91件中 41 - 50件表示
  • プロレスリング・セム

    プロレスリング・セムから見たKENTAKENTA

    2006年1月、ノア取締役の仲田龍は「若手ばかりの興行をやりたい」と明言。2005年末に若手4人がデビューしたものの、団体内の選手数が飽和状態であり、天龍源一郎や鈴木みのるといった大物フリー選手も参戦しているため、シリーズ内では試合の無い日も多い。三沢光晴社長は試合で選手が伸びるという方針のため、試合数が少ない若手にチャンスを与えようと、丸藤正道、KENTA、力皇猛、森嶋猛らをエースに据えた若手中心の大会を計画。プロレスリング・セム フレッシュアイペディアより)

  • ディファカップ

    ディファカップから見たKENTAKENTA

    第2回大会で優勝した丸藤正道・KENTA組は、優勝賞金100万円の小切手を受け取る際、KENTAが大会実行委員長である沖田に「オッキー、お前が責任を持って星川選手に渡しな」と発言。試合中のアクシデントで長期離脱中のZERO1-MAX・星川尚浩へ送るという意味であり、沖田は号泣した。ディファカップ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・クロス

    ダニエル・クロスから見たKENTAKENTA

    WLWとプロレスリング・ノアが共催したレスリング・キャンプに2004年から2006年まで3年参加。06年に同キャンプを視察した丸藤正道、KENTAと対戦。また12月にはWLWマットで力皇猛、森嶋猛、丸藤正道とも対戦した。これがきっかけで2007年4月にテッド・デビアス・ジュニアとともにノアへ留学生として初参戦・初来日が決定した。。ダニエル・クロス フレッシュアイペディアより)

  • The Great bambi Pop Swindle

    The Great bambi Pop Swindleから見たKENTAKENTA

    作詞:桃井はるこ&KENTA、作曲:桃井はるこ、編曲:長谷川智樹The Great bambi Pop Swindle フレッシュアイペディアより)

  • Wonderful World (新谷良子のアルバム)

    Wonderful World (新谷良子のアルバム)から見たKENTAKENTA

    作詞:KENTA & りょーこ、作曲・編曲:高橋浩一郎Wonderful World (新谷良子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ニー・バット

    ニー・バットから見たKENTAKENTA

    KENTAの得意技で、変形の飛び膝蹴り。ニー・バット フレッシュアイペディアより)

  • エース・スティール

    エース・スティールから見たKENTAKENTA

    2005年12月10日、WLWスティムボートロック大会では、WLWへ参戦したKENTAが当時保持していたGHCジュニアヘビー級王座に挑戦。20分00秒、GO 2 SLEEPからの片エビ固めに屈し、KENTAの3度目の防衛を許した。 エース・スティール フレッシュアイペディアより)

  • カイザー (プロレスラー)

    カイザー (プロレスラー)から見たKENTAKENTA

    2011年6月20日にカオスを倒しLWA Maximo王座を獲得する。同年12月7日に南米遠征中のKENTAと対戦している(パートナーはリッキー・マルビン)。カイザー (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ラリアット

    ラリアットから見たKENTAKENTA

    その場で後ろ回りに旋回してからショートレンジ式ラリアットを繰り出す。諏訪魔やKENTAが使用。ラリアット フレッシュアイペディアより)

  • 百田光雄

    百田光雄から見たKENTAKENTA

    前座での試合が多いものの、2003年12月11日には菊地毅と組んで丸藤正道&KENTAが持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦、2004年2月15日、新日本プロレス両国国技館大会に乗り込みメインイベントで獣神サンダー・ライガーが持つGHCジュニアヘビー級王座に挑戦。2006年にはGHCジュニアの挑戦者決定時間差バトルロイヤルに参戦、SUWAと抗争を繰り広げるなど、試合に敗れはしたものの健在振りをアピールした。百田光雄 フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「KENTA」のニューストピックワード