60件中 21 - 30件表示
  • ワールド・イン・モーション (曲)

    ワールド・イン・モーション (曲)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    1990年、イタリアで開催されたサッカーワールドカップにおける、イングランド代表の公式応援歌としてリリースされ、同年6月3日付け全英シングルチャートで第1位を記録した(2012年現在、彼らにとって唯一の全英ヒットチャート1位を記録したシングルである)。もともとの曲名は「E for England」だったが、ドラッグのエクスタシーを連想させるため、イングランドサッカー協会が変更を求めた。歌詞の執筆には、イギリスのコメディアン、キース・アレンも加わった。ワールド・イン・モーション (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 恋愛至上主義

    恋愛至上主義から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    PEA(フェニルエチルアミン) - 恋愛感情の源である事が医学的に証明された脳内神経伝達物質であり、フェネチルアミンの一種。媚薬の主成分とも言われ、人工的に生成した同成分を多く含む違法薬物(覚醒剤・LSD・MDMA)悪用の温床ともなっている。チーズやチョコレートなどでも食物摂取可能だが、含有量は少ない。恋愛至上主義 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・シュルギン

    アレクサンダー・シュルギンから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    特に、ドイツの製薬会社メルク社が1920年代にはじめて合成したが広く製品化されることのなかったMDMAに注目し、60年代に再合成したことで有名である。その他には、長時間作用するDOM(俗称STP)や、聴覚のみに変化をもたらすDIPT、もともとは精神療法に利用されていた2C-Bなどがある。アレクサンダー・シュルギン フレッシュアイペディアより)

  • 2010年中国における日本人死刑執行問題

    2010年中国における日本人死刑執行問題から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    また、中国の著名歌手で2008年の北京オリンピックの聖火ランナーを務めた満文軍は、2009年5月19日に妻の誕生日に合わせて合成麻薬MDMAでパーティーを友人の芸能人を集めて開いていたところ当局に逮捕されたが、初犯という理由で拘留14日で釈放され、さらに20日後にはテレビ出演して謝罪するなど、日本では考えられないような「寛大」さであったという。2010年中国における日本人死刑執行問題 フレッシュアイペディアより)

  • アネトール

    アネトールから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    アネソールは咳止め(去痰薬)として作用する。弱い抗菌剤としても働く。弱い毒性を持ち、大量に摂取すると有害な作用をもたらすこともあるとされる。ラットを用いた実験では、肝臓の再生能力を活性化させ、高用量では鎮痙薬としても働くと報告されている。アネソールは合成麻薬であるパラメトキシアンフェタミン (p-methoxyamphetamine, PMA) の前駆体である。PMAは「エクスタシー」(錠剤型麻薬の総称)として売られることがあり、しばしば死亡事故の原因となっている。アネトール フレッシュアイペディアより)

  • オイゲノール

    オイゲノールから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    オイゲノールはMDMAなどのフェネチルアミン類の密造にも使用される。また、クレテック(チョウジタバコ)の活性成分はオイゲノールとニコチンである。オイゲノール フレッシュアイペディアより)

  • イースト17

    イースト17から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    1997年にメンバーのハーベイが麻薬の一種であるエクスタシー12個を一晩で摂取したことを告白。インタビューでは、「楽しかったし、エクスタシーは自分を良い人にする。」と発言しグループのイメージを一瞬にして傷つけた。この後、モルティマーが他のメンバーとは別であるということを証明するため、グループから脱退した。イースト17 フレッシュアイペディアより)

  • FRONT MISSION

    FRONT MISSIONから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    街のグラフィックには、ある種の隠語(LSD,XTC)が登場する。これは主にプランナーの原正憲によるもので、後にディレクターを務める『FRONT MISSION ALTERNATIVE』にこの作家性が踏襲されている。なお、一部WAP名に不適切な隠語があるため、『1ST』以降では変更されている。FRONT MISSION フレッシュアイペディアより)

  • セカンド・サマー・オブ・ラブ

    セカンド・サマー・オブ・ラブから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    音楽のスタイルとしてはアシッド・ハウスと呼ばれるものが中心で、各地で大規模なレイヴが開催された。ドラッグ文化と強く結びついていることから、かつてのヒッピー・ムーブメントになぞらえられた名称となった。それまでのコンサート会場で演奏されていたロック、レコード会社の主導による商業的な音楽と異なり、人里はなれた野外や廃屋や倉庫で開かれるDJたちと参加者による非商業的な手作りのレイヴを中心としたシーンであった。当時の閉塞していた音楽シーンやイギリスの若者に衝撃を与えたのは、その参加者主導というDIY精神と、それまでのイギリスにはなかった開放感、連帯感である。これには当時爆発的に流行した多幸系ドラッグ、エクスタシーの影響もあった。何千人もの若者が週末ごとに、口コミによって辺境のレイヴ開催地へと集まり、知らない人間同士が抱き合い肩を組んで巨大なスピーカーから大音量で流れる無名のDJの掛ける未知の音楽に狂乱し踊り明かすという、以前のイギリスでは考えられないような生活スタイルを生み出した。この動きはすぐにヨーロッパ大陸にも広がり、フランスやベルギー、ドイツなどでも同種のレイヴが開催されるようになった。セカンド・サマー・オブ・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • ナイト・トーキョー・デイ

    ナイト・トーキョー・デイから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    尚、本作品の撮影には押尾学も出演していたが、本人による合成麻薬MDMAの所持・服用による(※:いわゆる押尾学事件)によって本人出演部分が日本版では全てカットされ、編集されている。オリジナル版には押尾学が登場するシーンも収録。ナイト・トーキョー・デイ フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「MDMA」のニューストピックワード