83件中 21 - 30件表示
  • KENTA

    KENTAから見たバーニング (プロレス)

    1999年(平成11年)、全日本プロレスが初めて行った一般公募オーディションに参加し、合格する。練習初日、余りの練習の厳しさに合格者が次々と倒れこんでいく中、テレビのインタビュアーに「後悔していませんか?」と訊ねられたところ、「いえ、していません」ときっぱり答えていた。2000年(平成12年)3月11日、後楽園ホールでのバトルロイヤルでプレ・デビュー。合格者7名の中で唯一5月24日青森県総合運動公園体育館にて、丸藤正道を相手に本名の「小林健太」でデビューする。その直後に全日本が分裂しそのまま三沢が設立した新団体プロレスリング・ノアに移籍する。この頃、小橋がリーダーのチーム「バーニング」が崩壊、初代付き人の金丸義信も小橋の元を離れ、KENTAが2代目付き人となり、3代目の潮?豪に引き継ぐまでの約4年間行動を共にすることになる。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た平柳玄藩

    2011年1月ツアー『The First Navig.2011』が始まると、正パートナー不在のKENTAが金丸とのタッグチーム結成に個人的に興味がある旨の発言をする。これを受け、同月23日のアクロス福岡大会で、金丸義信がKENTAにタッグを結成するのかしないのかハッキリとするようにリング上でマイクアピールした。KENTAは金丸に耳打ちし、金丸は「分かった」とのみ発言し退場する。このときの発言内容は二人以外には明かされなかったが、後日ある条件を提示したと明かされた。同月29日のツアー最終戦・後楽園ホール大会における第4試合、潮崎豪、小川良成、KENTA組対モハメド・ヨネ、金丸義信、平柳玄藩組の試合終盤で、KENTAは味方である潮崎と小川を突如攻撃、パイプ椅子による殴打を敢行。直後、金丸や平柳・ヨネと握手、抱擁し、さらには「これからが新しいディスオベイの始まり」とマイクアピールをしチーム加入を宣言した。なお、試合後の控室で先日提示した条件の内容は不明のままであるが、条件は成約したことがKENTAの口から告げられた。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たマイバッハ谷口

    10月にマイバッハ谷口とのタッグでGHCタッグベルトを奪取した。自身初めてのヘビー級のベルト獲得となった。しかし初防衛戦で潮崎・斎藤組に敗れ、短期政権に終わる。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たムシキング・テリー

    童顔であったためか初期の頃は女性ファンに「ケンタきゅん」と呼ばれていたが、今では呼ばれることは無い。ムシキング・テリー戦以降から、子供達の人気も上昇している。現在のノアのレスラーの中で、最もカリスマ的な存在となっている。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たT.I.

    What You Know (Instrumental) / T\.I\. (2007年1月8日 - 2011年2月13日)KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た藤田ミノル

    5月7日・8日に行われた第2回ディファカップに丸藤とのタッグで出場。決勝戦でタッグ歴6年を誇る日高郁人・藤田ミノル組と35分24秒にも及ぶ激闘を繰り広げ、最後にはブサイクへの膝蹴りで藤田を撃破し見事優勝を果たした。6月5日には金丸義信・杉浦貴組に敗れ、約2年に渡り9度の防衛に成功したGHCジュニアヘビー級タッグ王座から陥落。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た菊地英昭

    KENTAという改名の理由は「小橋建太に似ているから」ではなく、NOAH旗揚げ前に小橋が膝の手術で入院していた頃、お見舞いに来ていたTHE YELLOW MONKEYの菊地英昭から「KENTAという名前はどうだ?」という話が出ていたという。その後小林名義で怪我の絶えなかったことから、小橋がその「KENTA」という名前を提案、吹っ切る意味で変えたという。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た佐野巧真

    同月26日、高山善廣・佐野巧真組と対戦(パートナーは金丸)、高山が佐野をエベレストジャーマンで裏切りNO MERCY入りを表明、加入を受け入れNOAH改革に一層の勢いを付けた。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た仲田龍

    翌4月にモハメド・ヨネ対NO Mercy3番勝負が行われ、第1試合で平柳、第2試合で金丸に勝利したヨネに第3試合で激突。疲労困憊の状態だったヨネに快勝した直後にマイクを握り、NO Mercy設立の根本的理由を話した後、NOAHが不況に陥っていながらも現場の状況を見ようともせずに憤然とNOAHのフロントを牛耳っているGM仲田龍を名指して「さっさとフロントから退け!」と言い放ち、NOAHの開拓とGM仲田への宣戦布告を宣言した。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た菊タロー

    第2回SEMのボーナスマッチの後、菊タローが「これからは菊KENタッグでタッグベルトを狙います。森嶋、ヨネ、待っていろ!」と言われ、菊タローをつまみ出して「組むことはない」と言っているが、このネタも楽しんでいるのではないのかと言われている(KENTAはお笑い好きである)。KENTA フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示

「KENTA」のニューストピックワード