前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示
  • 小林健太

    小林健太から見た杉浦貴

    5月7日・8日に行われた第2回ディファカップに丸藤とのタッグで出場。決勝戦でタッグ歴6年を誇る日高郁人・藤田ミノル組と35分24秒にも及ぶ激闘を繰り広げ、最後にはブサイクへの膝蹴りで藤田を撃破し優勝を果たした。6月5日には金丸義信・杉浦貴組に敗れ、約2年に渡り9度の防衛に成功したGHCジュニアヘビー級タッグ王座から陥落。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た丸藤正道

    1999年(平成11年)、全日本プロレスが初めて行った一般公募オーディションに参加し、合格する。練習初日、余りの練習の厳しさに合格者が次々と倒れこんでいく中、テレビのインタビュアーに「後悔していませんか?」と訊ねられたところ、「いえ、していません」と答えていた。2000年(平成12年)3月11日、後楽園ホールでのバトルロイヤルでプレ・デビュー。合格者7名の中で唯一、同年5月24日青森県総合運動公園体育館にて、丸藤正道を相手に本名の「小林健太」でデビューする。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た小川良成

    2004年(平成16年)、「蹴撃七番勝負」を行ったが、初戦のフベントゥ・ゲレーラ以外は全敗という結果に終わる。2戦目の相手小川良成の持つGHCタッグ王座に挑戦を表明していたが、敗れてしまったために小川から鼓太郎とのタッグでGHCジュニアヘビー級タッグ王座挑戦が決定するもこれを返り討ちにする。この実績から三沢光晴・小川良成組が持つGHCタッグへの挑戦が2004年4月25日に決定した(結果は敗北)。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た高山善廣

    同月26日、高山善廣・佐野巧真組と対戦(パートナーは金丸)、高山が佐野をエベレストジャーマンで裏切りNO MERCY入りを表明、加入を受け入れNOAH改革に一層の勢いを付けた。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た三沢光晴

    デビュー直後の2000年(平成12年)6月16日、三沢光晴が中心となり全日本プロレスから分離し旗揚げされたプロレスリング・ノアに移籍。この頃、小橋がリーダーのチーム「バーニング」が崩壊、初代付き人の金丸義信も小橋から離れたのを機に2代目付き人となり、3代目の潮?豪に引き継ぐまでの約4年間行動を共にすることになる。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た金丸義信

    デビュー直後の2000年(平成12年)6月16日、三沢光晴が中心となり全日本プロレスから分離し旗揚げされたプロレスリング・ノアに移籍。この頃、小橋がリーダーのチーム「バーニング」が崩壊、初代付き人の金丸義信も小橋から離れたのを機に2代目付き人となり、3代目の潮?豪に引き継ぐまでの約4年間行動を共にすることになる。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見たTHE YELLOW MONKEY

    リングネームをKENTAとした理由は「小橋建太に似ているから」ではなく、NOAH旗揚げ前に小橋が膝の手術で入院していた頃、お見舞いに来ていたTHE YELLOW MONKEYの菊地英昭から「KENTAという名前はどうだ?」という話が出ていたという。その後小林名義で怪我の絶えなかったことから、小橋がその「KENTA」という名前を提案、吹っ切る意味で変えたという。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た飯伏幸太

    2007年(平成19年)初夏頃から石森太二とタッグを組むようになり、ジュニアヘビー級戦線の活発化のためノア初のジュニアタッグリーグ戦を提唱し実現する。ジュニアヘビー級タッグ王者の鼓太郎&リッキー・マルビンの他、ROHの強豪タッグチーム:ブリスコ・ブラザーズや、丸藤がDDTの飯伏幸太と組んで参戦したことにより大成功を収めた上、王者チームを差し置いて優勝をも果たした。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2014年4月30日、プロレスリング・ノアを退団。ノアラストマッチは5月17日の丸藤正道と組み杉浦貴&中嶋勝彦との対戦となった。試合はKENTAが中嶋に生膝でのgo2sleepで勝利した。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た柴田勝頼

    丸藤とタッグを組み、ジュニアタッグ王者の長期政権を築いていたが、「丸藤さんとは仲が良くない」「タッグを組んでいるのは、あくまで上を獲る為」と平気で言っている。柴田勝頼のことは「ソウルメイト」と言い、趣味も同じことから公私ともに気の合う仲であることを公言している。小林健太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示

「KENTA」のニューストピックワード