21件中 11 - 20件表示
  • ポインティング・スティック

    ポインティング・スティックから見たLibrettoリブレット

    同社の小型コンピュータLibrettoの初期のものは「リブポイント」とされたポインティング・スティック フレッシュアイペディアより)

  • オベロン (オペラ)

    オベロン (オペラ)から見たリブレットリブレット

    『オベロン、または妖精王の誓い』(Oberon, or The Elf King's Oath)J. 306は、カール・マリア・フォン・ウェーバーが作曲した全3幕のオペラ。台本はヴィーラントの叙事詩『オベロン』(ユオン・ド・ボルドーの伝説が元になっている)のジェームズ・プランチェ(James Planché)による英訳を基に、『夏の夜の夢』と『テンペスト』の内容を付け加えたもので、ドイツ語訳はテオドール・ヘルが担当した。オベロン (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • アレコ

    アレコから見たリブレットリブレット

    『アレコ』()は、ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフによる1幕のオペラ。モスクワ音楽院卒業作品として1892年に作曲された。原作はプーシキンの物語詩『』、台本はネミローヴィチ=ダンチェンコによる。演奏時間は約59分半アレコ フレッシュアイペディアより)

  • DIME (雑誌)

    DIME (雑誌)から見たリブレットリブレット

    1996年(第9回) - シャープ「カラーザウルス」/東芝「リブレットDIME (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • アルフレート (ドヴォルザーク)

    アルフレート (ドヴォルザーク)から見たリブレットリブレット

    『アルフレート』(独:Alfred, B.16)は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した3幕の英雄オペラ。ドヴォルザークが1870年に作曲した最初のオペラで、テキストはドイツ語による。台本はイギリス国王アルフレッド大王の物語を元に、フリードリッヒ・フォン・フロトーがオペラ化したものを元に、K.T.ケルナーが執筆した。アルフレート (ドヴォルザーク) フレッシュアイペディアより)

  • カシオペア (コンピュータ)

    カシオペア (コンピュータ)から見たリブレットリブレット

    1998年から2000年にかけて展開され、いずれも個人向けモデル。東芝のリブレットを強く意識したA5サイズのミニノートPCで、ボディ外装はマグネシウム合金、CPUにはMediaGX系が採用された。液晶はカシオが独自に開発した6.7インチHAST(ハイパー・アモルファス・シリコンTFT)液晶を搭載するが、取り付け位置が左側に偏り、その右側のスペースに、右手親指で操作する「サムパッド」と称するタッチパッドが設けられ、キーボードの左奥側にクリックボタンが配置される独特のデザインが特徴。カシオペア (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック (東芝)

    ダイナブック (東芝)から見たLibrettoリブレット

    Libretto (リブレット)ダイナブック (東芝) フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見たLibrettoリブレット

    Libretto - ノートパソコン。一部海外ではdynabookが統合。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • Crusoe

    Crusoeから見たリブレットリブレット

    東芝 - Libretto L1、L2、L3、L5Crusoe フレッシュアイペディアより)

  • 星野 真里

    星野真里から見たリブレットリブレット

    東芝 「ダイナブック」、「リブレット」 1999年11月 - 2000年10月星野真里 フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示