428件中 41 - 50件表示
  • マイケル・ジャクソン

    マイケル・ジャクソンから見たKinKi KidsKinKi Kids

    1999年、阪神淡路大震災で被災した小中学生へのチャリティ・ソングとして、TOKIO・KinKi Kids・V6で結成したJ-FRIENDSに、楽曲People Of The Worldを提供した。マイケル・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • 編曲家

    編曲家から見たKinki KidsKinKi Kids

    岩田雅之(いわた・まさゆき)〔SMAP・Kinki Kids・NEWS・関ジャニ∞・KAT-TUN・タッキー&翼・嵐・テゴマス・Hey! Say! JUMP・郷ひろみ・森山良子・高橋真梨子・MISIA・真田博之・吉田拓郎・MAX・平井堅〕編曲家 フレッシュアイペディアより)

  • 編曲家

    編曲家から見たKinKi KidsKinKi Kids

    有賀啓雄(ありが・のぶお)〔福田舞・J-FRIENDS・藤井フミヤ・KinKi Kids〕(Palette有賀啓雄)編曲家 フレッシュアイペディアより)

  • シュート!

    シュート!から見たKinKi KidsKinKi Kids

    友情出演 - 堂本剛(KinKi Kids)、堂本光一(KinKi Kids)、前田耕陽(元男闘呼組)シュート! フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストテン

    ザ・ベストテンから見たKinKi KidsKinKi Kids

    1997年12月28日には『ザ・ベストテン今夜だけの豪華版'97』を放送。司会は黒柳徹子・KinKi Kids。1997年の年間ランキングも1位から3位までではあるが発表された。1997年の年間3位はLe Coupleの「ひだまりの詩」、2位はKinKi Kidsの「硝子の少年」、年間の1位は安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」だった。ザ・ベストテン フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ドーム

    大阪ドームから見たKinKi KidsKinKi Kids

    なお、2008年5月現在、観客が“タテ乗り”を行わないサザンオールスターズやB'z、ボン・ジョヴィ、SMAP、KinKi Kids、嵐等のコンサートには貸し出しを行っている。この“タテ乗り”問題が大きく取り上げられるようになったのは、2003年末頃からである。大阪ドームは住宅地に近い上、かつ軟弱な地盤に位置しており、かつてGLAYなどの“タテ乗り”が行われるコンサートを開催した際、ドーム近隣の住宅において、震度3?1程度の揺れを感じることがあったため、この様な観客が“タテ乗り”を行なうコンサートには、使用を規制している。“タテ乗り”を行なわないコンサートでも、ジャンプ等は行わないよう、公演前に必ず観客に向けて念入りに注意を呼びかけており、観客席への通路にはその他の禁止行為を示す絵と文章が書かれている。大阪ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 屋良朝幸

    屋良朝幸から見たKinKi KidsKinKi Kids

    振付師としても活動し、屋良自身のダンスパフォーマンスの振り付けの他、タッキー&翼、嵐、KinKi Kidsや堂本光一のコンサート、関ジャニ∞、中山優馬などの楽曲で振り付けを行っている。屋良朝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 山下達郎

    山下達郎から見たKinKi KidsKinKi Kids

    またシュガー・ベイブや自身の作品制作の傍ら、1975年頃から他のシンガー、ミュージシャンへ楽曲提供を始め、近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」(1982年)、KinKi Kidsのデビュー・シングル「硝子の少年」(1997年)や「ジェットコースター・ロマンス」(1998年)などのヒット曲を出している。山下達郎 フレッシュアイペディアより)

  • OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜

    OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜から見たKinKi KidsKinKi Kids

    シュガー・ベイブ時代からの37年間の山下の全キャリアをまとめたベスト・アルバムで、1995年発売のベスト・アルバム『TREASURES』の全曲を収録している。タイトルの「OPUS」とは「作品番号」の意。タイトルとしては控え目なのではないか?という問いに、山下は「謙虚な性格なので(笑)。でも“アルティメットコレクション”とか“ゴールデンベスト”みたいのは、なんかね、年末商品みたいでイヤですからね(笑)」と答えている。ナイアガラ・レーベル時代、RCA/AIRレーベル時代の曲を収録したDisc 1と、MOON RECORDS設立?ワーナー吸収合併(レーベル化)以降の曲を収録したDisc 2/Disc 3の3枚組で、収録曲数は49曲、収録時間は216分となっている。アルバム・リリースとしては『Ray Of Hope』以来1年ぶり、ベスト・アルバムとしては2002年の『RARITIES』以来、10年ぶりのリリースである。また初回限定盤には、1997年にKinKi Kidsのデビューに際して提供した『硝子の少年』のセルフカバーなどを含むボーナスディスク1枚が付属している。OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ドーム

    福岡ドームから見たKinKi KidsKinKi Kids

    元々は天候に合わせて晴れの時は開いた状態で試合をすることを想定しており、当初は屋根が開いた状態での試合も行われたが、光の傾斜などが10月の日本シリーズ開催時期にベストの条件になるように設計されたため「(全ての屋根が開くわけではないため)構造上反射角の違いが選手のプレーに支障をきたす」と選手会からクレームが付いたことや、近くに病院(独立行政法人国立病院機構九州医療センターと福岡市立こども病院・感染症センター)が存在すること、シーサイドももち周辺は高級住宅地となっていることなどから騒音問題があり、1999年6月19日(西武戦)を最後に開いた状態での試合はしばらく行われなかった。その後、2008年9月10日の楽天戦で9年ぶりに屋根を開けて行なわれた。9月としては11年ぶりの5位転落や、連敗という悪い流れを断ち切ろうとしたもので、楽天球団や選手会、隣接する病院にも了解を得た上で行われた。この際は天候不良のため4回終了時で閉じた。KinKi Kidsがコンサートを行なう際、「自分達でお金を払うから、演出の一環として公演中に屋根を開けて欲しい」と要望したが、騒音問題を理由に実現しなかった。ホークス主催の少年野球トーナメントなどでは、屋根が開いた状態での試合が行われている。2011年6月21日には、迷い込んだカラスを追い払うためだけに開閉が行われた。2012年4月26日の対西武戦では「ルーフオープンデー」として屋根を全開して試合が開催された。この時は、球場内の気温が下がったため20時で閉じられた。福岡ドーム フレッシュアイペディアより)

428件中 41 - 50件表示

「KinKi Kids」のニューストピックワード