119件中 81 - 90件表示
  • マイバッハ谷口

    マイバッハ谷口から見た小林健太小林健太

    2005年12月24日、ディファ有明で行われたクリスマス大会にて、本名「谷口周平」のリングネームで、対佐野巧真・ハスワマコト・志賀賢太郎・菊地毅戦(パートナーは森嶋猛・KENTA・小川良成)でデビュー。マイバッハ谷口 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た小林健太小林健太

    2003年9月12日、マイケル・モデストを破りGHCジュニアヘビー級王座に、2005年6月5日、金丸と組んで丸藤正道&KENTA組を破りGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • NXTテイクオーバー

    NXTテイクオーバーから見た小林健太小林健太

    ○フィン・ベイラー & ヒデオ・イタミ vs ジ・アセンション(コナー & ビクター)●NXTテイクオーバー フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た小林健太小林健太

    復帰直後の2003年1月に三沢とのシングルを経験するも、結果は丸藤の敗北に終わった。これを期に丸藤はWAVEを脱退し、三沢の付き人も同時に卒業する。その直後から「下克上」を旗印に、同じく若手のWILD II(森嶋猛&力皇猛)やKENTAと共闘を始め「ジュニアの体のままヘビーに挑戦」と目標を定める。この一環で2003年4月5日には秋山準&齋藤彰俊組が保持するGHCタッグ王座にも森嶋と共に挑戦を果たした。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • 前田日明

    前田日明から見た小林健太小林健太

    近年の若手レスラーに対しては批判的なスタンスをとることが多いが、KENTAだけはその反骨的なスタイルが気に入ったのか、高い評価を与えている(月刊Gスピリッツ Vol.3より)。前田日明 フレッシュアイペディアより)

  • 関本大介

    関本大介から見た小林健太小林健太

    10月19日・プロレスリング・ノアのグローバル・リーグ戦でのKENTA戦でNOAH初参戦。3勝2敗の成績でリーグの敢闘賞を獲得。関本大介 フレッシュアイペディアより)

  • 和田京平

    和田京平から見た小林健太小林健太

    以来、2011年6月の離脱まで全日本プロレス一筋で試合を裁きつづけた。裁いた試合数は延べ1万試合を超え、現在はディファカップ(プロレスリング・ノアとZERO1-MAXの共催)や佐々木健介20周年記念興行(全日本が全面協力)、ビッグマウス・ラウドでと全日本外でもレフェリングを頼まれている。なお、2005年7月10日にプロレスリング・ノアで「三沢光晴vs川田利明」が組まれた時は、何度もその歴史的カードを一番近くで見ていたために雑誌のインタビューを多く受け思い入れを語っていた。その時は「オレ以外が裁かなきゃいけない」とプラチナカードを通しての後輩の成長を願っていたが、大会終了後は「やりたかったけど、オファーくれないんだもん」と、ひょっとしたらと思っていたようだ。その後ノアでは2008年10月にPWF公認チーフ・レフェリーとして世界ジュニアヘビー級選手権試合・丸藤正道vsKENTAや、2009年10月の三沢光晴追悼興行田上明&川田利明組vsKENTA&秋山準組戦を裁く。また、和田のレフェリングを後世に伝えるための活動も精力的に行っている。和田京平 フレッシュアイペディアより)

  • 修徳中学校・高等学校

    修徳中学校・高等学校から見た小林健太小林健太

    小林健太(別名KENTAもしくはヒデオ・イタミ) - プロレスラー修徳中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • トム・バッジェン

    トム・バッジェンから見た小林健太小林健太

    8月2日のカイル・オライリー戦前にヒデオ・イタミがマイクを取りリスペクトを要求しはじめる。そこへブラックが入場してヒデオと睨み合う。奇襲をかけようとしたヒデオにブラック・マスをお見舞いして抗争が始まる。トム・バッジェン フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見た小林健太小林健太

    2013年2月9日、飯塚と共にプロレスリング・ノアに初参戦し、矢野はこの日のセミファイナルでマイバッハ谷口&マイバッハ谷口Jrと対戦したが、試合は無効試合に終わった。この後、矢野は飯塚とともにメインイベント終了後、NO MERCYのKENTAとBRAVEの杉浦貴、丸藤正道を襲撃し、今度は両者が保持していたGHCヘビー級王座とGHCタッグ王座を強奪した。さらにNO MERCYに所属していた谷口と共闘を交わし、谷口にヘビー級王座を手渡した。3月10日横浜大会で杉浦、丸藤組とタイトルマッチで対戦、孤立した杉浦を鏡割からピンフォールで奪い、第28代王者に君臨した。また、ノアのチャンピオンになったことからグローバル・オナード・クラウン(GHC、地球規模の崇高なる王位)から「崇高なる大泥棒」のキャッチフレーズがつき、新日本プロレスでも使用されるようになった。矢野通 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「KENTA」のニューストピックワード