271件中 81 - 90件表示
  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たイギリス

    sakuraの逮捕後、「曲作りとリフレッシュ」の名目で渡し、レコーディングを含めた数ヶ月間の滞在をする。この間にサポートドラムとして元ZI:KILL、DIE IN CRIESのドラマー・yukihiroが参加したセッションなどが行われ、同年10月に長い休止から復活。直後発売したシングル「虹」は当時の自己最高初動・最高売上を記録。12月23日に自身初となる東京ドームで行った復活コンサートでは公演チケットが当時の最速記録である4分で完売と、当時絶頂にあったバンドブームと重なり休止前までには無かったほどの爆発的人気を得ることになった。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た15th L'Anniversary Live

    11月25日・26日、東京ドームで結成15周年記念ライブ「15th L'Anniversary Live」を開催。チケットは約2分で完売し、2日間で約11万人を動員する。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た香港

    復活以降はリリース活動と共に、日本国内だけでなく東アジアを中心として海外においてもライブ活動を行い、2004年にはアメリカ合衆国、2005年には大韓民国・中華人民共和国、2008年には中華民国(台湾)・香港・フランスでライブを開催している。2012年にはイギリス・シンガポール共和国・インドネシア共和国でもライブ開催を予定している。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た虹 (L'Arc〜en〜Cielの曲)

    sakuraの逮捕後、「曲作りとリフレッシュ」の名目で渡英し、レコーディングを含めた数ヶ月間の滞在をする。この間にサポートドラムとして元ZI:KILL、DIE IN CRIESのドラマー・yukihiroが参加したセッションなどが行われ、同年10月に長い休止から復活。直後発売したシングル「」は当時の自己最高初動・最高売上を記録。12月23日に自身初となる東京ドームで行った復活コンサートでは公演チケットが当時の最速記録である4分で完売と、当時絶頂にあったバンドブームと重なり休止前までには無かったほどの爆発的人気を得ることになった。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たthe Fourth Avenue Café

    8月30日、「Blurry Eyes」から「forbidden lover」までの14枚のシングルと、未発売だったシングル「the Fourth Avenue Café」(29thシングル)を12cmシングル化し発売。この再発売によって、前年にサザンオールスターズが記録した「同一アーティストによるオリコンシングルチャートTOP30入り」の記録を12から15へ伸ばした。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たDIVE TO BLUE

    L'Arc〜en〜Cielはカップリング曲をアルバムに収録しない方針を取っており、シングル「DIVE TO BLUE」までは「表題曲+カップリング曲(+表題曲のインストゥルメンタル)」という形態で発売していた。2003年にはアルバム未収録だったカップリング曲を収めたベスト・アルバムとして『The Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w』が発売されている。しかし、1998年のシングル3枚同時シングル発売時からあまりその形態にこだわらなくなった。それ以降カップリングにL'Arc〜en〜Cielとしての未発表曲を収録することは極めて少なくなった。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たGOOD LUCK MY WAY

    活動を本格的に再開した2004年からのシングルではメンバーのパートチェンジバンド"P'UNK〜EN〜CIEL"によるセルフカバー楽曲とのスプリットシングルという形態で発売され、一時期には収録されていなかったインストゥルメンタルも復活している。このスプリットシングルという形態でのリリースは、シングル「GOOD LUCK MY WAY」までの12作品で行われた。2012年にはそれまでにリリースした全楽曲を収録したアルバム『P'UNK IS NOT DEAD』が、L'Arc〜en〜Cielの12作目のアルバム『BUTTERFLY』の完全生産限定盤の特典CDとして発売されている。これをもってP'UNK〜EN〜CIELとしての活動は一旦の区切りとなった。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たSMILE (L'Arc〜en〜Cielのアルバム)

    ソロの開始から2年が経った2003年、国立代々木競技場でバンド名に沿った7日間のライブ「Shibuya Seven days 2003」を開催。最終日には2004年3月のアルバム(SMILE)発売と4月からのツアー開始を発表、それまで流れていた解散説を一蹴する。翌年2月4日にシングル「READY STEADY GO」を発売し、活動を再開させた。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見た1999 GRAND CROSS TOUR

    7月17日 - 8月21日、野外ライブツアー「1999 GRAND CROSS TOUR」を開催。東京公演では1公演につき12万5千人(2日間で延べ25万人)の観客を、ツアー全体では65万人を動員。また、8月21日の東京公演はViewsic(現・MUSIC ON! TV)でアジア各国同時の生放送が行われる。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

  • L'Arc〜en〜Ciel

    L'Arc〜en〜Cielから見たsnow drop

    翌1998年にはyukihiroがドラマーとして正式加入。シングル「winter fall」の発売を皮切りに、連続かつ集中的なリリースパターンを取り、7月に「HONEY」「花葬」「浸食 〜lose control〜」の3枚同時シングル発売や、それによるオリコンシングルチャート1位と2位の独占、10月には「snow drop」「forbidden lover」の2枚2週連続シングル発売による2度目のシングルチャート1位と2位の独占、1999年7月には『ark』『ray』の2枚同時アルバム発売によるオリコンアルバムチャート2週連続1位と2位の独占などで大きな注目を浴びた結果、デビューがほぼ同時期であるGLAYとともに邦楽2大ロックバンドなどと呼称されることもあった。L'Arc〜en〜Ciel フレッシュアイペディアより)

271件中 81 - 90件表示