1320件中 61 - 70件表示
  • リナックスファウンデーション

    リナックスファウンデーションから見たLinuxLinux

    リナックスファウンデーション(The Linux Foundation, 略称LF)は、Linuxオペレーティングシステムの普及をサポートする非営利のコンソーシアムである。2007年1月21日、Open Source Development Labs と Free Standards Group が合併することが公式発表され、リナックスファウンデーションが発足した。組織としての目的は「クローズドなプラットフォームと対抗するための様々なサービスを提供することで Linux の成長を促進する」ことである。リナックスファウンデーション フレッシュアイペディアより)

  • Power.org

    Power.orgから見たLinuxLinux

    2006年にLinuxを稼動させるためのPowerアーキテクチャをベースとした標準であるPAPRを発表した。Power.org フレッシュアイペディアより)

  • SkyOS

    SkyOSから見たLinuxLinux

    デバイスドライバがサポートする周辺機器が少ないという問題があり、NetBSDやLinuxを利用するという実験も試みられている。SkyOS フレッシュアイペディアより)

  • スーパーブロック (ファイルシステム)

    スーパーブロック (ファイルシステム)から見たLinuxLinux

    例としてLinuxを挙げる。Linuxのファイルシステムは、スーパーブロック、inodeブロック、「ディレクトリ管理ブロック」など階層的なブロック構造を持っている。これらはファイルシステム全体が持つinodeの総数やinodeの残数やファイルシステムのサイズなどファイルシステムの基本的情報が格納されている。また仮想ファイルシステム(VFS)はユーザが使用するファイルシステムとは別個に先述のブロック情報を保持している。のファイルシステムマウント(mountコマンド)やファイルシステムからのファイル読み出しのためには、まずルートディレクトリ("/")の inode情報が必要となるが、その情報はスーパーブロックに書かれている。ルートディレクトリ以下のディレクトリはその一つ上のディレクトリにinodeブロックが存在するので、順次それを呼び出してゆけば、最後には目的のファイルのinodeが発見できアクセス可能となる。ソフトウェアRAIDをストレージに持つシステムの場合、上記と同様ファイルシステムのマウントのためマルチデバイスに関する情報が必要となる。その情報はRAIDに使用するブロックデバイスのスーパーブロックに書き込まれる。とりわけこのようなスーパーブロックをパーシステント・スーパーブロック(、永続的スーパーブロック)という。RAIDアレイを初期化した場合はこの情報は全てのアレイ構成ディスクのスーパーブロックから消去される。スーパーブロック (ファイルシステム) フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・トリジェル

    アンドリュー・トリジェルから見たLinuxLinux

    2005年4月、トリジェルは、後にSourcePullerとして知られる、 BitKeeperソースコードレポジトリと連携させるための1つのフリーソフトウェアを作成しようとした。この結果、このことを知ったBitKeeper開発元のBitMoverは従来Linux開発者に無償提供していたBitKeeperの使用契約を破棄した。ここで、Linuxカーネルのファウンダーであるリーナス・トーバルズとトリジェルは、この出来事に関する公開討論に至った。トリジェルは次のような主張をした。すなわち、彼はBitKeeperのクライアント・サーバを購入、所有すらしておらず、したがってそのライセンス契約にも同意していないため、ライセンス違反などとはならない。そしてその解析手法は、かつて彼がSambaを作成したときと同じように、データを遣り取りするプロトコルの解析を「道徳的」に行っただけに過ぎない。当該プロジェクトへのトリジェルの関与により、リーナスは彼がBitKeeperに対し汚いトリックを使用したことを非難した。トリジェルはまた解析の手法は、単にBitKeeperのサーバに、BitKeeper製品とは無関係なtelnetクライアントでアクセスしHELPとタイプするだけだと主張している。彼の主張が真実ならば、プロトコルに対するリバースエンジニアリングはBitKeeperソフトウェアに対するそれではないため、ソフトウェアのライセンス上問題ないのではないかとの意見もある。また結果としてフリーソフトウェアであるLinuxカーネル開発プロジェクトからプロプライエタリ製品を排除できたことを歓迎する声もあった。アンドリュー・トリジェル フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータのファイル管理

    コンピュータのファイル管理から見たLinuxLinux

    ファイルを物理的にどう配置し、論理的にどう管理するかは、そのOSのファイルシステムによる(ファイルシステムによっては、断片化が発生せず、階層型でないものもある)。以下はMS-DOS、UNIX、Linuxなどの階層型ファイルシステムについて述べる。コンピュータのファイル管理 フレッシュアイペディアより)

  • GNU Go

    GNU Goから見たLinuxLinux

    GNU Go(グニュー・ゴ)は、フリーソフトウェア財団によって作成される、コンピュータが人間と囲碁の対局を行うためのフリーソフトウェア。GNU Goのソースコードは可搬性が高く、GNU/Linuxおよび他のUNIX形式のシステム、Microsoft Windows、Mac OS Xなどで簡単にコンパイルできる。その他のプラットフォームへの移植版も存在する。GNU Go フレッシュアイペディアより)

  • HP 9000

    HP 9000から見たLinuxLinux

    多くの機種はLinuxオペレーティングシステムも動作させることができる。HP 9000 フレッシュアイペディアより)

  • System p

    System pから見たLinuxLinux

    System pは、IBMのUNIXサーバおよびワークステーションのシリーズである。プロセッサはPOWER、稼働可能なオペレーティングシステム (OS) はAIXおよびLinuxである。System p フレッシュアイペディアより)

  • Palm Top PC 110

    Palm Top PC 110から見たLinuxLinux

    入力装置としてはキーボードがほぼ標準の配列であったが、小さいために構造に工夫が加えられていた。各キーの表面に段差がつけられ、中央部が盛り上がっていて、複数のキーを押すことが少ないようになっていた。また、円筒形のボタンで操作するポインティングヘッドがキーボードの左上に装備され、タッチボタンはその斜め上下に配置していた。面白いのは同じボタンが右側にも上下逆に配列してあったことで、これは両手で左右を持って操作する事を配慮してのものである。ポインティングヘッドが赤、左ボタンが青、右ボタンが緑で、本体が黒い中でよく目だった (ファミコンのコントローラを参考にしたとの事)。また、キーボードの上中央にはタッチパッドが装備されていたが、これは付属のPIMソフトであるPersonaware専用だった。後にWindowsでPS2マウスとして扱うドライバが有志により発表され、LinuxでもPS2マウス互換のポインティングデバイスとして使える様になった(これはAlan Coxが一時期PC110でLinuxを開発していたため)。Palm Top PC 110 フレッシュアイペディアより)

1320件中 61 - 70件表示

「Linux」のニューストピックワード