102件中 21 - 30件表示
  • ウェンデル・ブライアント

    ウェンデル・ブライアントから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    2002年のNFLドラフト1巡目でアリゾナ・カージナルスに指名されて5年750万ドル(550万ドルのサインボーナスを含む)で契約を結び入団、2004年まで3シーズンプレーした。2002年シーズン終了後、マリファナの陽性反応が出たため、NFLのドラッグプログラムを受けた。2003年にもマリファナの陽性反応が出た。また、ウィスコンシン州で、酒気帯び運転で逮捕された。このため、2004年は、開幕から4試合の出場停止処分を受けた。2005年、当時ヘッドコーチだったデニス・グリーンを始め、チームは彼をサポートしようと忠告したが、ブライアントはこれを聞き入れず、パーティーで、エクスタシーを服用した。翌日、NFLは薬物検査を行い、通算3度目の陽性反応が出たため、2005年シーズンは出場停止処分を受け、カージナルスも彼を解雇した。その後彼が、NFLに復帰することはなかった。3シーズンでの出場は、先発9試合を含む29試合であった。ウェンデル・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • ジスキネジア

    ジスキネジアから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    薬剤性にパーキンソン病を起こさせた霊長類を使った実験では、メチレンジオキシメタンフェタミン (MDMA) の投与がジスキネジアを減らしつつレボドパの効果を増強することが示されている。ジスキネジア フレッシュアイペディアより)

  • 3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン

    3,4-メチレンジオキシメタンフェタミンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシ基

    メチレンジオキシ基から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシ基(Methylenedioxy)は、R-O-CH2-O-R'という構造式の官能基で、分子の他の部分とは2本の結合で結ばれている。メチレンジオキシ基は、2つの酸素原子がメチレン結合(-CH2-)に結合している。メチレンジオキシ基は、通常、フェニル基のような芳香族構造と結合してメチレンジオキシフェニル基やベンゾジオキソール基を形成し、サフロール等の天然物やタダラフィル、MDMA、ピペロニルブトキシド等の薬品に広く含まれる。メチレンジオキシ基 フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシ基

    メチレンジオキシ基から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    シトクロムP450スーパーファミリーの酵素は、隣接したフェノールとメトキシ基の間を閉じて、メチレンジオキシ結合を形成することができる。この過程で形成された化合物の例としては、カナジンやベルベリンがある。同様に、別の種類の酵素によるortho-脱メチレン化によって、結合を開くこともできる。この過程は、MDMAやMDAの代謝の際に起こる。メチレンジオキシ基 フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ドナルド

    ハワード・ドナルドから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    2007年に大麻の使用を合法化すべきだと主張し論争の的となった。彼曰く「多くの人が酔っ払うためではなく薬でハイになるために外出すれば、喧嘩も問題も暴力も少なくなるだろう」とのこと。また以前にエクスタシー中毒だったことも認めている。ハワード・ドナルド フレッシュアイペディアより)

  • アネトール

    アネトールから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    アネソールは、パラメトキシアンフェタミン (p-methoxyamphetamine, PMA) の前駆体である。PMAはエクスタシー錠剤として売られることがあり、しばしば死亡事故の原因となっている。アネトール フレッシュアイペディアより)

  • タイの違法産業

    タイの違法産業から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    1980年代から、タイ国軍によるケシ畑の掃討と国際NGO、政府援助、王室プロジェクトによる代替作物の導入が進むと、ケシ栽培面積を急激に減り、現在国内でケシ畑はほとんど見られなくなった。国境近辺でも政情が比較的安定し、クン・サの軍が解散、シャン族も覚醒剤やエクスタシーなどの生産に切り替えた。この傾向は減少に寄与した。タイの違法産業 フレッシュアイペディアより)

  • 恋愛至上主義

    恋愛至上主義から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    フェニルエチルアミン(PEA) - 恋愛感情の源である事が医学的に証明された脳内神経伝達物質であり、フェネチルアミンの一種。媚薬の主成分とも言われ、人工的に生成した同成分を多く含む違法薬物(覚醒剤・LSD・MDMA)悪用の温床ともなっている。チーズやチョコレートなどでも食物摂取可能だが、含有量は少ない。恋愛至上主義 フレッシュアイペディアより)

  • FRONT MISSION

    FRONT MISSIONから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    街のグラフィックには、ある種の隠語(LSD,XTC)が登場する。これは主にプランナーの原正憲によるもので、後にディレクターを務める『FRONT MISSION ALTERNATIVE』にこの作家性が踏襲されている。なお、一部WAP名に不適切な隠語があるため、『1ST』以降では変更されている。FRONT MISSION フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「MDMA」のニューストピックワード