46件中 11 - 20件表示
  • 六角大王

    六角大王から見たLightWaveLightWave

    Macintosh及びWindows用フリーソフト版はテクスチャの貼り込みやレンダリングができない等さまざまな限界があったものの、フリーであることとドローソフトのような操作感が支持され、広く用いられた。上位互換性を持たせつつ大幅に機能を拡張した製品版は六角大王Super(バージョンが各種ある)の名で古島終作が社長をつとめる株式会社終作から販売された。現製品版ではDXF形式のほか、LightWave形式など、他社製品のファイルを相互に扱うことも可能となり、操作の軽快さもあってゲームのリアルタイム用ポリゴンモデルの制作にも使われることがある。六角大王 フレッシュアイペディアより)

  • AmigaOS

    AmigaOSから見たLightWaveLightWave

    Amigaが誕生したころ、デスクトップGUIや表示などに3Dグラフィックス・ライブラリを使うという考え方はほとんど存在しなかったが、Amigaはグラフィックス機能が強力だったため3DCGの開発プラットフォームとして広く使われた。初期の3DCG制作ソフトウェアとしてVideoScape 3DやTrueSpace 3Dがある。その後もImagineやLightWaveがAmiga向けにリリースされている。LightWaveは『バビロン5』などのテレビ番組のCG制作にも使われた。AmigaOS フレッシュアイペディアより)

  • 東映アニメーション研究所

    東映アニメーション研究所から見たLightwaveLightWave

    Lightwave3DやMayaを使った3DCG、RETAS! Pro を使ったデジタル彩色、Avidを使ったノンリニア編集、液晶タブレットを使ったデジタル作画など制作現場の変化を先取りした、当時としては画期的なカリキュラムによる人材育成を行った。東映アニメーション研究所 フレッシュアイペディアより)

  • Utah teapot

    Utah teapotから見たLightwave 3DLightWave

    ティーポットモデルの様々なバージョンや、それが描かれたシーンは、昨今のレンダリングやモデリングソフトと一緒に配布されていたり、自由に利用できるようになっている。例えば、AutoCADやLightwave 3D、POV-Ray、OpenGL、Direct3D、3D Studio Maxなどで利用可能である。立方体や球などと一緒に、GLUTは glutSolidTeapot() というグラフィックス関数を用意している。Direct3Dでは同様にD3DXがあり、そこで D3DXCreateTeapot() を用意している。OS X TigerとLeopardもまたQuartz Composerの中にティーポットが入っているが、Lepardのティーポットはバンプマッピングをサポートしている。BeOSには3Dのティーポットが回転するちょっとしたデモが入っていて、マルチメディア処理に強いプラットフォームの特性を印象付けようとしている。Utah teapot フレッシュアイペディアより)

  • シェーディング言語

    シェーディング言語から見たLightWaveLightWave

    最初のCg実装はハードウェア部を抽象化するが故により制限が多かったが、それ以前の方法に比べても革新的であった。Cgという言語自体は、、より新しいシェーディング言語へのつなぎとして生き残っており、Adobe Photoshop、MayaやLightWaveでの採用など、主にデジタルコンテンツ作成現場では一定の地位を確立している。なおPlayStation 3の標準シェーディング言語はCgであり、他にもAAAタイトルWindowsゲームやUnityのようなゲームエンジンでも採用実績がある。シェーディング言語 フレッシュアイペディアより)

  • ドングル

    ドングルから見たLightWaveLightWave

    3DCGソフトウェア「LightWave」(NewTek) - Ver11迄、採用。ドングル フレッシュアイペディアより)

  • COLLADA

    COLLADAから見たLightWaveLightWave

    COLLADAは、本来はデジタルコンテンツ制作 (DCC) ツール間でデータをやり取りするための交換用フォーマットを意図していた。いくつかのDCCツールにはそのためのアプリケーションが存在している。例えば、Maya向けのColladaMaya、3ds Max 向けのColladaMax、Poser(v7.0で組み込み)、LightWave 3D(v9.5で組み込み)、Cinema 4D、Softimage|XSI、Houdini、MeshLab、SketchUp、Blender、modo、Strata 3D などがある。Adobe Photoshop はバージョンCS3からCOLLADAの .dae ファイルを扱える。Unreal Engineなどのゲームエンジンもこのフォーマットを採用している。COLLADA フレッシュアイペディアより)

  • シェーダー

    シェーダーから見たLightWaveLightWave

    CGレンダリングソフトの多くは、最終的な出力結果を得るための高品質な計算モデルとして、に基づく、光学的・物理学的により厳密なグローバルイルミネーションモデルを実現する各種計算手法(レイトレーシングやラジオシティ、フォトンマッピングなど)を採用しているが、モデリングやパラメータ設定の作業中は、プレビューのために描画品質を落としてOpenGLあるいはDirect3Dによってリアルタイム表示する必要がある。GPUが固定機能シェーダーのみをサポートしていた頃は、プレビューは最終描画結果とはほど遠いものであったが、プログラマブルシェーダーをサポートするようになってからは、各CGソフトもプレビューにプログラマブルシェーダーを使用するようになり、プレビューの品質が飛躍的に向上した。2009年時点で、Autodesk 3ds Max、Autodesk Maya、Autodesk Softimage、およびNewTek LightWave 3Dといった有名なソフトウェアの最新版はいずれもプログラマブルシェーダーによるプレビューを実装している。シェーダー フレッシュアイペディアより)

  • FBX

    FBXから見たLightWave 3DLightWave

    1996年、Kaydaraは、2D、3D、音声、動画データとモーションの保存を可能にした、オブジェクトベースモデルのFBXと呼ばれる新たなネイティブファイル形式を、Filmbox 1.5と共にリリースした。この形式は、Cinema 4D、Softimage、PowerAnimator、LightWave 3Dおよび3D Studio MAXのような他の3Dソフトウェアパッケージからの広範なサポートを受けた。FBX フレッシュアイペディアより)

  • .x

    .xから見たLightWaveLightWave

    LightWave3D・Maya・Softimage・Cinema 4Dや、フリーウェアでも六角大王といった数々の3DCGソフトウェアが対応している。DirectX以外にもXNAでも標準でサポートされている。メタセコイアなどは対応していない。.x フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示