102件中 11 - 20件表示
  • 幻覚剤

    幻覚剤から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    典型的な幻覚剤は、LSDや、シロシビンを含むマジックマッシュルーム、メスカリンを含むペヨーテなどのサボテン、DMTとハルミンの組み合わせであるアヤワスカである。MDMAはこれらとは異なる共感能力や親密感の向上作用を持つ。これらは主にセロトニン作動性である。DSM-5では、ケタミンは解離作用が強いため幻覚剤の下位の別の分類に分けられ、大麻は幻覚剤に含めない。ケタミンなどの解離性麻酔薬はグルタミン酸を阻害する(NMDA)。幻覚剤 フレッシュアイペディアより)

  • 精神刺激薬

    精神刺激薬から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    やメタンフェタミンを含むアンフェタミン類、コカイン、カフェインや他のキサンチン類、ニコチン、メチルフェニデートが含まれる。ということは、日本におけるアンフェタミン類の覚醒剤を含むものである。のような新規向精神薬(NPDs)のデザイナードラッグも含む。MDMAは化学構造としてアンフェタミン類に分類される。しかし幻覚作用を有し特性が異なる。精神刺激薬 フレッシュアイペディアより)

  • 向精神薬

    向精神薬から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    精神刺激薬 - コカイン、ニコチン、カフェイン、アンフェタミンやメタンフェタミンやメチルフェニデート、MDMA向精神薬 フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    欧米では、MDMAを心的外傷後ストレス障害 (PTSD) の治療薬として役立てようとする動きもあり、治験が進行中である。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • テクノ

    テクノから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    1988年?1989年にかけてイギリス北部でセカンド・サマー・オブ・ラヴと名づけられたドラッグとアシッド・ハウスが結びついたムーヴメントが発生する。その際シカゴ産のアシッド・ハウスの流行とともにデトロイト産のテクノも渾然一体となりイギリスへと流れ込み、ムーヴメントの初期から使われていた。この流れはイギリスからヨーロッパ全土へと徐々に拡大して行き、激しいスタイルを持った4つ打ちの音楽はそれぞれの地において地元の文化と融合し(ハードコア、ジャーマントランス、ガバ)、またはトランスなどの新たな音楽も生まれた。少しずれるがイギリスでは1990年代に入ると大規模なレイヴの頻発とその要望により、主に大げさな音色と速めのブレイクビーツを使ったレイヴという音楽も生まれている。こうして1990年代初期にはテクノはヨーロッパで刺激的な音を持つ先鋭的なダンスミュージックというイメージとともに定着していった。テクノはこの様な発展の経緯により、発祥の国アメリカではアンダーグラウンドな音楽のままにおかれ、むしろヨーロッパの国々に広く親しまれているといった状況にある。テクノ フレッシュアイペディアより)

  • MDMA

    MDMAから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    MDMA フレッシュアイペディアより)

  • エクスタシー (覚醒剤)

    エクスタシー (覚醒剤)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    エクスタシー (覚醒剤) フレッシュアイペディアより)

  • エクスタシー (薬物)

    エクスタシー (薬物)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    エクスタシー (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • セカンド・サマー・オブ・ラブ

    セカンド・サマー・オブ・ラブから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    音楽のスタイルとしてはアシッド・ハウスと呼ばれるものが中心で、各地で大規模なレイヴが開催された。ドラッグ文化と強く結びついていることから、かつてのヒッピー・ムーブメントになぞらえられた名称となった。それまでのコンサート会場で演奏されていたロック、レコード会社の主導による商業的な音楽と異なり、人里はなれた野外や廃屋や倉庫で開かれるDJたちと参加者による非商業的な手作りのレイヴを中心としたシーンであった。当時の閉塞していた音楽シーンやイギリスの若者に衝撃を与えたのは、その参加者主導というDIY精神と、それまでのイギリスにはなかった開放感、連帯感である。これには当時爆発的に流行した多幸系ドラッグ、エクスタシーの影響もあった。何千人もの若者が週末ごとに、口コミによって辺境のレイヴ開催地へと集まり、知らない人間同士が抱き合い肩を組んで巨大なスピーカーから大音量で流れる無名のDJの掛ける未知の音楽に狂乱し踊り明かすという、以前のイギリスでは考えられないような生活スタイルを生み出した。この動きはすぐにヨーロッパ大陸にも広がり、フランスやベルギー、ドイツなどでも同種のレイヴが開催されるようになった。セカンド・サマー・オブ・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • ナイト・トーキョー・デイ

    ナイト・トーキョー・デイから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    尚、本作品の撮影には押尾学も出演していたが、本人による合成麻薬MDMAの所持・服用による(※:いわゆる押尾学事件)によって本人出演部分が日本版では全てカットされ、編集されている。オリジナル版には押尾学が登場するシーンも収録。ナイト・トーキョー・デイ フレッシュアイペディアより)

102件中 11 - 20件表示

「MDMA」のニューストピックワード

  • 太陽光発電システム

  • 2030年ごろには電気自動車(EV)でなく、燃料電池車昭広社長。

  • GRAND FILANO HYBRID(グランドフィラーノハイブリッド)