119件中 61 - 70件表示
  • エリック・トンプソン

    エリック・トンプソンから見た小林健太小林健太

    arRIVAL以降、ジョバーチームとのスカッシュマッチを続け、5月29日にはTakeoverではエル・ローカル & カリストを相手に防衛戦を行い、体格差を生かした戦法で押し切って勝利した。9月9日、Main Eventに出場。ロス・マタドーレス(ディエゴ & フェルナンド)と対戦してフォール・オブ・マンを決めて勝利した。同月11日、Takeover Fatal 4 WayにてNXTタッグ王座挑戦権争奪トーナメントにて優勝したルチャドラゴンズ(カリスト & シン・カラ)と王座戦を行うが敗戦し、タッグ王座を陥落。また、同日にNXTデビューにおいてマイクパフォーマンスをしたヒデオ・イタミに対して因縁をつけて襲撃するも返り討ちにされた。10月2日、ビクターがヒデオとシングルマッチを行う予定であったが入場してリング内へ入ると同時にセコンドであるコナーと共にヒデオを襲撃。レフェリー達が割って入るも事態を収拾する事ができなかった。9日には再びビクター vs ヒデオのカードが組まれて対戦するが、ドロップキックを決められ敗戦。試合後にコナーがヒデオの応援者であるフナキを捕まえ、痛めつける事でヒデオの気を取り、ビクターが復讐。そしてヒデオをロープに挟め、フナキにフォール・オブ・マンを見舞った。何度も襲撃されるヒデオは遂にパートナーを呼ぶ事になり、11月6日にフィン・ベイラーを連れて対戦。何もする事ができずに敗戦した。12月11日、Takeover R Evolutionにてコスチュームを変更したヒデオ、ボディペイントとフェイスペイントを施したベイラーに臆する場面があったが、試合では中盤までコントロールした。しかし、最終的にはベイラーとヒデオによるダイビング・フット・スタンプを決められて敗戦した。エリック・トンプソン フレッシュアイペディアより)

  • 百田光雄

    百田光雄から見た小林健太小林健太

    前座での試合が多いものの、力道山没後40年追悼興行として行われた2003年12月11日の大会では菊地毅と組んで丸藤正道&KENTAが持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦。2004年2月15日、新日本プロレス両国国技館大会に乗り込みメインイベントで獣神サンダー・ライガーが持つGHCジュニアヘビー級王座に挑戦。2006年にはGHCジュニアの挑戦者決定時間差バトルロイヤルに参戦、SUWAと抗争を繰り広げるなど、試合に敗れはしたものの健在振りをアピールした。百田光雄 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地英昭

    菊地英昭から見た小林健太小林健太

    プロレスラーである小林健太(当時プロレスリング・ノア所属)が本名で活動していた際、小橋健太を通じて「KENTAという名前はどうだ?」と提案していた。その後、小林は2014年にWWEへ移籍するまで「KENTA」のリングネームで活動していた。菊地英昭 フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤーマンズキャリー

    ファイヤーマンズキャリーから見た小林健太小林健太

    ファイヤーマンズキャリーの体勢から相手を上に放り投げて落ちて来るところを顎に膝蹴りを食らわせる。CMパンク、ヒデオ・イタミの得意技。ファイヤーマンズキャリー フレッシュアイペディアより)

  • エディ・エドワーズ (プロレスラー)

    エディ・エドワーズ (プロレスラー)から見た小林健太小林健太

    2008年6月21日に行われたノアのイギリス大会に参戦し、ブライアン・ダニエルソンと組み、GHCジュニアヘビー級タッグ王者のKENTA&石森太二組に挑戦、敗北。さらに7月の日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦では、リッキー・マルビンと組んで出場するが、優勝戦線に絡めずに終わる。続いて同年11月28日に新潟市体育館大会でGHCジュニアヘビー級王者のKENTAに挑戦し敗北した。エディ・エドワーズ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ニック・オールディス

    ニック・オールディスから見た小林健太小林健太

    2012年2月12日、サモア・ジョーとのタッグで2度目のTNA世界タッグ王座を獲得。7月22日、NOAHの両国国技館大会である「GREAT VOYAGE 2012 in RYOGOKU 力皇猛引退セレモニー大会」にジョーとのタッグで参加。秋山準 & 齋藤彰俊の保持するGHCタッグ王座に挑戦し、11分40秒、ジョーが齋藤をマッスルドライバーからの片エビ固めで下し、初挑戦で初戴冠を果たした。10月には再度ノアへ参戦し、NO MERCYのマイバッハ谷口 & KENTAの挑戦を受けるが、KENTAのフィニッシャーであるGAME OVERの前にマグナスがタップアウトし、初防衛に失敗してしまった。ニック・オールディス フレッシュアイペディアより)

  • 旭志織

    旭志織から見た小林健太小林健太

    7月、プロレスリング・ノアで開催された、日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦に昨年と同じくヒロ・トウナイとタッグを組み参戦。その後も限定参戦しつつ継続参戦をアピール。単発ではあるが、トウナイとのタッグでTMDK(マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト)やNO MERCY(KENTA&杉浦貴)と対戦。シングルマッチにおいても小川良成と対戦している。旭志織 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤修司

    近藤修司から見た小林健太小林健太

    11月3日両国大会で、GHCジュニアヘビー級王座、世界ジュニアヘビー級王座ダブルタイトル戦をKENTAを相手として時間切れ引き分け防衛した丸藤に挑戦した。このことは全日移籍後数日で決まっていたことであり、会社が近藤にかける期待はかなり大きいものであった。そして両国大会で満を持して丸藤と対戦したが、結果は惜しくも近藤が敗れてしまった。なおこの試合は2008年のプロレス大賞ベストバウトにも選ばれた。近藤修司 フレッシュアイペディアより)

  • 小川良成

    小川良成から見た小林健太小林健太

    2004年4月3日のディファ有明大会にて、初代GHCジュニアヘビー級タッグ王者の丸藤正道&KENTA(5度目の防衛戦)に挑戦した。パートナーの鈴木鼓太郎と王者チームを責めたが、丸藤の雪崩式不知火の前に敗れた。小川良成 フレッシュアイペディアより)

  • 星川尚浩

    星川尚浩から見た小林健太小林健太

    2005年5月8日、「ディファカップ」で優勝した丸藤正道&KENTA組の表彰式が行われていたときにKENTAがリングアナウンサーのオッキー沖田をリングに上げて「これ(賞金)、アンタが責任もって星川選手に渡してくれ」と優勝賞金100万円を寄贈(この時、沖田は号泣して受け取っていた)。星川尚浩 フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示

「KENTA」のニューストピックワード