119件中 71 - 80件表示
  • ROH

    ROHから見た小林健太小林健太

    主な日本人の参戦経験者は、武藤敬司、小橋建太、獣神サンダー・ライガー、田中将斗、大谷晋二郎、ミラノコレクションA.T.、丸藤正道、KENTA、CIMA、飯伏幸太、坂井澄江、松本浩代、中川ともか、栗原あゆみなどである。2007年2月には、森嶋猛がホミサイドを破り、ROHヘビー級王座を獲得。3月には、土井成樹と鷹木信悟がROH世界タッグ王座を獲得している。ROH フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・マッギネス

    ナイジェル・マッギネスから見た小林健太小林健太

    戴冠後は怪我等に苦しみ短期政権に終わるかと思われた時期もあったが、やがて王者としてのプロレススタイルを確立して、オースチン・エリーズやブライアン・ダニエルソン、タイラー・ブラック、クラウディオ・カスタニョーリ等と好勝負を繰り広げ、かつて歴代最高王者と評されたダニエルソンと肩を並べるほどの大活躍を見せた。ノアの森嶋猛、KENTA、潮?豪らとも防衛戦を行い、また日本においてもノアの興行で防衛戦を行っている。ナイジェル・マッギネス フレッシュアイペディアより)

  • 拳王 (プロレスラー)

    拳王 (プロレスラー)から見た小林健太小林健太

    2011年、プロレスリング・ノアのジュニアタッグリーグに参戦し(拳王のパートナーは剣舞。)、拳王としては初の他団体参戦となった。リーグ戦初日に対戦相手のKENTAからピンフォールを奪う金星を取った。成績は2勝2敗。拳王 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ファーガル・デヴィット

    ファーガル・デヴィットから見た小林健太小林健太

    2014年7月28日、WWEと契約を交わして入団した。WWE入団後、WWEパフォーマンスセンターにてトレーニングを開始し、9月25日にはリングネームをフィン・ベイラー(バロー(ル))(Finn Balor)へと変更している。11月6日、NXTにてジ・アセンションと抗争を展開していたヒデオ・イタミのタッグパートナーとして登場する。デビューマッチにおいてダイビング・フット・スタンプを決めて勝利を飾った。12月11日、Takeover R Evolutionにてジ・アセンションと決着戦を行う際、フェイスペイントとボディペイントを施して登場し、新技にスリング・ブレイドや新日本プロレス時代に使用していたリバースブラディ・サンデーを用いるなど攻めて最後はヒデオとダイビング・フット・スタンプを決めて勝利した。ファーガル・デヴィット フレッシュアイペディアより)

  • ANTI NO MERCY UNION

    ANTI NO MERCY UNIONから見た小林健太小林健太

    その3人が度重なるNO MERCYの暴挙に対し、手を組んで対立する事を決意。2011年4月29日の後楽園ホール大会で、初めて3人がタッグを結成。NO MERCYのKENTA・金丸義信・平柳玄藩と6人タッグで対戦。しかし両チームの抗争は激化し、相手側の椅子攻撃により反則勝ちとなる。鈴木は、空位となっているGHCジュニアヘビー級タッグ王座の王者決定戦に先に手を挙げていたNO MERCYに対し「あのような奴らにベルトを持たすわけにはいかない」と青木とのコンビで同決定戦に手を挙げた。ANTI NO MERCY UNION フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・エージェント

    ダーク・エージェントから見た小林健太小林健太

    2006年小橋建太が腎臓癌により長期欠場となり、保持していたGHCタッグ王座を返上した。それに伴い、10月から王座決定トーナメントが開催される運びとなった。10月1日の「Autumn Navigation '06 -European Catch-」開幕戦で、突然齋藤はKENTAに対して、齋藤とタッグを結成してトーナメント出場するように要請し、タッグ結成が電撃的に決定した。KENTAへの要請について齋藤は「今まで普通に組んでいた奴と組んでも面白くない」「KENTAとは共通点がある」などと理由を語っている。この齋藤の行動を受けて、D.A.メンバーの杉浦も力皇猛と新タッグを結成してトーナメントにエントリーした。なお両チームとも王座は奪取できなかった。ダーク・エージェント フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ・トウナイ

    ヒロ・トウナイから見た小林健太小林健太

    2013年7月14日よりプロレスリング・ノアで開催された、日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦に昨年と同じく旭志織とタッグを組み参戦。その後も限定参戦しつつ継続参戦をアピール。単発ではあるが、旭とのタッグでTMDK(マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト)やNO MERCY(KENTA&杉浦貴)と対戦する。ヒロ・トウナイ フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た小林健太小林健太

    2005年6月5日には杉浦貴と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ選手権に臨み、丸藤正道&KENTA組を破って第2代王者となった。この時、金丸は第9代GHCジュニアヘビー級王者でありノア史上初のジュニア2冠の同時保持を成し遂げた(相方の杉浦も後に同時保持を成し遂げた)。だが、同年7月18日の東京ドーム大会のジュニアヘビー級選手権試合でKENTAに敗れ、王座から陥落した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木鼓太郎

    鈴木鼓太郎から見た小林健太小林健太

    2008年6月29日の後楽園ホール大会では盟友のマルビンに強烈なイス攻撃を喰らわしコンビを解消、その後金丸と握手をし金丸、平柳玄藩と組むことを選んだ。同年7月13日、博多スターレーン大会でKENTA&石森太二組が保持するGHCジュニアヘビー級タッグ王座に金丸と挑戦し31分の激闘の末に、レクイエムでKENTAからフォール勝ちをし王座奪取。その後はヒール道を邁進し、12月7日の再戦ではKENTAを血祭りにして返り討ちに成功する。その実績を買われて、2009年1月25日の後楽園ホール大会のメインでGHCジュニア王座に挑戦。結果は惜敗したが、急所蹴り・鉄柱攻撃・凶器攻撃・目潰し・セコンド介入・西永秀一レフェリーへの誤爆などでKENTAをまたしても大流血に追い込む悪行三昧で新境地を開拓することに成功した。鈴木鼓太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た小林健太小林健太

    2009年2月11日、GHCジュニアヘビー級選手権でKENTAを下し、第17代GHCジュニアヘビー級王者となった。3月1日、初防衛戦でKENTAと再戦しKENTAにリベンジを達成され王座から陥落した。7月には日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に宮原健斗とタッグを組んで出場する。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

119件中 71 - 80件表示

「KENTA」のニューストピックワード