231件中 61 - 70件表示
  • Linux

    Linuxから見たMINIX

    MINIXは、高価ではないUnixライクなオペレーティングシステムである。アンドリュー・タネンバウムによって作成され、計算機科学の教育のために設計されている。2005年のバージョン3からフリーとなり、「本格的」な使用のために再設計された。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たデバイスドライバ

    GNUプロジェクトは1983年にリチャード・ストールマンによって開始され、フリーソフトウェアのみによって「完全なUnix互換ソフトウェアシステム」を作り上げることをプロジェクトのゴールとしていた。作業は1984年より開始され、1985年にはストールマンがフリーソフトウェア財団を立ち上げ、1989年には GNU General Public License (GNU GPL) を書いた。1990年代初頭までに、オペレーティングシステムに必要な多くのプログラム(ライブラリ、コンパイラ、テキストエディタ、Unixシェル、ウインドウシステム)が完成した。しかしながら低水準の要素 — デバイスドライバ、デーモン、カーネルといったものは頓挫しているか未完成であった。 リーナスは、もし当時GNUカーネルが利用できたならば、自分はLinuxを作っていなかっただろうと発言している。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たパッケージ管理システム

    リーナスはカーネル開発の指揮を続けている。 ストールマンは、フリーソフトウェア財団を率いており、こちらはGNUコンポーネントのサポートをしている。 個人や企業はサードパーティの非GNUなコンポーネントを開発している。これらのサードパーティ製コンポーネントは一連の巨大な作品群であり、カーネルモジュール、ユーザアプリケーション、ライブラリを含んでいる。各Linuxベンダやコミュニティは、カーネル、GNUコンポーネント、非GNUコンポーネント、パッケージ管理システムをLinuxディストリビューションの形に結合し、それを頒布している。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たGNU Hurd

    GNUプロジェクトは1983年にリチャード・ストールマンによって開始され、フリーソフトウェアのみによって「完全なUnix互換ソフトウェアシステム」を作り上げることをプロジェクトのゴールとしていた。作業は1984年より開始され、1985年にはストールマンがフリーソフトウェア財団を立ち上げ、1989年には GNU General Public License (GNU GPL) を書いた。1990年代初頭までに、オペレーティングシステムに必要な多くのプログラム(ライブラリ、コンパイラ、テキストエディタ、Unixシェル、ウインドウシステム)が完成した。しかしながら低水準の要素 — デバイスドライバ、デーモン、カーネルといったものは頓挫しているか未完成であった。 リーナスは、もし当時GNUカーネルが利用できたならば、自分はLinuxを作っていなかっただろうと発言している。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たライブラリ

    デスクトップやサーバ用のLinuxは、Linuxディストリビューションという形でパッケージ化されて配布されている。有名なLinuxディストリビューションとしては、Debian(とその派生であるUbuntu、Linux Mint)、Fedora(とその派生であるRed Hat Enterprise Linux、CentOS)、Mandriva/Mageia、openSUSE、Arch Linuxなどがある。各Linuxディストリビューションは、Linuxカーネル、システムソフトウェア、ライブラリ、そして通常は巨大なコンパイル済のアプリケーション群を含んでいる。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たGNU Cライブラリ

    カーネルとは別のプロジェクト群がカーネルと対話しており、システムの高水準な機能のほとんどはこれらによって提供されている。GNUが提供するユーザ空間のソフトウェア群は、Linuxシステムの重要な部分である。これらは、標準Cライブラリの最も一般的な実装(GNU Cライブラリ)、Unixシェル、Unixツールの多くを提供しており、オペレーティングシステムの基本的なタスクを実行している。ほとんどのグラフィカルユーザインタフェース (GUI) は、X Window Systemの上に構築されている。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たDebian

    デスクトップやサーバ用のLinuxは、Linuxディストリビューションという形でパッケージ化されて配布されている。有名なLinuxディストリビューションとしては、Debian(とその派生であるUbuntu、Linux Mint)、Fedora(とその派生であるRed Hat Enterprise Linux、CentOS)、Mandriva/Mageia、openSUSE、Arch Linuxなどがある。各Linuxディストリビューションは、Linuxカーネル、システムソフトウェア、ライブラリ、そして通常は巨大なコンパイル済のアプリケーション群を含んでいる。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たフリーソフトウェア財団

    ユーザ空間のシステムツールやライブラリの多くは、リチャード・ストールマンが1983年に立ち上げたGNUプロジェクトによって作られたものであるため、フリーソフトウェア財団 (FSF) はGNU/Linuxという名前を使うことを推奨している。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たopenSUSE

    デスクトップやサーバ用のLinuxは、Linuxディストリビューションという形でパッケージ化されて配布されている。有名なLinuxディストリビューションとしては、Debian(とその派生であるUbuntu、Linux Mint)、Fedora(とその派生であるRed Hat Enterprise Linux、CentOS)、Mandriva/Mageia、openSUSE、Arch Linuxなどがある。各Linuxディストリビューションは、Linuxカーネル、システムソフトウェア、ライブラリ、そして通常は巨大なコンパイル済のアプリケーション群を含んでいる。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たPython

    2001年のある研究によると、当時の Red Hat Linux には3000万行のソースコードが含まれれていた。この研究は、開発工数見積り手法であるCOCOMOを用いて、これをアメリカ内で開発した場合のコストを推定した。その推定値は 14億6万USドル (2013 USD) であった。システムの大半 (71%) のコードはC言語で書かれていたが、他の言語も多く使われていた。例えば、C++、Lisp、アセンブリ言語、Perl、Python、Fortran、そして各種のシェルスクリプトなどである。全コード中、半分をわずかに越える量のコードがGPLでライセンスされていた。Linuxカーネル自体は240万行で、これは合計の8%であった。Linux フレッシュアイペディアより)

231件中 61 - 70件表示

「Linux」のニューストピックワード