37件中 21 - 30件表示
  • カシオペア (コンピュータ)

    カシオペア (コンピュータ)から見たリブレットリブレット

    1998年から2000年にかけて展開され、いずれも個人向けモデル。東芝のリブレットを強く意識したA5サイズのミニノートPCで、ボディ外装はマグネシウム合金、CPUにはMediaGX系が採用された。液晶はカシオが独自に開発した6.7インチHAST(ハイパー・アモルファス・シリコンTFT)液晶を搭載するが、取り付け位置が左側に偏り、その右側のスペースに、右手親指で操作する「サムパッド」と称するタッチパッドが設けられ、キーボードの左奥側にクリックボタンが配置される独特のデザインが特徴。カシオペア (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • ポインティング・スティック

    ポインティング・スティックから見たLibrettoリブレット

    同社の小型コンピュータLibrettoの初期のものは「リブポイント」とされたポインティング・スティック フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ジョーンズ

    ジム・ジョーンズから見たリブレットリブレット

    3幕オペラ。リブレットはジェームズ・レストン・ジュニアの手による。ザ・ナショナル・エンドーメント・フォー・ザ・アーツの依頼で作成された。ジム・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • mobio

    mobioから見たLibrettoリブレット

    OSはWindows 95(一部のモデルはWindows 98)を搭載する。東芝製Librettoに対抗して作られた。裏蓋はマグネシウムを配合しており、当時のLibrettoより薄くて軽いことが特徴。当初はSTN (DSTN) 液晶だったが、後にTFT液晶にモデルチェンジされた。知名度はLibrettoより低いが、2015年現在においても中古市場では同スペックのノートPCより高値安定した人気を持っている。mobio フレッシュアイペディアより)

  • AMiTY

    AMiTYから見たリブレットリブレット

    東芝リブレットなどが好評を博していた1997年7月に初代モデルが登場。ペン操作型のAMiTYシリーズで長年培われた小型化技術をベースに、キーボード(富士通 BIBLO NCシリーズと同等のもの)とスティック型ポインティングデバイス (TrackPoint III)、自社製CRTディスプレイと同等の反射防止コーティングを施し、屋外での視認性を高めるなど、独自の改良を加えた液晶ディスプレイを採用したA5ファイルサイズのモバイルノートであった。当初から個人向けモデルも設定されていたが、流通網が異なる事から型番の一部が異なる。CRT、パラレル/FDD、RS-232C、IrDA 1.1等のインタフェースを本体に搭載、7時間以上の連続使用が可能な大型バッテリを設定するなど、オプションも充実していた。これはソーテック「WinBook Trim133」のベースモデルにもなった。AMiTY フレッシュアイペディアより)

  • DIME (雑誌)

    DIME (雑誌)から見たリブレットリブレット

    1996年(第9回) - シャープ「カラーザウルス」/東芝「リブレットDIME (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 10円メール

    10円メールから見たリブレットリブレット

    リブレットモバイルパック(東芝製)10円メール フレッシュアイペディアより)

  • ウジェーヌ・スクリーブ

    ウジェーヌ・スクリーブから見たリブレットリブレット

    ウジェーヌ・スクリーブ(Augustin Eugène Scribe, 1791年12月24日 - 1861年2月20日)は、19世紀に活躍したフランスの劇作家、小説家、オペラ台本作家である。舞台劇の分野では、綿密に練られたプロットによる戯曲を数多く著作、上演し、大成功を収めたことで知られる。またオペラでは多くの著名な台本を著したことで今日でも名を残す。ウジェーヌ・スクリーブ フレッシュアイペディアより)

  • ダイナブック (東芝)

    ダイナブック (東芝)から見たLibrettoリブレット

    Libretto (リブレット)ダイナブック (東芝) フレッシュアイペディアより)

  • Palm Top PC 110

    Palm Top PC 110から見たリブレットリブレット

    リブレット - 東芝から発売されたVHSテープサイズPCPalm Top PC 110 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示