60件中 11 - 20件表示
  • エクスタシー (覚醒剤)

    エクスタシー (覚醒剤)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    エクスタシー (覚醒剤) フレッシュアイペディアより)

  • エクスタシー (薬物)

    エクスタシー (薬物)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    エクスタシー (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • ダンスパーティー

    ダンスパーティーから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    興奮を高めるためにエクスタシー(MDMA)などの違法な薬物乱用が行われる場合もあり、社会問題となることがある。ダンスパーティー フレッシュアイペディアより)

  • ハードドラッグとソフトドラッグ

    ハードドラッグとソフトドラッグから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンやカフェインもソフトドラッグに含まれることがある。ハードドラッグとソフトドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • メチオプロパミン

    メチオプロパミンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    MDMAなどと比べ多幸感は少ないかほとんど無い。メチオプロパミン フレッシュアイペディアより)

  • ヤーバー

    ヤーバーから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    品質は様々でほとんどが経口投与用、もしくは吸入用に製造されている。ラオスからのもので注射器で摂取するものもある。この混合違法薬物はタイでは特にポピュラーなもので、隣国のミャンマーから輸入している。近年は移民のアメリカ住民間で使われており、MDMAに代わるクラブドラッグとして使われることもある。ヤーバー フレッシュアイペディアより)

  • タイの違法産業

    タイの違法産業から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    1980年代から、タイ国軍によるケシ畑の掃討と国際NGO、政府援助、王室プロジェクトによる代替作物の導入が進むと、ケシ栽培面積を急激に減り、現在国内でケシ畑はほとんど見られなくなった。国境近辺でも政情が比較的安定し、クン・サの軍が解散、シャン族も覚醒剤やエクスタシーなどの生産に切り替えた。この傾向は減少に寄与した。タイの違法産業 フレッシュアイペディアより)

  • 黒野忍

    黒野忍から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    混迷する薬物問題合法ドラッグの提唱をしている。『ドラッグソウル』において薬物乱用への危険を警鐘し、挑発的な口語により国内初の「MDMAで人は死んでいる。」と述べる。合法ドラッグ肯定よりむしろ、エンドユーザーの生命を最重視。「危ないとおもったら救急車を呼べ」「死ぬより逮捕されるほうがいい」は他のサブカルチャーライターと異なる。また同著において故人青山正明への問いかけがなされている。黒野忍 フレッシュアイペディアより)

  • シェイメン

    シェイメンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    その後、1992年に『Boss Drum』を発表。その内、シングル化された「Ebeneezer Goode」は歌詞が薬物使用を促すような内容(「Ezer Goode」を繰り返して歌うが、同音異義語で「E's are good」(「Eはよい」(Eとはエクスタシーの隠語)と解釈できる)で、その結果、BBCの音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップス内のTop 5 Drug Songsに選ばれてしまった。だが、全英チャート1位を4週間記録した。当時、フジテレビで深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』では、「Ebeneezer Goode」だけでなく、「Boss Drum」もUKシングルチャートNo.1を獲得した。シェイメン フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ドナルド

    ハワード・ドナルドから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    2007年に大麻の使用を合法化すべきだと主張し論争の的となった。彼曰く「多くの人が酔っ払うためではなく薬でハイになるために外出すれば、喧嘩も問題も暴力も少なくなるだろう」とのこと。また以前にエクスタシー中毒だったことも認めている。ハワード・ドナルド フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「MDMA」のニューストピックワード