271件中 91 - 100件表示
  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たREADY STEADY GO (L'Arc〜en〜Cielの曲)

    ソロの開始から2年が経った2003年、国立代々木競技場でバンド名に沿った7日間のライブ「Shibuya Seven days 2003」を開催。最終日には2004年3月のアルバム(SMILE)発売と4月からのツアー開始を発表、それまで流れていた解散説を一蹴する。翌年2月4日にシングル「READY STEADY GO」を発売し、活動を再開させた。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たSpirit dreams inside -another dream-

    2001年、シングル「Spirit dreams inside -another dream-」の発売前後から、tetsuya・yukihiro・hydeが相次いで個人活動を開始。実質的な活動休止状態に入る。前述のように、1998年以降のL'Arc〜en〜Cielは活動が集中的に行われていたため、急な活動の沈静化に一部では解散説も流れ、「もうL'Arc〜en〜Cielとしての活動は無いのではないか」と思われていた。この活動休止に関してtetsuyaは、「どれが本当の理由か分からなくなるほどたくさんの理由があった」と語っている。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たHONEY (L'Arc〜en〜Cielの曲)

    翌1998年にはyukihiroがドラマーとして正式加入。シングル「winter fall」の発売を皮切りに、連続かつ集中的なリリースパターンを取り、7月に「HONEY」「花葬」「浸食 〜lose control〜」の3枚同時シングル発売や、それによるオリコンシングルチャート1位と2位の独占、10月には「snow drop」「forbidden lover」の2枚2週連続シングル発売による2度目のシングルチャート1位と2位の独占、1999年7月には『ark』『ray』の2枚同時アルバム発売によるオリコンアルバムチャート2週連続1位と2位の独占などで大きな注目を浴びた結果、デビューがほぼ同時期であるGLAYとともに邦楽2大ロックバンドなどと呼称されることもあった。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たFIVE LIVE ARCHIVES

    7月15日から8月31日にかけ、J-POP CAFE SHIBUYAで「L'Arcafe」を開催。メンバー考案のオリジナルメニュー販売のほか、過去の未公開ライブ映像(後にDVD-BOX『FIVE LIVE ARCHIVES』へ収録)も公開された。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た難波ロケッツ

    当時のメンバーはtetsuya(ベース・当時は「tetsu」)、hyde(ヴォーカル・当時は「Hide」)、hiro(ギター)、pero(ドラムス)の4人で、インディーズ時代は関西を拠点に活動した。ちなみに、L'Arc〜en〜Cielを結成する前にhydeとperoの2名は「Jelsarem's Rod」で共に活動しており、Jelsarem's Rodとして参加したセッション大会で偶然tetsuyaと遭遇して以降、tetsuyaがhydeに対し「バンドを作ろう」と電話などで誘い続け、結果tetsuyaらとセッションを行った。その後、Jelsarem's Rodのメインコンポーザーも兼ねていたhydeが「活動の行き詰まりを感じて」解散。セッションの縁からL'Arc〜en〜Cielに加入することとなった。結成後、5月30日に当時のホームグラウンドとしていた難波ロケッツで行ったファーストライブは、いわゆる対バン形式ながらも100人以上を動員。また、9月27日に同所で行われた初のワンマンライブでは300人以上の動員を記録するなど、結成間もなくのインディーズバンドとしては異例の動員数を誇っていた。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たDUNE (アルバム)

    1993年1月、前年12月のライブで脱退したperoに代わってsakuraが加入。この後に約1ヶ月間のレコーディングに入り、アルバム『DUNE』を発売。限定リリースのCDを除く初の公式発売音源となった。5月10日付のオリコンインディーズアルバムチャートでは1位を獲得し、インディーズでの人気を不動のものとする。この年の夏、当時CDショップでアルバイトをしていたtetsuyaが「店に来た担当の人間を気に入った」という理由から、1992年にソニー・ミュージックエンタテインメント内で新規レーベルとして設立されたばかりの「キューン・ソニーレコード」と契約を結ぶ。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た東京ドーム

    sakuraの逮捕後、「曲作りとリフレッシュ」の名目で渡英し、レコーディングを含めた数ヶ月間の滞在をする。この間にサポートドラムとして元ZI:KILL、DIE IN CRIESのドラマー・yukihiroが参加したセッションなどが行われ、同年10月に長い休止から復活。直後発売したシングル「虹」は当時の自己最高初動・最高売上を記録。12月23日に自身初となる東京ドームで行った復活コンサートでは公演チケットが当時の最速記録である4分で完売と、当時絶頂にあったバンドブームと重なり休止前までには無かったほどの爆発的人気を得ることになった。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た台湾

    復活以降はリリース活動と共に、日本国内だけでなく東アジアを中心として海外においてもライブ活動を行い、2004年にはアメリカ合衆国、2005年には大韓民国・中華人民共和国、2008年には中華民国(台湾)・香港・フランスでライブを開催している。2012年にはイギリス・シンガポール共和国・インドネシア共和国でもライブ開催を予定している。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た国立代々木競技場

    ソロの開始から2年が経った2003年、国立代々木競技場でバンド名に沿った7日間のライブ「Shibuya Seven days 2003」を開催。最終日には2004年3月のアルバム(SMILE)発売と4月からのツアー開始を発表、それまで流れていた解散説を一蹴する。翌年2月4日にシングル「READY STEADY GO」を発売し、活動を再開させた。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た大阪ドーム

    7月24・25日、大阪ドームおよび横浜国際総合競技場で行われたロックフェスティバル「THE ROCK ODYSSEY 2004」へ出演し、12曲を披露。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

271件中 91 - 100件表示

「L’Arc〜en〜Ciel」のニューストピックワード