前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • オランダの薬物政策

    オランダの薬物政策から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    オランダでは、ハードドラッグとソフトドラッグが明確に区別されている。オランダアヘン法(Opiumwet)では2つのカテゴリ(Lijst)を設けており、カテゴリIをハードドラッグ、カテゴリIIをソフトドラッグとしている。アヘン法に基づくハードドラッグとは、「容認できない」危険性を生じさせる薬物の事であり、ヘロインやコカイン、エクスタシーなどを指す。また、ソフトドラッグとはマリファナ(大麻の葉や花を乾燥させた物)やハシシ(大麻樹脂)などの大麻加工品やマジックマッシュルームなどを指している。薬物の分類は、物質の精神的中毒性もしくは肉体的中毒性があるかどうかに基づき定められた。言い換えれば、薬物離脱時の穏やかな摂取欲より悪い弊害を伴わない精神的中毒性の薬物、もしくは、危険な禁断症状および恒久的な肉体的損傷を生じるという確証がない肉体的中毒性の薬物は、取り締まらない。この政策の主要な目的の一つは、ソフトドラッグ使用者がハードドラッグに接する可能性を低くする為に、ソフトドラッグとハードドラッグの市場を分離することにある。また、犯罪の影響をソフトドラッグ市場から取り除き、犯罪を減少させる事も目的としている。オランダの薬物政策 フレッシュアイペディアより)

  • 覚醒剤

    覚醒剤から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    覚醒剤は粉末状では白色、結晶状では無色透明になるが、他の興奮・覚醒薬などを混ぜたことにより着色されたものも乱用されており、赤色は「Strawberry Quick」(ストロベリー・クイック)、ピンク色は「Pink Panther」(ピンクパンサー)などと呼ばれている。これらは、その色合いと名称から抵抗感が少なく、10代や20代の若い世代も遊び感覚で手を出しやすい。日本の乱用者は白色粉末や透明結晶状の高純度の覚醒剤を好むため、着色されたものが日本に密輸されることは少ないが、MDMAやカフェインなどと覚醒剤との混合錠剤(ヤーバーなど)の多くは着色されており、これらの日本への密輸は近年増加している。覚醒剤 フレッシュアイペディアより)

  • デザイナードラッグ

    デザイナードラッグから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    この用語はもともと、1980年代にヘロインに構造が似た数々のフェンタニル系合成麻薬に言及するため、アメリカ当局が利用し始めたものである。アメリカでこの用語が知名度を得たのは、1980年代中盤のMDMAの流行時であった。デザイナードラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    数々の議論があったが、現在ではほとんどの科学者は MDMA の神経毒性に同意を示している。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 幻覚剤

    幻覚剤から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    1960年代に、化学者のアレクサンダー・サーシャ・シュルギンがMDMAを合成したが他の強い作用をもたらす化合物を探していたため研究されず、1973年に別の研究者がサーシャの方法で合成し広まっていった。幻覚剤 フレッシュアイペディアより)

  • 幻覚剤

    幻覚剤から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    メスカリンは、1898年前後にドイツ人化学者のヘフターが発見し、1919年にE・シュペートが合成した。1912年、ドイツのメルク社がメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)を合成したが社外に発表されなかった。1938年にスイスのサンドス研究所(現・ノバルティス)の化学者であるアルバート・ホフマンがリゼルグ酸ジエチルアミド(LSD-25)を合成し、その後5年間研究されなかったが1943年に再びとりあげたところ、おそらく指の皮膚から吸収され偶然に幻覚作用が発見された。ホフマンによる幻覚の内容は、視覚に入るものは歪曲し、強烈な色彩が万華鏡のように変化し、音にあわせて視覚が変化するというものであった。幻覚剤 フレッシュアイペディアより)

  • Tokyo Real

    Tokyo Realから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    女子高生・本城アヤは、クラブでプッシャー(ドラッグの売人)と知り会った事を機に、好奇心でドラッグ(MDMA)を始める。そんなある日、アヤはクラブで桐嶋ナオヤと出会って次第に惹かれあい、付き合い始める。アヤはナオヤの為にもドラッグを辞めようとするが、ドラッグの誘惑も断ち切れず、次第に依存していく。Tokyo Real フレッシュアイペディアより)

  • 2C-I

    2C-Iから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    2C-I(にしーあい、化学:C10H14INO2)は幻覚剤の一種で、服用により幻覚作用を表す合成麻薬。白?淡褐色の結晶状の粉、柔軟性があるフワフワした感じの粉などが日本において流通している物の外観。フェネチルアミン系の薬物であるため、2C-BやMDMAのデザイナードラッグと評されることも多々ある。味は苦い。2C-I フレッシュアイペディアより)

  • テクノ

    テクノから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    1988年?1989年にかけてイギリス北部でセカンド・サマー・オブ・ラヴと名づけられたドラッグとアシッド・ハウスが結びついたムーヴメントが発生する。その際シカゴ産のアシッド・ハウスの流行とともにデトロイト産のテクノも渾然一体となりイギリスへと流れ込み、ムーヴメントの初期から使われていた。この流れはイギリスからヨーロッパ全土へと徐々に拡大して行き、激しいスタイルを持った4つ打ちの音楽はそれぞれの地において地元の文化と融合し(ハードコア、ジャーマントランス、ガバ)、またはトランスなどの新たな音楽も生まれた。少しずれるがイギリスでは1990年代に入ると大規模なレイヴの頻発とその要望により、主に大げさな音色と速めのブレイクビーツを使ったレイヴという音楽も生まれている。こうして1990年代初期にはテクノはヨーロッパで刺激的な音を持つ先鋭的なダンスミュージックというイメージとともに定着していった。テクノはこの様な発展の経緯により、発祥の国アメリカではアンダーグラウンドな音楽のままにおかれ、むしろヨーロッパの国々に広く親しまれているといった状況にある。テクノ フレッシュアイペディアより)

  • MDMA

    MDMAから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    MDMA フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「MDMA」のニューストピックワード