102件中 41 - 50件表示
  • デヴィッド・アール・ニコルズ

    デヴィッド・アール・ニコルズから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    その他、注目に値する研究としては、とMDMAの構造活性相関と作用機序についての広範な研究が実行されるのを手助けしたことが挙げられ、同時に、、、のような多くの新規の類縁体を発見するのを手伝った。1986年にはギリシャ語とラテン語に起源し「内部に触れる」という意味のという言葉を作り、MDMAの作用を説明しようとした。ニコルズが言うには、灰色市場の化学者たちは、ニコルズが1990年代に発表した (MTA) に関する論文の情報を用いて薬物を合成し、フラットライナーという俗称の錠剤をエクスタシーの代用品として売っていたという。デヴィッド・アール・ニコルズ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・シュルギン

    アレクサンダー・シュルギンから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    特に、ドイツの製薬会社メルク社が1920年代にはじめて合成したが広く製品化されることのなかったMDMAに注目し、60年代に再合成したことで有名である。その他には、長時間作用するDOM(俗称STP)や、聴覚のみに変化をもたらすDIPT、もともとは精神療法に利用されていた2C-Bなどがある。アレクサンダー・シュルギン フレッシュアイペディアより)

  • 6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン

    6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリンまたはMDATは、パデュー大学のデヴィッド・E・ニコルズらによって開発された薬剤である。ネズミを用いてこれをメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)と比較した実験によると、として作用することが示されている。この実験では、機能ではこれを代替したが、セロトニン性の神経毒性は示されなかった。従って、MDATは、非神経毒性の、ヒトにとってになりうる物質であると考えられている。6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン フレッシュアイペディアより)

  • 6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリン

    6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリンまたはMDMATは、非神経毒性の選択的セロトニン放出薬で、エンタクトゲンをもたらすと考えられている薬剤である。6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン(MDAT)のN-メチル化誘導体であり、メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)の3,4-メチレンジオキシアンフェタミン(MDA)に対する関係、または5,6-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノインダン(MDMAI)の5,6-メチレンジオキシ-2-アミノインダン(MDAI)に対する関係と類似している。2010年以降、オンラインで研究用試薬として販売されている。6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリン フレッシュアイペディアより)

  • アン・シュルギン

    アン・シュルギンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    MDMA(や)のような幻覚剤がまだ合法であったときに、これらを用いた心理療法家であった。彼女の著作では、ユング派精神分析の観点、同様に催眠療法との併用において、これらの薬物の可能性を強調している。様々な会議にてよく講演しており、治療的な文脈での幻覚剤の使用を主張している。アン・シュルギン フレッシュアイペディアより)

  • エチレンジオキシメタンフェタミン

    エチレンジオキシメタンフェタミンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    エチレンジオキシメタンフェタミン (3,4-Ethylenedioxy-N-methylamphetamine、EDMA) はアンフェタミン系のエンタクトゲンである。メチレンジオキシメタンフェタミン (MDMA) のアナログで、メチレンジオキシ環がエチレンジオキシ環に置き換わっている。アレクサンダー・シュルギンによって初めて合成された。彼の著書 PiHKAL では、投与量は150-250 mg、持続時間は3-5時間とされている。シュルギンによると、EDMAは、痺れ、眼球震盪、入眠時心像等の影響があり、その他の効果はほぼない。EDMAはMDMAと比べて作用が弱く、ドーパミン放出にはほとんど影響を与えない非神経毒性セロトニン放出薬として作用することが示されている。これはシュルギンの150-250 mgの投与量の報告に基づいており、より大量の投与ではより作用が強い可能性がある。エチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • MDMAのドーパミン作動性神経毒性についての撤回された論文

    MDMAのドーパミン作動性神経毒性についての撤回された論文から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    MDMA(エクスタシー)の一般的な娯楽的用法後の霊長類での重度のドーパミン作動性神経毒性」"("Severe dopaminergic neurotoxicity in primates after a common recreational dose regimen of MDMA("ecstasy")")とは、による論文であり、一流雑誌『サイエンス』に掲載され、後になって撤回されたものである。MDMAのドーパミン作動性神経毒性についての撤回された論文 フレッシュアイペディアより)

  • メチオプロパミン

    メチオプロパミンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    摂取すると強い覚醒感が得られる。MDMAなどと比べ多幸感は少ないかほとんど無い。摂取量は25mgから150mg程度である。動物に対する危険性は明らかではないが、精神刺激薬であるため、覚醒剤と同じようなリスクが懸念される。メチオプロパミン フレッシュアイペディアより)

  • 天使禁猟区

    天使禁猟区から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    刹那の高校の先輩であり、吉良の悪友の一人。アシッド(LSD)やE(エクスタシー、MDMA)などの薬物や煙草をよく吸っていた。サバサバした性格で、キレるのも早ければ立ち直るのも早い。天使禁猟区 フレッシュアイペディアより)

  • リトナビル

    リトナビルから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    MDMA - 代謝減少・時に致死的なセロトニン症候群の可能性リトナビル フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「MDMA」のニューストピックワード