119件中 51 - 60件表示
  • ジ・アセンション

    ジ・アセンションから見た小林健太小林健太

    2014年1月8日、トルネードタッグマッチによる決着戦が行い勝利し、抗争は終了となった。2月27日、WWE Network開局記念にNXT初の特番、arRIVALにて往年の名タッグチームであるトゥー・クール(スコッティ・2・ホッティ & グランマスター・セクセイ)と対戦。老獪且つ変則的な戦法に翻弄されるも、終盤にはビクターがスコッティによるワームを阻止し、フォール・オブ・マンを決めて勝利した。arRIVAL以降、ジョバーチームとのスカッシュマッチを続け、5月29日にはPPV、Takeoverではエル・ローカル & カリストを相手に防衛戦を行い、体格差を生かした戦法で押し切って勝利した。9月9日、Main Eventに出場し、ロス・マタドーレス(ディエゴ & フェルナンド)と対戦してフォール・オブ・マンを決めて勝利した。同月11日、Takeover Fatal 4 WayにてNXTタッグ王座挑戦権争奪トーナメントにて優勝したルチャドラゴンズ(カリスト & シン・カラ)と王座戦を行うが敗戦し、タッグ王座を陥落。また、同日にNXTデビューにおいてマイクパフォーマンスをしたヒデオ・イタミに対して因縁をつけて襲撃するも返り討ちにされた。10月2日、ビクターがヒデオ・イタミとシングルマッチを行う予定であったが入場してリング内へ入ると同時にセコンドであるコナーと共にヒデオを襲撃。レフェリー達が割って入るも事態を収拾する事ができなかった。同月9日には再びビクター vs ヒデオのカードが組まれて対戦するが、ドロップキックを決められ敗戦。試合後にコナーがヒデオの応援者であるフナキを捕まえ、痛めつける事でヒデオの気を取り、ビクターが復讐。そしてヒデオをロープに挟め、フナキにフォール・オブ・マンを見舞った。何度も襲撃されるヒデオは遂に11月6日にフィン・ベイラーを連れて登場。12月11日、Takeover R Evolutionにてコスチュームを変更したヒデオ、ボディペイントとフェイスペイントを施したベイラーに臆する場面があったが、試合では中盤までコントロールした。しかし、最終的にはベイラーとヒデオによるダイビング・フット・スタンプを決められて敗戦した。ジ・アセンション フレッシュアイペディアより)

  • SUWA

    SUWAから見た小林健太小林健太

    DRAGON GATE退団後はフリーランスとしてプロレスリング・ノアに参戦。参戦早々、丸藤正道&KENTAが持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座にリッキー・マルビンと組み挑戦。以後もシリーズにはフル参戦しており、闘龍門〜DG時代と変わらぬ暴れぶりと無鉄砲さで強烈な印象を残す。一方、時折ノアの試合中継においては解説も行い、リング上での暴れっぷりとは対照的に冷静・的確な解説を行った。SUWA フレッシュアイペディアより)

  • B.J.ホイットマー

    B.J.ホイットマーから見た小林健太小林健太

    ROHはノアと提携していることから、2005年に久々にノアへ参戦する。以前はノアではジュニアヘビー級戦線で活躍したが、今度はヘビー級戦線へ転向し、同年8月から9月にかけてのツアー参戦では、モハメド・ヨネ、潮崎豪、ムシキング・テリー、KENTA、森嶋猛らとシングル・マッチで対戦。熱戦を展開し、観客から好評を得た。以降、再びノアへ不定期参戦することとなる。B.J.ホイットマー フレッシュアイペディアより)

