60件中 31 - 40件表示
  • フェネチルアミン

    フェネチルアミンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    エンパソーゲン・エンタコーゲン (empathogen-entactogens) — MDMA(エクスタシー)、MDAフェネチルアミン フレッシュアイペディアより)

  • ダメ。ゼッタイ。

    ダメ。ゼッタイ。から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    「ダメ。ゼッタイ。」のキャンペーンには正確な情報を掲載するという目的があるが、アメリカ14州で医療大麻が認可されていることや、LSDをがん終末期の患者に投与したりMDMAを心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に用いたりするなど幻覚剤が医療目的で研究されているといった情報は載せられていない。ダメ。ゼッタイ。 フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・カルデロン

    フェリペ・カルデロンから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    大統領側も行政や警察組織を総動員し、密売組織からの恐喝、癒着により行政機能しない場合には、警察幹部や州知事すらも逮捕するという不退転の姿勢で臨み、軍隊の投入も各都市で行われている。アメリカとの共同作戦だけでも、2009年2月までに麻薬組織の幹部級を含めた約750人を逮捕、マネーロンダリングを試みた現金約5900万ドル、コカイン1万2000キロ、覚醒剤544キロ、MDMA130万錠などが押収されるという成果を収める一方、軍や警察官の殺害が相次ぐほか、2009年8月には大統領暗殺計画が発覚するなど自らの命を危険にさらす大きな代償も払っている。フェリペ・カルデロン フレッシュアイペディアより)

  • レイヤー・ケーキ

    レイヤー・ケーキから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    名もなき麻薬ディーラーのXXXX。彼はこの世界から足を洗おうとしていた。そんな彼に託された、「地方ギャングとのMDMAの取引」「組織のボスと懇意な大物マフィアの娘の捜索」という訳ありの2つの仕事。計画通りにことを進めようとしたXXXXだったが、マフィアの娘の捜索は途中で頓挫し、MDMAの取引もその出所が凶暴な犯罪組織(原作ではネオナチ、映画ではボスニア紛争の指名手配中の戦犯)からの盗品であることが判明し、XXXXとその仲間は彼らから送り込まれた殺し屋から狙われることになるが、その中でXXXXは組織のボスの重大な秘密を知ってしまう。レイヤー・ケーキ フレッシュアイペディアより)

  • サイエンス

    サイエンスから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    MDMA(「エクスタシー」)の神経毒性に関する2002年にサイエンスで公表された論文が、薬瓶を取り違いに起因し論文は2003年に撤回され議論を引き起こした(参照MDMAのドーパミン作動性神経毒性についての撤回された論文)。サイエンス フレッシュアイペディアより)

  • ファーギー (歌手)

    ファーギー (歌手)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    子役として幼い頃から仕事をしていたため、常に自分の気持ちを抑えるようにしていたファーギーはこの頃からエクスタシーをやり始め、その後メタンフェタミン(覚醒剤)に手を出し、中毒になってしまう。体重は41kgにまで減少し、友達には拒食症だと嘘をつき、そのことを隠していたという。このため子役時代に稼いだお金をすべて使い果たし、実家に帰っている。ファーギー (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 1971年薬物乱用法

    1971年薬物乱用法から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    クラスAは含む、ヘロイン、コカイン、クラック、MDMA (「エクスタシー」)、メタンフェタミン、LSDとシロシビン・マッシュルーム1971年薬物乱用法 フレッシュアイペディアより)

  • 大魔神カノン

    大魔神カノンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    知らないうち(主に就寝中)にイパダダに憑依され、数々の事件を引き起こす。物語後半でオンバケ達によってイパタダを分離されたが、身勝手な性格を改めないどころか完全に開き直っていたため、サキに愛想を尽かされてしまう。その後、0℃の解散とサキが日本を去ったことをマネージャーから告げられたことを機に徐々に荒れていき、悪い噂が囁かれるようになる。遂にはかなめを利用してMDMAの運び屋をやらせようと目論んだが、カノンとオンバケ達によって阻止された上、自身もMDMAを常用していたことが発覚し、これまでの行いの報いとばかりに警察に逮捕された。大魔神カノン フレッシュアイペディアより)

  • おしゃぶり

    おしゃぶりから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    1990年代半ば、おしゃぶりはアメリカのファッション界に注目され、十代のアクセサリーとして流行した。これは一部で、ある種のテクノ音楽と違法ドラッグMDMA(エクスタシー)に関係があるとされ、各地で禁止された。おしゃぶり フレッシュアイペディアより)

  • マッドチェスター

    マッドチェスターから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    当時のダンス音楽のレイブ文化とエクスタシー(MDMA)などの多幸性ドラッグの流行とあいまって、それまでのイギリスにはなかったオープンで享楽主義的な音楽とオーディエンスが大量に発生した。レイブ同様に共同体意識のもと、アーティストと観衆の上下関係や垣根を取り払うことを目指し、「これからは(ステージの上のバンドではなく)オーディエンスの時代だ」とも言われた。セカンド・サマー・オブ・ラブと呼ばれるムーブメントの影響を受けており、ハウスを中心としたダンス・ミュージックの発展とも大きく関わっている。音楽的には伝統的なロックのフォーマットを取りながらも、ハウス音楽的な4つ打ちのビートを導入し、それまでの受身のロック音楽と異なり「オーディエンスが踊れるかどうか」をという機能性を重視した。この系統の有名なレーベルとして、ファクトリー・レコードなどがある。マッドチェスター フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「MDMA」のニューストピックワード