231件中 11 - 20件表示
  • Linux

    Linuxから見たPerl

    2001年のある研究によると、当時の Red Hat Linux には3000万行のソースコードが含まれれていた。この研究は、開発工数見積り手法であるCOCOMOを用いて、これをアメリカ内で開発した場合のコストを推定した。その推定値は 14億6万USドル (2013 USD) であった。システムの大半 (71%) のコードはC言語で書かれていたが、他の言語も多く使われていた。例えば、C++、Lisp、アセンブリ言語、Perl、Python、Fortran、そして各種のシェルスクリプトなどである。全コード中、半分をわずかに越える量のコードがGPLでライセンスされていた。Linuxカーネル自体は240万行で、これは合計の8%であった。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たC++

    2001年のある研究によると、当時の Red Hat Linux には3000万行のソースコードが含まれれていた。この研究は、開発工数見積り手法であるCOCOMOを用いて、これをアメリカ内で開発した場合のコストを推定した。その推定値は 14億6万USドル (2013 USD) であった。システムの大半 (71%) のコードはC言語で書かれていたが、他の言語も多く使われていた。例えば、C\+\+、Lisp、アセンブリ言語、Perl、Python、Fortran、そして各種のシェルスクリプトなどである。全コード中、半分をわずかに越える量のコードがGPLでライセンスされていた。Linuxカーネル自体は240万行で、これは合計の8%であった。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たC言語

    Unixオペレーティングシステムは、米国AT&Tのベル研究所で1969年に考案・実装された。1971年に初めて公開され、初期はアセンブリ言語のみで実装されていた(当時はそれが一般的なやり方だった)。その後、Unixは1973年にC言語で書きなおされた。オペレーティングシステムを高級言語で記述するという先駆的な試みは、他のプラットフォームへの移植を容易にした。AT&Tは、反独占訴訟に対する1954年の同意判決によってコンピュータビジネスへの参入を禁じられており、なおかつこの同意判決では、電話以外の技術は「要求する者すべて」にライセンスを供与しなければならないと定められていた。開発者達はこれに素直に従って、求める者に対してUnixのソースコードを提供した。 これによってUnixは即座に成長し、大学やビジネス界などで広く受けいれられることとなった。AT&Tの独占状態は1984年に解体され、ベル研究所はウェスタン・エレクトリックの傘下になった。これによって法的な制限がなくなったため、ベル研究所はUnixをプロプライエタリ製品として販売しはじめた。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たRed Hat

    各Linuxディストリビューションは、開発者およびユーザコミュニティによって駆動している。一部のベンダーは、ディストリビューションの開発と資金供給をボランティアベースで行っており、この有名な例としてはDebianがある。商業ディストリビューションのコミュニティ版を公開しているベンダーもある。この例としては、Red HatのFedoraや、NovellのopenSUSEがある。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たIBM

    2000年頃より、IBM、ヒューレット・パッカード、SGI、インテルなどの企業にフルタイムで雇用されたプログラマも開発に加わるようになり、開発スピードにはずみが付いた。このように、世界中の多くの人々の共同作業によってソフトウェアが開発されるということは、それまでのプロプライエタリなソフトウェア開発の常識では考えられないことであり、エリック・レイモンドは、Linuxの開発を分析し、「伽藍とバザール」を著した。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たNovell

    各Linuxディストリビューションは、開発者およびユーザコミュニティによって駆動している。一部のベンダーは、ディストリビューションの開発と資金供給をボランティアベースで行っており、この有名な例としてはDebianがある。商業ディストリビューションのコミュニティ版を公開しているベンダーもある。この例としては、Red HatのFedoraや、NovellのopenSUSEがある。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たエリック・レイモンド

    2000年頃より、IBM、ヒューレット・パッカード、SGI、インテルなどの企業にフルタイムで雇用されたプログラマも開発に加わるようになり、開発スピードにはずみが付いた。このように、世界中の多くの人々の共同作業によってソフトウェアが開発されるということは、それまでのプロプライエタリなソフトウェア開発の常識では考えられないことであり、エリック・レイモンドは、Linuxの開発を分析し、「伽藍とバザール」を著した。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たアンドリュー・タネンバウム

    MINIXは、高価ではないUnixライクなオペレーティングシステムである。アンドリュー・タネンバウムによって作成され、計算機科学の教育のために設計されている。2005年のバージョン3からフリーとなり、「本格的」な使用のために再設計された。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たウィリアム・ジョリッツ

    1970年代後半から1980年代にかけて、カリフォルニア大学バークレー校のCSRGは派生版UNIXであるBSDを開発していた。1984年にUNIXがプロプライエタリに移行したため、これを自由に公開することができなくなっていた。以前のBSDからAT&Tからのライセンスが必要な部分を削り、必要な部分を書き直した4.3BSD Net/2をベースに、386で実際に動かすために必要なコードを補いウィリアム・ジョリッツらが1992年にリリースしたのが386BSDで、NetBSDやFreeBSDの祖先である。市場において、マルチプロセス・メモリ保護など、近代的なOSの実装が可能となる機能を搭載した安価な32bitパーソナルコンピュータが普及しはじめ、UNIXがパーソナルコンピュータで動くものとなる可能性があったことが、こうした広義のPC-UNIXの移植や開発をスタートさせた大きな要因であり、Linuxもまたそれらの現象のうちの1つだった。リーナス・トーバルスは、当時386BSDが入手可能であったならば、自分はLinuxを作っていなかっただろうと発言している。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たUnix

    Unixオペレーティングシステムは、米国AT&Tのベル研究所で1969年に考案・実装された。1971年に初めて公開され、初期はアセンブリ言語のみで実装されていた(当時はそれが一般的なやり方だった)。その後、Unixは1973年にC言語で書きなおされた。オペレーティングシステムを高級言語で記述するという先駆的な試みは、他のプラットフォームへの移植を容易にした。AT&Tは、反独占訴訟に対する1954年の同意判決によってコンピュータビジネスへの参入を禁じられており、なおかつこの同意判決では、電話以外の技術は「要求する者すべて」にライセンスを供与しなければならないと定められていた。開発者達はこれに素直に従って、求める者に対してUnixのソースコードを提供した。 これによってUnixは即座に成長し、大学やビジネス界などで広く受けいれられることとなった。AT&Tの独占状態は1984年に解体され、ベル研究所はウェスタン・エレクトリックの傘下になった。これによって法的な制限がなくなったため、ベル研究所はUnixをプロプライエタリ製品として販売しはじめた。Linux フレッシュアイペディアより)

231件中 11 - 20件表示

「Linux」のニューストピックワード