前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • 向精神薬に関する条約

    向精神薬に関する条約から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    向精神薬に関する条約(こうせいしんやくにかんするじょうやく、Convention on Psychotropic Substances)は、アンフェタミンやメチルフェニデートといった精神刺激薬や、バルビツール酸系やベンゾジアゼピン系といった鎮静催眠薬、LSDやMDMAといった幻覚剤、またTHCといったカンナビノイドのような、向精神薬を、医療および学術における使用を確保した上で、乱用を抑止するために管理するための国際条約である。1971年に採択され、日本は1990年に加盟している。略称は、向精神薬条約。目的は本条文前文にあるように、人類の健康と福祉の懸念から発し、医療や学術上の使用を確保した上で、薬物乱用による健康および社会上の問題を抑止することである。向精神薬に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • Tokyo Real

    Tokyo Realから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    女子高生・本城アヤは、クラブでプッシャー(ドラッグの売人)と知り会った事を機に、好奇心でドラッグ(MDMA)を始める。そんなある日、アヤはクラブで桐嶋ナオヤと出会って次第に惹かれあい、付き合い始める。アヤはナオヤの為にもドラッグを辞めようとするが、ドラッグの誘惑も断ち切れず、次第に依存していく。Tokyo Real フレッシュアイペディアより)

  • オランダの薬物政策

    オランダの薬物政策から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    オランダでは、ハードドラッグとソフトドラッグが明確に区別されている。オランダアヘン法(Opiumwet)では2つのカテゴリ(Lijst)を設けており、カテゴリIをハードドラッグ、カテゴリIIをソフトドラッグとしている。アヘン法に基づくハードドラッグとは、「容認できない」危険性を生じさせる薬物の事であり、ヘロインやコカイン、エクスタシーなどを指す。また、ソフトドラッグとはマリファナ(大麻の葉や花を乾燥させた物)やハシシ(大麻樹脂)などの大麻加工品やマジックマッシュルームなどを指している。薬物の分類は、物質の精神的中毒性もしくは肉体的中毒性があるかどうかに基づき定められた。言い換えれば、薬物離脱時の穏やかな摂取欲より悪い弊害を伴わない精神的中毒性の薬物、もしくは、危険な禁断症状および恒久的な肉体的損傷を生じるという確証がない肉体的中毒性の薬物は、取り締まらない。この政策の主要な目的の一つは、ソフトドラッグ使用者がハードドラッグに接する可能性を低くする為に、ソフトドラッグとハードドラッグの市場を分離することにある。また、犯罪の影響をソフトドラッグ市場から取り除き、犯罪を減少させる事も目的としている。オランダの薬物政策 フレッシュアイペディアより)

  • 2C-I

    2C-Iから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    2C-I(にしーあい)は幻覚剤の一種で、服用により幻覚作用を表す合成化合物。フェネチルアミン系の薬物であるため、2C-BやMDMAのデザイナードラッグと評されることも多々ある。白?淡褐色の結晶状の粉、柔軟性があるフワフワした感じの粉などが日本において流通している物の外観。味は苦い。2C-I フレッシュアイペディアより)

  • デザイナードラッグ

    デザイナードラッグから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    この用語はもともと、1980年代にヘロインに構造が似た数々のフェンタニル系合成麻薬に言及するため、アメリカ当局が利用し始めたものである。アメリカでこの用語が知名度を得たのは、1980年代中盤のMDMAの流行時であった。デザイナードラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 脱法ドラッグ

    脱法ドラッグから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    フェネチルアミン骨格を持つ薬物は、フェネチルアミン系と呼ばれる。トリプタミン系と同様、多数の薬物がフェネチルアミン系である。アンフェタミンは日本の法律の覚醒剤に、メスカリン、MDMA、、、などは日本の法律の麻薬に指定されている。興奮作用をもつ覚せい剤や、幻覚剤のMDMAのデザイナードラッグである。脱法ドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 押尾学

    押尾学から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    2009年(平成21年)8月2日に六本木ヒルズの高層マンションの一室で、愛人の銀座ホステスと共に合成麻薬MDMAを服用。容態が急変したホステスを放置し、保身のため救急車も呼ばず死に至らしめた保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕。証拠隠滅を図り、死人に罪をなすりつけようとするなど悪質性が見られたため、懲役2年6月の実刑判決を受けた。押尾学 フレッシュアイペディアより)

  • 離脱

    離脱から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    DSM-IVでは、大麻、幻覚剤、カフェイン、吸入剤については、離脱時の症状が顕著ではないので、診断基準は設けられていない。しかしながら、個々の薬物誘発性障害においては、たとえば薬物誘発性睡眠障害の項に、カフェイン離脱中の過眠症など個々の薬物が説明されている場合がある。特に離脱が生じることが臨床上判明していないことが原因なのが、幻覚剤であり、幻覚剤の分類にはMDMAも含まれる。離脱 フレッシュアイペディアより)

  • 精神科の薬

    精神科の薬から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    このためこれまで異なった作用機序を持つ、従来からある医薬品に再び焦点が当たっている。アメリカでは麻酔薬のケタミンを治療抵抗性のうつ病に投与するクリニックが登場している。イギリスでは、医学研究審議会(MRC)の資金提供を受け、2015年に(マジックマッシュルームの成分)シロシビンを治療抵抗性うつ病の治療に用いる研究が開始され、結果は12人の約半分は服用体験から3週間後に寛解に達した(うつ病の基準を満たさなかった)。MDMAを用いた心理療法の治験が進行しており、また大麻の成分であるカンナビジオール (CBD) は、抗精神病薬の特性が報告されている。精神科の薬 フレッシュアイペディアより)

  • 幻覚剤

    幻覚剤から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    1960年代に、化学者のアレクサンダー・サーシャ・シュルギンがMDMAを合成したが他の強い作用をもたらす化合物を探していたため研究されず、1973年に別の研究者がサーシャの方法で合成し広まっていった。幻覚剤 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「MDMA」のニューストピックワード

  • 太陽光発電システム

  • 2030年ごろには電気自動車(EV)でなく、燃料電池車昭広社長。

  • GRAND FILANO HYBRID(グランドフィラーノハイブリッド)