1320件中 21 - 30件表示
  • 喜多伸夫

    喜多伸夫から見たLinuxLinux

    1993年から1999年までの米国生活中、Linuxと出会い、シリコンバレーのLinuxベンチャー企業の立ち上げを支援。 また、米国のオープンソースソフトウェア開発者たちとも積極的に交流。1999年に帰国後、Linuxシステムメーカーのナンバーワンを目指してノーザンライツコンピュータ株式会社の社長に就任。2002年1月、株式会社テンアートニと同社の合併に伴い、株式会社テンアートニ(現サイオステクノロジー株式会社)の社長に就任。京都工芸繊維大学卒業。喜多伸夫 フレッシュアイペディアより)

  • NoteEdit

    NoteEditから見たLinuxLinux

    NoteEdit(ノートエディット)は、Linuxとその他のUnixライクコンピューターOS上で動作する楽譜作成ソフトウェアである。NoteEdit フレッシュアイペディアより)

  • S-PLUS

    S-PLUSから見たLinuxLinux

    1998 年:Linux 版 S-PLUS 登場。S-PLUS フレッシュアイペディアより)

  • Virtual Router Redundancy Protocol

    Virtual Router Redundancy Protocolから見たLinuxLinux

    エクストリームネットワークス、3comなど多くのベンダのルータに採用されており、またLinuxやBSDでも使用可能である。Virtual Router Redundancy Protocol フレッシュアイペディアより)

  • B+木

    B+木から見たLinuxLinux

    ReiserFS(UNIX、Linux)、XFS(IRIX、Linux)、JFS2(AIX、OS/2、Linux)、HammerFS(DragonFly BSD)、NTFSといったファイルシステムはいずれもB+木に類する構造をブロックのインデックス付けに使っている。関係データベースでも表のインデックスにこの種の木構造を使っていることが多い。B+木 フレッシュアイペディアより)

  • Novell Open Enterprise Server

    Novell Open Enterprise Serverから見たLinuxLinux

    構内ネットワーク・サービス(ファイル、印刷、ディレクトリ、クラスタリング、バックアップ、PKI、ウェブアプリケーションなど)特化している。 OES は Linux か NetWare カーネルのどちらかの上で稼働できる。Novell Open Enterprise Server フレッシュアイペディアより)

  • アムダール

    アムダールから見たLinuxLinux

    歴史的に、富士通/アムダールの決断が正しかったかどうかは不明瞭である。他のサーバプラットフォームとの激しい競争にも拘らず、IBMの zSeries はLinuxの利用やインターネットの成長に伴うトランザクションの増加に対応するシステム(CICS、IMS、DB2などのサブシステム)として、2009年現在でも採用され続けている。zSeries は価格が低下しているにも関わらず販売金額が増え続けているのである。2005年終盤、富士通はEDS社との提携を発表し、PRIMEQUEST を日本以外で販売すると発表した。これはIBMのメインフレームとは全く互換性はない。同じころアムダールは ObjectStar というソフトウェアを開発したが、マネジメント・バイアウトで独立され、最終的にソフトウェア企業であるがObjectStarを取得した。アムダール フレッシュアイペディアより)

  • ソフォス

    ソフォスから見たLinuxLinux

    Windows以外にMac、Linux、UNIX対応製品があり対応オペレーティングシステム、対応CPUは業界最多。Genotype Technologyにより高い検知率を誇る。エンドポイントやメールゲートウェイ製品に暗号化機能、デバイス制御機能を統合している。ソフォス フレッシュアイペディアより)

  • SCO

    SCOから見たLinuxLinux

    1998年にCaldera Systems,Inc.を設立し、ビジネス向けLinux市場に参入。組み込み向けLinuxとDR-DOSの部門を分社化し、Caldera SystemsをNASDAQに上場。SCO フレッシュアイペディアより)

  • キース・バーゲルト

    キース・バーゲルトから見たLinuxLinux

    キース・ダニエル・バーゲルト(Keith Daniel Bergelt、1958年9月11日生まれ)はアメリカ合衆国の企業経営者である。彼はかつてアメリカ合衆国の外交官を務めていた経歴も持つ。彼は知的財産権のコンサルティングとファイナンスの草分け的存在である。現在Open Invention Network(OIN)のCEOを務める。OINはLinuxの特許的飛行禁止空域(Linuxに対する特許係争をできる限り軽減すること)の確立と維持を調整する責任を持つ企業である。事務管理部門(バックオフィス)間取引処理、ミッション・クリティカルITアプリケーション、モバイル・コミュニケーションやスマートフォンそしてデスクトップ・コンピューティングのようなキーテクノロジー市場においてオープンかつ競争的な視点を擁護することが彼自身の責務である。キース・バーゲルト フレッシュアイペディアより)

1320件中 21 - 30件表示

「Linux」のニューストピックワード