26件中 11 - 20件表示
  • 墜落日誌

    墜落日誌から見たLightWaveLightWave

    表紙はLight Wave 3Dで作成している。当初は寺島令子本人が作成する予定だったが、スケジュールなどの問題で、販売元であるディ・ストームの関係者が担当した(本編164回に経緯が記載されている)。その為本巻には表紙を作成する経緯を描いた特別編は存在しない。墜落日誌 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータアニメーション

    コンピュータアニメーションから見たLightWaveLightWave

    コンピュータアニメーションは、コンピュータとアニメーションソフトウェアで作成する。アニメーションソフトウェアの例として、Art of Illusion、Poser、Bryce、Maya、Anim8or、Blender 3D、trueSpace、LightWave、3ds Max、SOFTIMAGE XSI、Adobe Flash(2次元)などがある。これら以外にも様々な製品があり、ターゲットとする市場によって価格も様々である。低価格の製品でも印象的なアニメーションを作れるが、一般的なパーソナルコンピュータではレンダリングに多大な時間を要する。そのため、ゲームでは家庭用のパーソナルコンピュータでもレンダリングできるように、解像度やポリゴン数を制限して制作する傾向がある。その場合は写実的なアニメーションは望めない。コンピュータアニメーション フレッシュアイペディアより)

  • イーフロンティア

    イーフロンティアから見たLightWave 3DLightWave

    1月に米Luxology社製『modo』公式代理店業務と米NewTek社製3DCGソフトウェア『LightWave 3D』の販売を開始。これによりAutoDesk社以外の主要な3DCG製品はイーフロンティアから入手可能になった。イーフロンティア フレッシュアイペディアより)

  • 六角大王

    六角大王から見たLightWaveLightWave

    Macintosh及びWindows用フリーソフト版はテクスチャの貼り込みやレンダリングができない等さまざまな限界があったものの、フリーであることとドローソフトのような操作感が支持され、広く用いられた。上位互換性を持たせつつ大幅に機能を拡張した製品版は六角大王Super(バージョンが各種ある)の名で古島終作が社長をつとめる株式会社終作から販売された。人体作成機能等が人気であり、NURBSも自然物に見られる曲線に極めて近い仕上がりを出せる点も魅力と言える。現製品版ではDXF形式のほか、LightWave形式など、他社製品のファイルを相互に扱うことも可能となり、操作の軽快さもあってゲームのリアルタイム用ポリゴンモデルの制作にも使われることがある。六角大王 フレッシュアイペディアより)

  • Utah teapot

    Utah teapotから見たLightwave 3DLightWave

    ティーポットモデルの様々なバージョンや、それが描かれたシーンは、昨今のレンダリングやモデリングソフトと一緒に配布されていたり、自由に利用できるようになっている。例えば、AutoCADやLightwave 3D、POV-Ray、OpenGL、Direct3D、3D Studio Maxなどで利用可能である。立方体や球などと一緒に、GLUTはglutSolidTeapot()というグラフィックス関数を用意している。Direct3Dでは同様にD3DXがあり、そこでD3DXCreateTeapot()を用意している。OS X TigerとLeopardもまたQuartz Composerの中にティーポットが入っているが、Lepardのティーポットはバンプマッピングをサポートしている。BeOSには3Dのティーポットが回転するちょっとしたデモが入っていて、マルチメディア処理に強いプラットフォームの特性を印象付けようとしている。Utah teapot フレッシュアイペディアより)

  • modo

    modoから見たLightwave 3DLightWave

    modoはLightwave 3Dの初期開発スタッフを中心に開発されている。modo フレッシュアイペディアより)

  • AmigaOS

    AmigaOSから見たLightWaveLightWave

    Amigaが誕生したころ、デスクトップGUIや表示などに3Dグラフィックス・ライブラリを使うという考え方はほとんど存在しなかったが、Amigaはグラフィックス機能が強力だったため3DCGの開発プラットフォームとして広く使われた。初期の3DCG制作ソフトウェアとしてVideoScape 3DやTrueSpace 3Dがある。その後もImagineやLightWaveがAmiga向けにリリースされている。LightWaveは『バビロン5』などのテレビ番組のCG制作にも使われた。AmigaOS フレッシュアイペディアより)

  • シェーダ

    シェーダから見たLightWaveLightWave

    CGレンダリングソフトの多くは、最終的な出力結果を得るための計算モデルとしてグローバルイルミネーションやレイトレースといったレンダリング方程式に基づく、より厳密なモデルを採用しているが、モデリングやパラメータ設定の作業中は、プレビューのために描画品質を落としてOpenGLあるいはDirect3Dによってリアルタイム表示する必要がある。GPUが固定機能シェーダのみをサポートしていた頃は、プレビューは最終描画結果とは ほど遠いものであったが、プログラマブルシェーダをサポートするようになってからは、各CGソフトもプレビューにプログラマブルシェーダを使用するようになり、プレビューの品質が飛躍的に向上した。2009年現在、Autodesk 3ds Max、Autodesk Maya、Autodesk Softimage、およびNewTek LightWave 3Dといった有名なソフトウェアの最新版はいずれもプログラマブルシェーダによるプレビューを実装している。シェーダ フレッシュアイペディアより)

  • COLLADA

    COLLADAから見たLightWaveLightWave

    COLLADAは、本来はデジタルコンテンツ制作 (DCC) ツール間でデータをやり取りするための交換用フォーマットを意図していた。いくつかのDCCツールにはそのためのアプリケーションが存在している。例えば、Maya向けのColladaMaya、3ds Max 向けのColladaMax、Poser(v7.0で組み込み)、LightWave 3D(v9.5で組み込み)、Cinema 4D、Softimage|XSI、Houdini、MeshLab、SketchUp、Blender、modo、Strata 3D などがある。Adobe Photoshop はバージョンCS3からCOLLADAの .dae ファイルを扱える。Unreal Engineなどのゲームエンジンもこのフォーマットを採用している。COLLADA フレッシュアイペディアより)

  • OpenEXR

    OpenEXRから見たLightwaveLightWave

    OpenEXRは、Artizen HDR, オートデスクのCombustion,Lustre,Flame,smoke,Toxik、Blender, CinePaint,Houdini, Lightwave,modo, After Effects 7 Professional, Mental Ray, PRMan, Digital Fusion, Nuke, Shake, Photoshop CS2、Pixel Image Editor,Digital Vision Nucoda,Blackmagic Design DaVinci Resolveなどでサポートされている。OpenEXR フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示