  • マット・ウィンチェスター

    マット・ウィンチェスターから見た小林健太小林健太

    2007年1月14日、WWE・RAWの前座番組であるHEATにてダニエル・クロスと組んでハイランダーズ(ロビー・マカリスター & ローリー・マカリスター)と対戦。最後にクロスがスコットドロップを喰らい敗戦。3月17日、WLWにて空位となったWLWタッグ王座を巡りブランデン・テイタムと組んでスーパースター・スティーブ & ダコタと対戦して勝利し、王座を戴冠。9月21日、WLWが業務提携しているNOAHから遠征してきたレスラー達と対戦。森嶋猛 & テイタムと組んでデンジャラス・デリック & KENTA & 丸藤正道と対戦。最後に丸藤から不知火を決められ敗戦。同月22日、森嶋 & テイタムと組んでデリン・ウェイド & スーパースター・スティーブ & KENTAと対戦。最後にKENTAからgo 2 sleepを決められ敗戦。11月18日、WWE・HEATにてスティーブ・フェンダーと組んでワールド・グレイテスト・タッグチーム(シェルトン・ベンジャミン & チャーリー・ハース)と対戦。最後にベンジャミンからTボーン・スープレックスを喰らい敗戦。マット・ウィンチェスター フレッシュアイペディアより)

  • ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック

    ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロックから見た小林健太小林健太

    主な使用者として前述の蝶野が第一人者として知られる他にセッド・ジニアス、ルー・テーズ道場の師範代のマーク・フレミング、テリー・ゴディ、ゲーリー・オブライト、本田多聞、ヒデオ・イタミがいる。また、ジョン・シナはSTF-Uの名称で使用。しかし、末尾の「F_U」はFuck youの意味を込めた名称であったため、PG指定を避ける意味もあり現在は技の名称をただのSTFにしている。ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック フレッシュアイペディアより)

  • 力皇猛

    力皇猛から見た小林健太小林健太

    2000年6月にプロレスリング・ノア旗揚げに参加し、小橋建太をリーダーに同期で小橋の付人・小林健太(KENTA)らと(新生)バーニングというチームを結成した。また、この時期から小橋が力皇にかけた「チェンジ・ザ・ボディー」という言葉を合言葉にして肉体改造を試み、相撲時代からのアンコ型の体型からお腹の出ていない引き締まった体型になった。小橋が膝の手術で長期欠場に入ると三沢光晴率いるWAVEに加入した。力皇猛 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田ミノル

    藤田ミノルから見た小林健太小林健太

    2005年3月27日ZERO1-MAX後楽園ホール大会での、vsレオナルド・スパンキー&アレックス・シェリー組とのNWAインタナショナルライトタッグ王座決定戦で勝利し、王座獲得。同年5月、第2回ディファカップではZERO1-MAX代表として、盟友日高郁人とのタッグで決勝まで進むも、プロレスリング・ノア代表の丸藤正道、KENTA組に敗北。日高とのタッグの勢いは止まらず、同年10月10日ZERO1-MAX後楽園大会ではヘビー級の佐藤耕平&崔領二組からNWAインターコンチネンタルタッグ王座を奪取、ジュニアとヘビーのタッグ2冠王に君臨した。さらには大谷晋二郎&田中将斗組(炎武連夢)を相手に防衛に成功。ZERO1-MAX最強タッグであることを証明した。藤田ミノル フレッシュアイペディアより)

  • オッキー沖田

    オッキー沖田から見た小林健太小林健太

    ZERO1-MAX→ZERO1の発展に尽力し、腰が低くユーモアもある性格から、ZERO1のファンに愛されている。また「いじられキャラ」であり、感激屋でもある。自身が実行委員長を務めた第2回ディファカップ(2005年5月7日・8日開催)では、大会開催の発表時に、早速KENTAから「オッキーと対戦したい」といじられ、沖田も試合はしなかったが「ブサイク対イケメンの闘いだ」と舌戦を繰り広げた。結局、大会は丸藤正道&KENTA組の優勝に終わるが、「(病気療養中の)星川尚浩に責任を持って渡せ」と優勝賞金の100万円を寄贈されると、沖田はたまらず号泣した。また2006年3月5日、プロレスリング・ノアの日本武道館大会において、ZERO1-MAXから参戦した日高郁人&藤田ミノル組が金丸義信&杉浦貴組からGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取した際も、リング下で号泣した。オッキー沖田 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た小林健太小林健太

    KENTA(初出場)、ボビー・フィッシュ(初出場)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 船木勝一

    船木勝一から見た小林健太小林健太

    2014年7月、WWEと契約したKENTA(現:ヒデオ・イタミ)にルネ・ヤングがインタビューした際に彼の通訳として登場。船木勝一 フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「KENTA」のニューストピックワード