前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • アルフレート (ドヴォルザーク)

    アルフレート (ドヴォルザーク)から見たリブレットリブレット

    『アルフレート』(独:Alfred, B.16)は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した3幕の英雄オペラ。ドヴォルザークが1870年に作曲した最初のオペラで、テキストはドイツ語による。台本はイギリス国王アルフレッド大王の物語を元に、フリードリッヒ・フォン・フロトーがオペラ化したものを元に、K.T.ケルナーが執筆した。アルフレート (ドヴォルザーク) フレッシュアイペディアより)

  • イェヌーファ

    イェヌーファから見たリブレットリブレット

    台本はガブリエラ・プライソヴァー(Gabriela Preissová)原作の戯曲(1890年11月9日初演)を作曲者が一部削除したものを、ほぼそのまま使用している。3幕とも短い導入部に始まり、幕の終わりまで切れ目なく上演される。イェヌーファ フレッシュアイペディアより)

  • アレコ

    アレコから見たリブレットリブレット

    『アレコ』()は、ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフによる1幕のオペラ。モスクワ音楽院卒業作品として1892年に作曲された。原作はプーシキンの物語詩『』、台本はネミローヴィチ=ダンチェンコによる。演奏時間は約59分半。ジプシーの娘に惚れた貴族の青年アレコが、若い男と浮気をした娘とその男を殺してしまう悲劇。アレコ フレッシュアイペディアより)

  • ルサルカ (ドヴォルザーク)

    ルサルカ (ドヴォルザーク)から見たリブレットリブレット

    1900年に書かれ、翌1901年3月31日、カレル・コヴァジョヴィツの演奏で、プラハ国民劇場で初演された。台本はヤロスラフ・クヴァピルが担当した。日本初演は1959年11月24日、東京・社会事業会館において、長門美保歌劇団により実現した。ルサルカ (ドヴォルザーク) フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔とカーチャ

    悪魔とカーチャから見たリブレットリブレット

    フランティシェク・アドルフ・シュベルトの助言で1898年から翌年にかけて行われ、同年11月23日、プラハ国民劇場にて、アドルフ・チェフ指揮により初演された。台本はボジェナ・ニェムッォヴァーの民話集を基に、アドルフ・ヴェニークが国民劇場主催の台本コンクールのために脚色して完成させた。台本の元になったおとぎ話は、ヨゼフ・ティルにより戯曲化されている。悪魔とカーチャ フレッシュアイペディアより)

  • カレル・サビナ

    カレル・サビナから見たリブレットリブレット

    この後、スメタナのオペラ『ボヘミアのブランデンブルク人』のリブレットを執筆。更にオペラ『売られた花嫁』のリブレットもスメタナに提供している。後者は、スメタナのオペラの中で最も人気のある作品となった。カレル・サビナ フレッシュアイペディアより)

  • リジー・ボーデン (オペラ)

    リジー・ボーデン (オペラ)から見たリブレットリブレット

    1965年に作曲され、1965年3月25日にアントン・コッポラ指揮、ニューヨーク・シティ・オペラによって初演された。英語のリブレット(台本)はリチャード・プラント (Richard Plant) のシナリオに基づいて、ケンウォード・エルムスリー (Kenward Elmslie) が執筆した。全3幕とエピローグから成る。リジー・ボーデン (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • 至福 (オラトリオ)

    至福 (オラトリオ)から見たリブレットリブレット

    この曲はジョゼフィーヌ・コロム(Joséphine Colomb)によるマタイの福音書、真福八端に基づく詩的瞑想を歌詞としている。初演は1879年2月20日にパリのフランク宅において抜粋版の演奏として私的に行われた。全曲演奏による初演はフランクの生前には果たされず、1893年3月19日のケルンでの演奏が初めてとなった。日本初演は1974年9月15日に東京文化会館で行われた。至福 (オラトリオ) フレッシュアイペディアより)

  • フェレンツ・エルケル

    フェレンツ・エルケルから見たリブレットリブレット

    エルケルはに生まれた。父は音楽家のヨージェフ・エルケル(Joseph-)で、母はクラーラ・ルトカイ(Klára Ruttkay)であった。エルケルが作曲したオペラのうち最初の3作品のリブレットはBéni Egressyによるものである。エルケルは最も知られるオペラでの活躍に加えて、ピアノや合唱のための作品、並びに大曲『祝典序曲 Festival Overture』を作曲した。彼はベルリオーズへと「ラーコーツィ行進曲」の存在を教えており、ベルリオーズはこれを後にオペラ『ファウストの劫罰』で採用している。フェレンツ・エルケル フレッシュアイペディアより)

  • ユダヤの女

    ユダヤの女から見たリブレットリブレット

    ウジェーヌ・スクリーブによるリブレットは作品を依頼したパリ・オペラ座が求めた当時流行していた芸術的要求に応えるものであった。つまり、5幕仕立てで劇的な題材に基づき、強く歴史的な興味を惹きつけ、大合唱やバレエなどの多彩な特殊効果の中で豪華な演出が可能な作品であることである。ユダヤの女 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示