37件中 11 - 20件表示
  • タイス (オペラ)

    タイス (オペラ)から見たリブレットリブレット

    タイス(Thaïs )はジュール・マスネ作曲の3幕7場の「抒情劇('comédie lyrique')」とエンタイトルされたオペラの一つ。アナトール・フランスの小説『舞姫タイス』を原作にしたルイ・ギャレのフランス語の台本(リブレット)にマスネが作曲した。タイス (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • チェレヴィチキ

    チェレヴィチキから見たリブレットリブレット

    『チェレヴィチキ』()は、ピョートル・チャイコフスキーが作曲した全4幕8場のオペラ。題名は『小さな靴』、『女帝の靴』などとも呼ばれる。作曲は1885年にロシアのマイダノヴォで行われた。リブレットはニコライ・ゴーゴリの短編集『』から「」を題材にヤーノフ・ポロンスキーが執筆した。本作は作曲者が以前に書いたオペラ『鍛冶屋のヴァクーラ』を改作したものである。初演は1887年にモスクワで行われた。チェレヴィチキ フレッシュアイペディアより)

  • マゼッパ (オペラ)

    マゼッパ (オペラ)から見たリブレットリブレット

    『マゼッパ』()はピョートル・チャイコフスキーが作曲した全3幕(6場)のオペラ。リブレットはアレクサンドル・プーシキンの物語詩『』を基にが執筆した。マゼッパ (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • オルレアンの少女 (オペラ)

    オルレアンの少女 (オペラ)から見たリブレットリブレット

    『オルレアンの少女』()は、ピョートル・チャイコフスキーが作曲した全4幕(6場)のオペラ。1878年から1879年にかけて作曲されており、作曲者自身の手で書かれたロシア語のリブレットは複数の題材を基にしている。ヴァシーリー・ジュコーフスキー訳によるフリードリヒ・フォン・シラーの戯曲『』、の『ジャンヌダルク』、オーギュスト・メルメの自作オペラへのリブレット、によるジャンヌ・ダルクの伝記である。作品は指揮者のエドゥアルド・ナープラヴニークへ献呈された。ロシア語を用いた本作ではあるが作曲者のオペラの中でフランス流グランド・オペラへ最も接近しており、特に第2幕に取り入れられたバレエにその特徴が顕著に表れている。オルレアンの少女 (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • 鍛冶屋のヴァクーラ

    鍛冶屋のヴァクーラから見たリブレットリブレット

    『鍛冶屋のヴァクーラ』() 作品14は、ピョートル・チャイコフスキーが作曲した全3幕(8場)のオペラ。リブレットはヤーコフ・ポロンスキーの執筆で、ニコライ・ゴーゴリの短編集『』からの1篇「」に基づいている。台本はもともと作曲家のアレクサンドル・セローフのために書かれたものであったが、彼はこの題材によるオペラを断片の状態で残したまま1871年にこの世を去っている。鍛冶屋のヴァクーラ フレッシュアイペディアより)

  • オプリーチニク (オペラ)

    オプリーチニク (オペラ)から見たリブレットリブレット

    『オプリーチニク』()は、ピョートル・チャイコフスキーが作曲した全4幕5場のオペラ。邦題として『親衛隊』という訳があてられることもある。リブレットはの悲劇『Опричники』を下敷きに作曲者自身の手で執筆された。扱われている題材はオプリーチニキであり、オプリーチニナの時代(1565年-1573年)のイヴァン雷帝の宮殿を舞台としている。オプリーチニク (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • ウンディーナ (チャイコフスキー)

    ウンディーナ (チャイコフスキー)から見たリブレットリブレット

    『ウンディーナ』()は、ピョートル・チャイコフスキーが1869年に作曲した全3幕のオペラ。リブレットはヴァシーリー・ジュコーフスキーが翻訳したフリードリヒ・フーケの小説『ウンディーネ』を基にが執筆した。ウンディーナ (チャイコフスキー) フレッシュアイペディアより)

  • Libretto

    Librettoから見たリブレットリブレット

    Libretto フレッシュアイペディアより)

  • Crusoe

    Crusoeから見たリブレットリブレット

    東芝 - Libretto L1、L2、L3、L5Crusoe フレッシュアイペディアより)

  • gigabeat

    gigabeatから見たリブレットリブレット

    2003年8月にG20が発売。着脱式モバイルディスクの採用を止め、汎用の東芝製1.8インチHDD(ZIF規格以前の東芝独自端子のもの)を内蔵する。かつてLibrettoLシリーズ発売時にも行われた発売前からのティザーキャンペーンが展開され、12.7mmの厚さを筆頭にコンパクトな本体をアピールしていた。後に8mm厚の40GBHDDを搭載し厚みが3mm増加したG40も追加されている。転送には「Toshiba Audio Application」、本体内のOSにはLinuxを引き続き採用、CPUはARM7。正方形に近い筐体の中央にブルーのLED照明が光る160×86ドットのモノクロ液晶画面が特徴的。液晶表示はネガポジ反転させることが可能である。大きく重い無骨なデザインだった初代GIGABEATの反省から小型軽量化に尽力し、MDプレーヤーにそっくりのスタイルを採用してユーザー層の拡大を狙ったものの、逆に「最新デバイスを見せびらかしたい」といったステータス性などを求める向きには地味に映り敬遠されてしまうという一面もあった。外観的にも機能的にも無駄のない本体の完成度の高さと音質の良さが高いバランスで取れている機種として評価は高く現在も多くの愛好家が存在するが、長期間使用による振動や衝撃の蓄積によってHDDと基盤を結ぶケーブルに弛みが生じて本体がHDDを認識出来なくなるなどのトラブルが多い。同様な事象はソニーのネットワークウォークマンNW-HD3などでも発生しているが東芝からは特に点検・修理などの呼びかけは実施されていない。gigabeat フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示