91件中 51 - 60件表示
  • ぷるぷるMagicモンスター

    ぷるぷるMagicモンスターから見たKENTAKENTA

    木曜 黒岩唯一、KENTAぷるぷるMagicモンスター フレッシュアイペディアより)

  • 力皇猛

    力皇猛から見たKENTAKENTA

    2000年6月にプロレスリング・ノア旗揚げに参加し、小橋建太をリーダーに同期で小橋の付人・小林健太(KENTA)らと(新生)バーニングというチームを結成した。また、この時期から小橋が力皇にかけた「チェンジ・ザ・ボディー」という言葉を合言葉にして肉体改造を試み、相撲時代からのアンコ型の体型からお腹の出ていない引き締まった体型になった。小橋が膝の手術で長期欠場に入ると三沢光晴率いるWAVEに加入した。力皇猛 フレッシュアイペディアより)

  • マグナス (プロレスラー)

    マグナス (プロレスラー)から見たKENTAKENTA

    2012年10月、再度ノアへ参戦し、NO MERCYのマイバッハ谷口&KENTAの挑戦を受けるが、KENTAの必殺技「GAME OVER」の前にマグナスがタップ・アウトし、初防衛は果たせなかった。マグナス (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤーマンズキャリー

    ファイヤーマンズキャリーから見たKENTAKENTA

    ファイヤーマンズキャリーの体勢から相手を上に放り投げ、落ちて来るところを顎に膝蹴りを食らわせる。CMパンク、KENTAの得意技。ファイヤーマンズキャリー フレッシュアイペディアより)

  • ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック

    ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロックから見たKENTAKENTA

    主な使用者として、前述の蝶野正洋が第一人者として知られる他、セッド・ジニアス、ルー・テーズ道場師範代マーク・フレミング、テリー・ゴディ、KENTA、本田多聞、ゲーリー・オブライトがいる。また、WWEのジョン・シナは「STF-U」という名前で使っていた。しかし末尾の「F_U」はFuck youの意味を込めた名称であったため、PG指定を避ける意味もあり現在は技の名称をただのSTFにしている。ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア 東京ドーム大会

    プロレスリング・ノア 東京ドーム大会から見たKENTAKENTA

    第6試合(GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合) ○丸藤正道、KENTA vs ケンドー・カシン、●杉浦貴プロレスリング・ノア 東京ドーム大会 フレッシュアイペディアより)

  • コントラ・マッチ

    コントラ・マッチから見たKENTAKENTA

    2003年11月、プロレスリング・ノアでのGHCジュニアヘビー級選手権試合で行われた形式。王者杉浦貴が負ければ大好きなキャバクラを封印し、挑戦者のKENTAが負ければ坊主になる。結果、杉浦が勝利してKENTAが坊主になった。コントラ・マッチ フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・マッギネス

    ナイジェル・マッギネスから見たKENTAKENTA

    戴冠後は怪我等に苦しみ短期政権に終わるかと思われた時期もあったが、やがて王者としてのプロレススタイルを確立して、オースチン・エリーズやブライアン・ダニエルソン、タイラー・ブラック、クラウディオ・カスタニョーリ等と好勝負を繰り広げ、かつて歴代最高王者と評されたダニエルソンと肩を並べるほどの大活躍を見せた。ノアの森嶋猛、KENTA、潮?豪らとも防衛戦を行い、また日本においてもノアの興行で防衛戦を行っている。ナイジェル・マッギネス フレッシュアイペディアより)

  • パワーボム

    パワーボムから見たKENTAKENTA

    主な使用者としては、前述のレスラーの他、嵐、平田淳嗣、KENTA、リッキー・マルビンらが用いる。パワーボム フレッシュアイペディアより)

  • 空にとける虹と君の声

    空にとける虹と君の声から見たKENTAKENTA

    作詞:KENTA&りょーこ、作曲・編曲:宮崎誠空にとける虹と君の声 フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「KENTA」のニューストピックワード