盤にウッズを相手に手こずるがウッズがオーナー・ロールを仕掛けてきたところにカウンターでシャッター・マシーンを決めて勝利。試合後にはセコンドを務めていたコフィを襲撃した。同月14日、NXT Liveにてヒデオ・イタミ & 中邑真輔との対戦中に顎を負傷。長期欠場となる。ダニエル・ウィーラー フレッシュアイペディアより)

  • CMパンク

    CMパンクから見た小林健太小林健太

    2007年に入って使い始めたフィニッシュ・ホールド。相手を横向きに担ぎ上げて前方に落とし、顎またはみぞおちを蹴り上げる技。ヒデオ・イタミのKENTA時代のフィニッシュムーブ。CMパンク フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・オズ

    ダーク・オズから見た小林健太小林健太

    2001年にはプロレスリング・ノアのGHCジュニアヘビー級王座決定トーナメントに出場。1回戦で小林健太(後のKENTA/ヒデオ・イタミ)と対戦し勝利も2回戦で金丸義信に敗れた。同年、ブラック・ファミリーに加入しアメリカのスティングを模したギミックのオズのリングネームを名乗る。ダーク・オズ フレッシュアイペディアより)

  • クレイジー一族

    クレイジー一族から見た小林健太小林健太

    2013年2月9日、NOAHの後楽園ホール大会に初参戦しマイバッハ谷口&マイバッハ谷口Jrと対戦したが、試合は無効試合に終わるもメインイベントの試合終了後に乱入し谷口と結託する。矢野&飯塚組が丸藤正道、杉浦貴が保持していたGHCタッグ王座、マイバッハがKENTAが保持していたGHCヘビー級王座をそれぞれ強奪するという暴挙に出た。その後、3月10日のNOAHの横浜文化体育館大会で三人がそれぞれの王座に改めて挑戦したが杉浦を大流血に追い込み、さらには丸藤を場外の鉄柵に手錠でつなぐことに成功し、第28代王者に君臨した。クレイジー一族 フレッシュアイペディアより)

  • デイビー・リチャーズ

    デイビー・リチャーズから見た小林健太小林健太

    2006年6月3日、ジミー・レイヴ戦でROHに初出場。以後、レギュラーとして継続参戦を果たした。同年8月5日には待望のKENTA戦が実現し、敗れたものの高い評価を得た。デイビー・リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーJカップ

    スーパーJカップから見た小林健太小林健太

    KENTA(プロレスリング・ノア)スーパーJカップ フレッシュアイペディアより)

  • 西川潤 (プロレスラー)

    西川潤 (プロレスラー)から見た小林健太小林健太

    2010年5月26日、アメーバブログにて芸能人有名人枠で「雨ニモマケズ」を開始。また、モバイルサイト・プロレス格闘技DXでコラムもスタートする。デビュー以降、所属団体以外にもプロレスリング・ノアをはじめとする各他団体にも定期的に参戦し、セコンド業務もこなす。ノアでは丸藤正道やKENTAとシングルマッチで対戦した。西川潤 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 好角家

    好角家から見た小林健太小林健太

    小林健太 - KENTAやヒデオ・イタミなどのリングネームで活動するプロレスラー好角家 フレッシュアイペディアより)

119件中 41 - 50件表示

「KENTA」のニューストピックワード