102件中 31 - 40件表示
  • 黒野忍

    黒野忍から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    混迷する薬物問題合法ドラッグの提唱をしている。『ドラッグソウル』において薬物乱用への危険を警鐘し、挑発的な口語により国内初の「MDMAで人は死んでいる。」と述べる。合法ドラッグ肯定よりむしろ、エンドユーザーの生命を最重視。「危ないとおもったら救急車を呼べ」「死ぬより逮捕されるほうがいい」は他のサブカルチャーライターと異なる。また同著において故人青山正明への問いかけがなされている。黒野忍 フレッシュアイペディアより)

  • ヤーバー

    ヤーバーから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    品質は様々でほとんどが経口投与用、もしくは吸入用に製造されている。ラオスからのもので注射器で摂取するものもある。この混合違法薬物はタイでは特にポピュラーなもので、隣国のミャンマーから輸入している。近年は移民のアメリカ住民間で使われており、MDMAに代わるクラブドラッグとして使われることもある。ヤーバー フレッシュアイペディアより)

  • 薬物に関する独立科学評議会

    薬物に関する独立科学評議会から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    同時にグループが発足し、それはケタミンの危険性警告を増やすことや、エクスタシーや大麻といった幻覚剤についての現行の当局の危険性推定を格下げすることを盛り込むことが有力な最優先事項だと報告された。薬物に関する独立科学評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 薬物に関する独立科学評議会

    薬物に関する独立科学評議会から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    Drugs Live:2012年9月26日と27日に、チャンネル4においてエクスタシー試験の二部構成のTVドキュメンタリーが放送された。この番組は、チャンネル4が資金提供した脳におけるMDMA(エクスタシー)の作用についてのfMRI試験を公開した。この研究の主な研究者は、ISCDのメンバーのヴァル・カランで、議長のデビッド・ナットも番組中にゲストとして登場した。カランとナットは、ボランティアがfMRIスキャナーの中に入り、二重盲検でそれぞれ83 mgのMDMAか偽薬を服用するというインペリアル・カレッジ・ロンドンにおける研究を監督した。薬物に関する独立科学評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 3,4-メチレンジオキシフェニルプロパン-2-オン

    3,4-メチレンジオキシフェニルプロパン-2-オンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    MDP2Pは、メチレンジオキシメタンフェタミン(3,4-メチレンジオキシ-N-メチルアンフェタミン、MDMA)等の、メチレンジオキシフェニルアミン化合物(MDXX)の化学合成の前駆体となる。また、MDxx化合物とサフロール、イソサフロールの間の反応中間体となる。MDxxと関連があるため、MDP2Pやサフロール、イソサフロールは、アメリカ合衆国麻薬取締局の規制物質法の付表Iに掲載されている。3,4-メチレンジオキシフェニルプロパン-2-オン フレッシュアイペディアより)

  • ハードドラッグとソフトドラッグ

    ハードドラッグとソフトドラッグから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンやカフェインもソフトドラッグに含まれることがある。ハードドラッグとソフトドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • アマンダ・フィールディング

    アマンダ・フィールディングから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    ベックリー財団を通じて、大麻、MDMA、幻覚剤のような向精神薬を調査する科学的研究に関わった。アマンダ・フィールディング フレッシュアイペディアより)

  • 散瞳

    散瞳から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    コカインやメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA、エクスタシー)は神経シナプス内のノルアドレナリン再取り込みを抑制する。コカイン溶液が眼に滴下されればノルアドレナリンは神経によって再吸収されず、濃度は上昇する。散瞳 フレッシュアイペディアより)

  • 5-ヨード-2-アミノインダン

    5-ヨード-2-アミノインダンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    ネズミの実験で、5-IAIは完全にメチレンジオキシメタンフェタミンの代替となり、ヒトにエンタクトゲンとして作用すると考えられている。5,6-メチレンジオキシ-2-アミノインダンや5-メトキシ-6-メチル-2-アミノインダン等の他の2-アミノインダン誘導体と異なり、5-IAIは、ラットでいくらかのセロトニン性の神経毒性を示すが、アンフェタミンのホモログであるパラヨードアンフェタミンと比べるとかなり低く、観測される障害が統計的優位性に達することは滅多にない。5-ヨード-2-アミノインダン フレッシュアイペディアより)

  • ベンラファキシン

    ベンラファキシンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    時に致死的なセロトニン症候群(セロトニン毒性として分類される)がベンラファキシン治療中、特にセロトニン作動薬の併用時に発生することがある。併用薬はSSRIやSNRIに限らず、多くの幻覚剤(トリプタミン類やフェネチルアミン類、すなわちLSD/LSA、DMT、MDMA、メスカリン)、 デキストロメトルファン(DXM)/(DXO)、トラマドール、、ペチジン(メペチジン)、トリプタンのほか、セロトニンの代謝を阻害する薬剤(MAO阻害薬を含む)でも発生する。セロトニン症候群では精神状態の変容(易怒性、幻覚、昏睡)、自律神経の不安定(頻脈、血圧の不安定、異常高熱)、神経筋の異常(反射亢進、協調運動失調)および/または、消化器系症状(嘔気、嘔吐、下痢)が起こる。ベンラファキシン誘発性セロトニン症候群が単剤過量投与した症例で報告されている。全ての症状が出揃わない不完全なセロトニン症候群がベンラファキシン中用量(150mg/日)服用例で報告されている。低用量ベンラファキシン(37.5mg/日)でもセロトニン症候群が発生した例が報告されている。ベンラファキシン フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「MDMA」のニューストピックワード