1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • OGRE

    OGREから見たLightWaveLightWave

    各種3Dモデラー向けのコンテンツエクスポートツールがあり、3D Studio Max、Maya、Blender、LightWave、Milkshape、SketchUpなどに対応している。OGRE フレッシュアイペディアより)

  • 3DCGソフトウェア

    3DCGソフトウェアから見たLightWaveLightWave

    Lightwave 3D (Newtek。国内販売はディストーム←エヌジーシー ディ・ストーム ディビジョン)3DCGソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たLightWaveLightWave

    『魔法先生ネギま!』の途中からはデジタル+アナログの手法へと推移している。校舎・広場といった背景や小道具、さらには群衆などの一部に至るまでを3Dモデリングソフトの『LightWave』で製図した後にプリントアウトし、手作業でディテールやトーンを追加する。そのような過程を経て作成された素材が、やはり「貼り込み」技法によって原稿用紙に合成される点は従来と変わらない。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たLightWaveLightWave

    ニューテック(日本での代理店はディストームおよびイーフロンティア) - LightWave 3DMacintosh フレッシュアイペディアより)

  • Amiga

    Amigaから見たLightwaveLightWave

    コモドール倒産後、Amigaの版権は各社を転々とする。コモドール末期のハードAmiga 4000Tなどは、版権を受け継いだドイツのEscom社の下で生産された出荷数のほうが多い。Amigaはドイツではまだ人気があったし、他の国でも特定の方面には依然として大きな需要があったが、親会社の経営方針のために倒産の時点でハードの開発が止まってしまい、MacやPCに対して性能的にどんどん水をあけられ、一方ではLightwaveなど主要なサードパーティー製ソフトの他機種への移植も進み、徐々に表舞台から姿を消してゆく。時を同じくして他のホームコンピュータ(MSXやイギリスのAcorn Archimedes、日本ではFM TOWNSやX68000などがこれに当たる)も次々と死滅していき、パソコン市場はPC/AT互換機とMacintoshが席巻するようになった。Amiga フレッシュアイペディアより)

  • Amiga

    Amigaから見たLightWaveLightWave

    Amigaは低価格なパソコンでありながら、プロの間では高価なSGIのワークステーションIRIXに匹敵する人気を持ち、テレビや映像ソフトの製作現場でも大々的に利用された。サードパーティーが発売した拡張スロットを利用するハードウエア「Video Toaster」によるビデオの制御、およびその3DCGソフトウエアであるLightWave3Dが有名で、『マックス・ヘッドルーム』や『バビロン5』などのSFドラマの製作に活用された。日本においてもウゴウゴルーガに実際にアミーガで作成されたCGが使用されていた他、アミーガを代表するペイントソフトであるデラックスペイントを使用して作成されたCGを使用した番組が多数存在した。元気が出るテレビの初期オープニング等がその代表例である。コモドールが倒産した後も、映像編集ソフトのPersonal Animation Recorder(PAR、後のdpsReality)、3DCGソフトのLightWave、アニメーションマスター、Cinema 4Dなどの主だったソフトは他プラットホームにてリリースされており、特にLightWaveは2010年代においてもなお業界の主流ソフトのひとつである。Amiga フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示