1569件中 101 - 110件表示
  • curses

    cursesから見たLinuxLinux

    ncurses は curses の代替として Linux、OpenBSD、FreeBSD、NetBSD 向けにGNUプロジェクトで作られたライブラリであり、その後、POSIX準拠のUNIXに移植されていった。PDCurses (Public Domain Curses)はUNIX以外の DOS、Windows、OS/2など向けに作られた curses とほぼ同じ機能を提供するライブラリである。クロスプラットフォームのゲームなどで、Linux では ncurses、Windows では PDCurses を使っているものがある。curses フレッシュアイペディアより)

  • クラスパス

    クラスパスから見たLinuxLinux

    そしてこのパッケージを定義するファイルは、D:\myprogram(Windows上)や/home/user/myprogram(Linux上)といったディレクトリ配下に物理的に保存される。クラスパス フレッシュアイペディアより)

  • Googleビデオ

    Googleビデオから見たLinuxLinux

    2009年までは、利用者が動画ファイルをGoogleビデオのウェブサイトを通してアップロードすることができた(ファイル当たりの容量は100MBまで)。また代替手段としてWindows、Mac OS X、Linuxで利用可能な Google Video Uploader を使ってアップロードすることもできた。1000時間分以上の動画をアップロードしたことがある利用者にはGoogleの Premium Program が適用され、アップロードを継続することもできる。Googleビデオ フレッシュアイペディアより)

  • WebSphere Application Server

    WebSphere Application Serverから見たLinuxLinux

    IBM HTTP Server (IHS) (i5/OS用、z/OS用、AIX/Linux/Solaris/Windows用)WebSphere Application Server フレッシュアイペディアより)

  • CHRP

    CHRPから見たLinuxLinux

    CHRPは普及しなかったが、IBMのRS/6000シリーズでは現在のPower Systemsに至るまで一貫して使用され、オペレーティングシステムにはAIXおよびLinuxが使われている。CHRP フレッシュアイペディアより)

  • Security-Enhanced Linux

    Security-Enhanced Linuxから見たLinuxLinux

    Security-Enhanced Linux(略してSELinux)は、アメリカ国家安全保障局がGPL下で提供しているLinuxのカーネルに強制アクセス制御 (MAC)機能を付加するモジュールの名称。名前から勘違いされることが多いが Linuxディストリビューションの一つではない。Security-Enhanced Linux フレッシュアイペディアより)

  • ヨン・レック・ヨハンセン

    ヨン・レック・ヨハンセンから見たLinuxLinux

    1999年、15歳で DeCSS を開発。DVD-Video のアクセスコントロール技術 Content Scramble System を解除するソフトウェアで、もともとは Linux での DVD-Video 鑑賞を可能とする目的で作られたものだが、DVD の複製も可能となるため、2000年1月に米映画協会(MPAA)と米 DVD コピー規制協会はノルウェーの経済犯罪局に訴状を提出した。ヨン・レック・ヨハンセン フレッシュアイペディアより)

  • OLPC XO-1

    OLPC XO-1から見たLinuxLinux

    この可搬型の低消費電力のコンピュータはハードディスクの代わりにフラッシュメモリを使い、レッドハットのFedoraから派生したLinuxをプリインストールしており、このオペレーティングシステムはフラッシュメモリ上と同時にマザーボード上のROMにもバックアップが格納されている。802.11s WiFiメッシュネットワークプロトコルによるモバイルアドホックネットワークが可能で、多数のマシンが1つのインターネットアクセスを共有できる。OLPC XO-1 フレッシュアイペディアより)

  • Inform

    Informから見たLinuxLinux

    2006年4月30日、Graham Nelsonはrec.arts.int-fictionというニュースグループでInform 7のベータ版リリースを発表した。Inform 7は主に3つの部分から構成される。Inform 7 IDEはインタラクティブフィクションのテストに特化した開発ツールである。Inform 7コンパイラは新たな言語用コンパイラ、"The Standard Rules" はInform 7のライブラリの中核である。Inform 7では、Inform 6のコンパイラとライブラリも必要とする。Inform 7のコンパイラはソースコードからInform 6用ソースコードを生成し、そこから Inform 6のコンパイラでGlulxやZコードのストーリーファイルを生成する。Inform 7はインタラクティブフィクションのパッケージ形式であるBlorbファイルもデフォルトでサポートしている。これは、Zコードのファイルや表紙画像、検索用メタデータなどを格納するアーカイブファイルである。Inform 7の完全セットは今のところMac OS X、Windows、Linuxで利用可能である。2007年3月25日、Linuxでのコマンド行サポートが追加され、新たなリリースではSourceForge.netのGNOME Inform 7プロジェクトで開発されているGNOMEデスクトップ環境で動作するIDEも同梱されるようになっている。言語とツールの開発は続いており、2007年3月25日のリリースでも言語に様々な変更が加えられた。Inform フレッシュアイペディアより)

  • CLUSTERPRO

    CLUSTERPROから見たLinuxLinux

    Linux,Solaris及びWindowsNT系OSにおいて、各種アプリケーションを簡易なシェルによってラッピングし、クラスタ対応アプリケーションとして動作させる事が可能な高可用クラスターパッケージ。一般的なディスクハートビートと、その資源確保によるサバイバルノードの決定プリミィティブ(ロックディスク)を採用しており、確実なスプリットブレインシンドロームを抑止する機能を持つ。CLUSTERPRO フレッシュアイペディアより)

1569件中 101 - 110件表示

「Linux」のニューストピックワード