83件中 41 - 50件表示
  • KENTA

    KENTAから見たハヤブサ (プロレスラー)ハヤブサ

    ブレーンバスターの体勢で持ち上げた後、相手の頭が自分の方にくるようあお向けに回転させながら自分は前方開脚、尻餅状態に座りながら股の間に相手の後頭部から背中を投げ落とす。FMWのハヤブサが開発したことでこの名がついた。現在のスタイルが確立される前から大一番で使用されることが多い技である。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たフベントゥ・ゲレーラ

    2004年(平成16年)、KENTAは「蹴撃七番勝負」を行なう。初戦のフベントゥ・ゲレーラ以外は全敗という結果に終わる。2戦目の相手小川良成の持つGHCタッグ王座に挑戦を表明していたが、敗れてしまったために小川から鈴木鼓太郎とのタッグでGHCジュニアヘビー級タッグ王座挑戦が決定するもこれを返り討ちにする。この実績から三沢光晴・小川良成組が持つGHCタッグへの挑戦が2004年4月25日に決定した(結果は敗北)。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た日高郁人

    5月7日・8日に行われた第2回ディファカップに丸藤とのタッグで出場。決勝戦でタッグ歴6年を誇る日高郁人・藤田ミノル組と35分24秒にも及ぶ激闘を繰り広げ、最後にはブサイクへの膝蹴りで藤田を撃破し見事優勝を果たした。6月5日には金丸義信・杉浦貴組に敗れ、約2年に渡り9度の防衛に成功したGHCジュニアヘビー級タッグ王座から陥落。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た修徳中学校・高等学校

    高校野球の強豪・修徳高校時代には野球に打ち込みつつ、小橋がアマチュア時代に体を作るために通っていた遠藤光男(日本アームレスリング連盟会長)の主宰するエンドウズジムの存在を知り、入会。卒業にあたり、遠藤にプロレスラー志望の意を伝えると、小橋と旧知の遠藤が小橋宛に履歴書を送り、「一般公募オーディションに参加するように」との返事を貰う。オーディション参加には、一面識もないにもかかわらず小橋の推薦が付いていて本人も驚いた、というエピソードがある。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た大相撲

    大変な好角家でもある。大相撲の話になると饒舌になり、力皇猛と仲が良いこともあって二人で両国国技館にて観戦したり、力皇の弟分である幕内力士などと食事をすることもある。また毎場所の場所前には力皇から番付表を貰い、自分の部屋に飾っていると言う。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たZERO1

    「第二回ディファカップ」優勝後、リング上で優勝賞金100万円を受け取ると、ZERO1-MAXのオッキー沖田を呼び出し、「オッキー、これ、おまえが責任持って星川選手に渡しな」と、クモ膜下出血のリハビリを続けている星川尚浩へ渡すよう告げる。沖田はリング上で号泣した。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た2009年

    2009年5月17日には自身初となるプロデュース興行「CROSS ROAD」を開催し、メインで因縁浅からぬ秋山とシングルマッチを実現させた。激闘を展開するも、結果は敗北。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たダイヤモンド・リング (プロレス)

    2011年(平成23年)3月5日有明コロシアム大会のディスオベイ対健介オフィスの8人タッグマッチで、試合途中で仲間割れを起こし、モハメド・ヨネをKENTAが椅子攻撃、続いて金丸とKENTAが二人の得意技を見舞った。嫌がる平柳玄藩にも無理矢理ヨネへ椅子攻撃をするよう促し敢行させた。マイクアピールでKENTA・金丸・平柳で新たにチームを結成する旨を宣言。また、以前に金丸に提示した加入の条件はヨネを外すことであると明かした。3人はヨネ排除の理由として、ヨネは中途半端で、イメージが悪いためとしている。後日、金丸・KENTA・平柳の新チームの名称はノー・マーシー(No Mercy)であると発表され、追放したヨネと抗争を展開する。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たプロレスリング・ノア

    KENTA(けんた、男性、1981年(昭和56年)3月12日 - )は、日本のプロレスラー。プロレスリング・ノア所属。埼玉県草加市出身。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た全日本プロレス

    1999年(平成11年)、全日本プロレスが初めて行った一般公募オーディションに参加し、合格する。練習初日、余りの練習の厳しさに合格者が次々と倒れこんでいく中、テレビのインタビュアーに「後悔していませんか?」と訊ねられたところ、「いえ、していません」ときっぱり答えていた。2000年(平成12年)3月11日、後楽園ホールでのバトルロイヤルでプレ・デビュー。合格者7名の中で唯一5月24日青森県総合運動公園体育館にて、丸藤正道を相手に本名の「小林健太」でデビューする。その直後に全日本が分裂しそのまま三沢が設立した新団体プロレスリング・ノアに移籍する。この頃、小橋がリーダーのチーム「バーニング」が崩壊、初代付き人の金丸義信も小橋の元を離れ、KENTAが2代目付き人となり、3代目の潮?豪に引き継ぐまでの約4年間行動を共にすることになる。KENTA フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「KENTA」のニューストピックワード