231件中 71 - 80件表示
  • Linux

    Linuxから見たシステムソフトウェア

    デスクトップやサーバ用のLinuxは、Linuxディストリビューションという形でパッケージ化されて配布されている。有名なLinuxディストリビューションとしては、Debian(とその派生であるUbuntu、Linux Mint)、Fedora(とその派生であるRed Hat Enterprise Linux、CentOS)、Mandriva/Mageia、openSUSE、Arch Linuxなどがある。各Linuxディストリビューションは、Linuxカーネル、システムソフトウェア、ライブラリ、そして通常は巨大なコンパイル済のアプリケーション群を含んでいる。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たLinux Standard Base

    今日ではLinuxの普及に伴い国際規格が策定されている。Linuxカーネルを使用し、Linux Standard Base (LSB) Core Specification (ISO/IEC 23360シリーズ) に準拠したOSが、OSとしてのLinuxであるとされている。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たアセンブリ言語

    Unixオペレーティングシステムは、米国AT&Tのベル研究所で1969年に考案・実装された。1971年に初めて公開され、初期はアセンブリ言語のみで実装されていた(当時はそれが一般的なやり方だった)。その後、Unixは1973年にC言語で書きなおされた。オペレーティングシステムを高級言語で記述するという先駆的な試みは、他のプラットフォームへの移植を容易にした。AT&Tは、反独占訴訟に対する1954年の同意判決によってコンピュータビジネスへの参入を禁じられており、なおかつこの同意判決では、電話以外の技術は「要求する者すべて」にライセンスを供与しなければならないと定められていた。開発者達はこれに素直に従って、求める者に対してUnixのソースコードを提供した。 これによってUnixは即座に成長し、大学やビジネス界などで広く受けいれられることとなった。AT&Tの独占状態は1984年に解体され、ベル研究所はウェスタン・エレクトリックの傘下になった。これによって法的な制限がなくなったため、ベル研究所はUnixをプロプライエタリ製品として販売しはじめた。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たGNOME Shell

    Linuxシステムは、概して一般消費者が気がつかない所で応用される例が多かったが、最近になってデスクトップコンピュータやノートパソコンでのLinuxの知名度は上昇しつつある。ほとんどのLinuxディストリビューションはグラフィカルインタフェースを含んでおり、例えばGNOME (シェルとしてはGNOME Shell、Unity、Cinnamonなど) や KDE(Plasma) がある。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たユーザ空間

    ユーザ空間のシステムツールやライブラリの多くは、リチャード・ストールマンが1983年に立ち上げたGNUプロジェクトによって作られたものであるため、フリーソフトウェア財団 (FSF) はGNU/Linuxという名前を使うことを推奨している。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たサーバ

    Linux(日本では一般にリナックスと発音される、詳細は後述)は、Unixライクなオペレーティングシステム (OS) の1つであり、フリーかつオープンソースなソフトウェア開発・頒布モデルのもとに構築されている。一般にはLinuxカーネルを使用しているOSのことをLinuxと呼ぶが、狭義には、1991年10月にリーナス・トーバルズによって開発が開始されたLinuxカーネルそのものを指す。Linuxは非常に広範なプラットフォームに対応しており、サーバ、組み込みシステム(携帯電話やテレビなど)、デスクトップ、メインフレーム、スーパーコンピュータなどあらゆる用途で使用されている。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たFortran

    2001年のある研究によると、当時の Red Hat Linux には3000万行のソースコードが含まれれていた。この研究は、開発工数見積り手法であるCOCOMOを用いて、これをアメリカ内で開発した場合のコストを推定した。その推定値は 14億6万USドル (2013 USD) であった。システムの大半 (71%) のコードはC言語で書かれていたが、他の言語も多く使われていた。例えば、C++、Lisp、アセンブリ言語、Perl、Python、Fortran、そして各種のシェルスクリプトなどである。全コード中、半分をわずかに越える量のコードがGPLでライセンスされていた。Linuxカーネル自体は240万行で、これは合計の8%であった。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たメインフレーム

    Linux(日本では一般にリナックスと発音される、詳細は後述)は、Unixライクなオペレーティングシステム (OS) の1つであり、フリーかつオープンソースなソフトウェア開発・頒布モデルのもとに構築されている。一般にはLinuxカーネルを使用しているOSのことをLinuxと呼ぶが、狭義には、1991年10月にリーナス・トーバルズによって開発が開始されたLinuxカーネルそのものを指す。Linuxは非常に広範なプラットフォームに対応しており、サーバ、組み込みシステム(携帯電話やテレビなど)、デスクトップ、メインフレーム、スーパーコンピュータなどあらゆる用途で使用されている。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たカーネル

    GNUプロジェクトは1983年にリチャード・ストールマンによって開始され、フリーソフトウェアのみによって「完全なUnix互換ソフトウェアシステム」を作り上げることをプロジェクトのゴールとしていた。作業は1984年より開始され、1985年にはストールマンがフリーソフトウェア財団を立ち上げ、1989年には GNU General Public License (GNU GPL) を書いた。1990年代初頭までに、オペレーティングシステムに必要な多くのプログラム(ライブラリ、コンパイラ、テキストエディタ、Unixシェル、ウインドウシステム)が完成した。しかしながら低水準の要素 — デバイスドライバ、デーモン、カーネルといったものは頓挫しているか未完成であった。 リーナスは、もし当時GNUカーネルが利用できたならば、自分はLinuxを作っていなかっただろうと発言している。Linux フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たブートローダ

    ブートローダ - GRUBなど。コンピュータの電源を入れたときに実行され、Linuxカーネルをメモリ上にロードする。Linux フレッシュアイペディアより)

231件中 71 - 80件表示

「Linux」のニューストピックワード