MDMA ニュース&Wiki etc.

3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン (3,4-methylenedioxymethamphetamine) とは、合成麻薬の一種。略称として MDMA、他に エクスタシー(EcstasyまたはXTC)という通称を持つ。なおエクスタシーは、錠剤型麻薬の通称としても使われる。 (出典:Wikipedia)

「MDMA」Q&A

  • Q&A

    大麻とコカインとLSDとMDMAと覚醒剤を同時にやったらどうなりますか? 死にますか…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月1日 17:50

  • Q&A

    薬物について ヘロイン、コカイン、MDMA、大麻、メタンフェタミン、アンフェタミン、…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月28日 23:41

  • Q&A

    住吉会系幸平一家下部組織大昇は壊滅しますか? 東京・新宿の歌舞伎町周辺で覚醒剤などを…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月6日 06:32

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「メチレンジオキシメタンフェタミン」のつながり調べ

  • 麻薬

    麻薬から見たメチレンジオキシメタンフェタミン

    数々の議論があったが、現在ではほとんどの科学者は MDMA の神経毒性に同意を示している。(麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 幻覚剤

    幻覚剤から見たメチレンジオキシメタンフェタミン

    メスカリンは、1898年前後にドイツ人化学者のヘフターが発見し、1919年にE・シュペートが合成した。1912年、ドイツのメルク社がメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)を合成したが社外に発表されなかった。1938年にスイスのサンドス研究所(現・ノバルティス)の化学者であるアルバート・ホフマンがリゼルグ酸ジエチルアミド(LSD-25)を合成し、その後5年間研究されなかったが1943年に再びとりあげたところ、おそらく指の皮膚から吸収され偶然に幻覚作用が発見された。ホフマンによる幻覚の内容は、視覚に入るものは歪曲し、強烈な色彩が万華鏡のように変化し、音にあわせて視覚が変化するというものであった。(幻覚剤 フレッシュアイペディアより)

「メチレンジオキシメタンフェタミン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