83件中 51 - 60件表示
  • KENTA

    KENTAから見たDRAGON GATE

    同年8月にはジュニアタッグリーグ優勝の勢いを駆ってGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦するも敗北。その後しばらく目立った活動は無かったが、2008年3月20日 DRAGON GATE「THE GATE OF GENERATION」大田区体育館大会にて、DRAGON GATEに流出したGHCジュニアヘビー級タッグ王座へ挑戦し、勝利して第9代GHCジュニアタッグ王者になる。しかし7月にはヒールファイトに目覚めた金丸義信・鈴木鼓太郎組に敗れて王座陥落してしまう。ここから両者の抗争がスタートし、2008年のジュニアタッグリーグの優勝決定戦で再び激突し、勝利を収め2年連続の優勝を決めた。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たDDTプロレスリング

    2007年(平成19年)初夏頃から石森太二とタッグを組むようになり、ジュニアヘビー級戦線の活発化のためノア初のジュニアタッグリーグ戦を提唱し実現する。ジュニアヘビー級タッグ王者の鈴木鼓太郎&リッキー・マルビンの他、ROHの強豪タッグチーム:ブリスコ・ブラザーズや、丸藤正道がDDTの飯伏幸太と組んで参戦したことにより大成功を収めた上、王者チームを差し置いて優勝をも果たした。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たグローバル・リーグ戦

    11月、杉浦貴とのシングルマッチで杉浦に勝利し、潮崎豪の持つGHCヘビー級ベルトの挑戦権を獲得。同月下旬のグローバル・リーグにも出場、同大会での杉浦との再戦ではフロントネックロックで絞め落とされ128秒殺されるも、快調に勝利を重ねていき、決勝戦で森嶋猛に敗れるも準優勝となる。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たプロレス大賞

    GHCジュニアヘビー級王座からは陥落したものの、かつてタッグを組んでいた丸藤正道が2006年9月に秋山準を破りジュニアでありながらGHCヘビー級王座を戴冠。同年1月にGHCジュニアヘビー級王座の防衛戦で丸藤に勝利していた経緯から初防衛戦の相手として指名され、初のジュニアヘビー級同士によるGHCヘビー級選手権試合が行われた。1月の試合を超え、プロレス大賞にて2006年のベストバウトに選ばれる程の死闘を繰り広げたものの敗北する。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たGHCジュニアヘビー級王座

    2005年(平成17年)7月18日東京ドームにて金丸義信が保有するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦し奪取に成功する。その後日本国外での防衛戦を経て、2006年(平成18年)1月、先輩である丸藤正道を相手に防衛戦を行い、同年のベストバウト候補に挙がるほどの死闘を繰り広げ、ついに丸藤越えを果たした。この防衛戦の高い評判により丸藤正道と共に対ヘビー級路線に駆り出されるようになる。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たGHCジュニアヘビー級タッグ王座

    トップに近づくため、丸藤正道とタッグを組み始める。性格はバラバラで特に仲良くもなかったが、タッグの相性は抜群であり、2002年7月16日、外敵タッグの獣神サンダー・ライガー・村浜武洋組を退け初代GHCジュニアヘビー級タッグ王座を獲得した。丸藤の魅せる動きと受け、KENTAのハードヒットという両極端だが非常に分かり易いスタイル、そしてルックスの良さから「イケメンタッグ」と称されるようになり、多くの女性ファンを呼び込むことに成功した。ただ見た目が良いだけではなく、試合をすれば必ず名勝負を演じ納得のフィニッシュで勝利を掴むことから、同時期のGHCヘビー級王者の小橋建太と並んで「名勝負製造機」「ジュニア版絶対王者」と賞され、ノアにおけるジュニアの台頭を生んだ。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たROH

    また2005年末よりアメリカのインディ団体ROHに定期的に遠征するようになり、当時ROH世界王者だったブライアン・ダニエルソンとライバル関係になる。現地にてROH世界王座に挑戦して敗北することもあったが、2006年12月にノアマット初上陸を果たしたダニエルソンとリマッチを行い初勝利を収めた。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た週刊プロレス

    師匠である小橋をめぐる関係で、秋山準とはそりが合わないとされていた。普段の興行ではタッグを組むことはまず無かった上に、対戦カードが組まれるとKENTAは秋山に対し普段以上の猛攻を浴びせ、秋山も何時も以上の冷徹さでこれに応戦していた。確執が決定的になったのは、2004年に行われたKENTA蹴撃七番勝負の秋山戦である。雑誌等の取材で秋山のことに話が及ぶと、KENTAは敢えて「秋山氏」「白パン」(秋山のリングコスチュームが白のショートタイツであることから)と呼んでいた。しかし2009年の自身プロデュースによる興行でメインイベントで秋山と対戦した際は、試合後にKENTA自ら秋山に握手を求め、秋山もそれに応じた。その興行終了後に行われた週刊プロレスでのインタビューでは「秋山さん」と呼び、ある程度確執は解消されたようである(そのインタビューの際、インタビュアーから「秋山さん、でいいんですか?」と逆に心配されたがKENTAは「いいです、いいです(笑)」と答えている)。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たヒール (プロレス)

    SUWA、金丸義信、平柳玄藩などヒールレスラーとの対立が多く団体内では急所攻撃を受けることが多い。2011年からはヒールとなり、金丸、平柳とは同じユニットに属している。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見たラリアット

    試合終盤にて繰り出される回転してのラリアットKENTA フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「KENTA」のニューストピックワード