128件中 111 - 120件表示
  • 小林健太

    小林健太から見た日本

    小林 健太(こばやし けんた、1981年3月12日 - ) は、日本の男性プロレスラー。埼玉県草加市出身。現在はWWEにヒデオ・イタミ(伊丹英雄、Hideo Itami)のリングネームで所属している。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見たイケメン

    トップに近づくため、丸藤とタッグを組み始める。性格はバラバラで特に仲良くもなかったが、タッグの相性は抜群であり、2003年7月16日、外敵タッグの獣神サンダー・ライガー・村浜武洋組を退け初代GHCジュニアヘビー級タッグ王座を獲得した。丸藤の魅せる動きと受け、KENTAのハードヒットという両極端だが非常に分かり易いスタイル、そしてルックスの良さから「イケメンタッグ」あるいは両者の名前から「丸KEN」と称されるようになり、多くの女性ファンを呼び込むことに成功した。ただ見た目が良いだけではなく、試合をすれば必ず名勝負を演じ納得のフィニッシュで勝利を掴むことから、同時期のGHCヘビー級王者の小橋と並んで「名勝負製造機」「ジュニア版絶対王者」と賞され、ノアにおけるジュニアの台頭を生んだ。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た好角家

    好角家でもある。大相撲の話になると饒舌になり、力皇猛と仲が良いこともあって二人で両国国技館にて観戦したり、力皇の弟分である幕内力士などと食事をすることもある。また毎場所の場所前には力皇から番付表を貰い、自分の部屋に飾っていると言う。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見たディスオベイ

    2011年1月ツアー『The First Navig.2011』が始まると、正パートナー不在のKENTAが金丸とのタッグチーム結成に個人的に興味がある旨の発言をする。これを受け、同月23日のアクロス福岡大会で、金丸がKENTAにタッグを結成するのかしないのかハッキリとするようにリング上でマイクアピールした。KENTAは金丸に耳打ちし、金丸は「分かった」とのみ発言し退場する。このときの発言内容は二人以外には明かされなかったが、後日ある条件を提示したと明かされた。同月29日のツアー最終戦・後楽園ホール大会における第4試合、潮崎豪、小川良成、KENTA組対モハメド・ヨネ、金丸、平柳玄藩組の試合終盤で、KENTAは味方である潮崎と小川を突如攻撃、パイプ椅子による殴打を敢行。直後、金丸や平柳・ヨネと握手、抱擁し、さらには「これからが新しいディスオベイの始まり」とマイクアピールをしチーム加入を宣言した。なお、試合後の控室で先日提示した条件の内容は不明のままであるが、条件は成約したことがKENTAの口から告げられた。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見たリングネーム

    日本ではKENTA(ケンタ)のリングネームでプロレスリング・ノアに所属していた。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見たディファカップ

    ディファカップ:1回(2005年、パートナーは丸藤)小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た鬼門

    北海道が鬼門。GHCジュニア、ジュニアタッグ両方のタイトルを北海道で手放している。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た大田区体育館

    同年8月にはジュニアタッグリーグ優勝の勢いを駆ってGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦するも敗北。その後しばらく目立った活動は無かったが、2008年3月20日 DRAGON GATE「THE GATE OF GENERATION」大田区体育館大会にて、DRAGON GATEに流出したGHCジュニアヘビー級タッグ王座へ挑戦し、勝利して第9代GHCジュニアタッグ王者になる。しかし7月にはヒールファイトに目覚めた金丸義信・鈴木鼓太郎組に敗れて王座陥落してしまう。ここから両者の抗争がスタートし、2008年のジュニアタッグリーグの優勝決定戦で再び激突し、勝利を収め2年連続の優勝を決めた。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見たNARUTO -ナルト- (アニメ)

    WWE入団後に使用しているイタミ・ヒデオというリングネームは、「イタミ」はアメリカでも人気のアニメ『NARUTO -ナルト-』のキャラクター「ペイン」に由来し、ペイン⇒PAIN⇒痛み⇒伊丹として命名。ヒデオは元メジャーリーガーの野茂英雄に由来している。小林健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林健太

    小林健太から見た日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦

    日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦:3回(パートナーは2007年および2008年が石森、2010年は青木篤志)小林健太 フレッシュアイペディアより)

128件中 111 - 120件表示

「KENTA」のニューストピックワード