102件中 51 - 60件表示
  • ニコラス・サンド

    ニコラス・サンドから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    サンドは1996年に再び逮捕された。警察への協力を拒否し、捜査団はサンドの身元を特定するのに2か月を費やした。サンドの研究所からは、43グラム、約43万回分のLSDの結晶、またDMT、、MDMA、50万ドル相当の現金と金塊が見つかった。LSDの歴史家である Jesse Jarnow はサンドの逮捕により、アメリカ合衆国におけるLSD供給の世紀末の減少につながったと指摘した。ニコラス・サンド フレッシュアイペディアより)

  • アニバーサリーの夜に

    アニバーサリーの夜にから見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    集まった人たちは、テリアン夫妻のふるまう豪華な料理やシャンパンを楽しみつつ、ゲームや出し物をしたり、集二人にプレゼントを渡したりした。パーティーはおおいに盛り上がるが、最近サリーの地位を脅かしている若手女優のスカイ(グウィネス・パルトロウ)がささやかなプレゼントとして持ち込んだドルフィン(MDMAと思われるドラッグ)をきっかけに、徐々におのおのが胸に秘めた思いを明かし始める。アニバーサリーの夜に フレッシュアイペディアより)

  • シェイメン

    シェイメンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    その後、1992年に『Boss Drum』を発表。その内、シングル化された「Ebeneezer Goode」は歌詞が薬物使用を促すような内容(「Ezer Goode」を繰り返して歌うが、同音異義語で「E's are good」(「Eはよい」(Eとはエクスタシーの隠語)と解釈できる)で、その結果、BBCの音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップス内のTop 5 Drug Songsに選ばれてしまった。だが、全英チャート1位を4週間記録した。当時、フジテレビで深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』では、「Ebeneezer Goode」だけでなく、「Boss Drum」もUKシングルチャートNo.1を獲得した。シェイメン フレッシュアイペディアより)

  • 汚染された紙幣

    汚染された紙幣から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    紙幣にみつかる薬物としてはコカインが最も一般的で、ヘロインとエクスタシーはそれに次ぐ(エクスタシーが検出される頻度は2002年まで年々上昇していた)。捜査のため押収された紙幣の分析をおこなうマス・スペック・アナリティカル社のジョー・レヴィは、吸引に使われた紙幣はその後選別機にかけられさらに多くの紙幣を汚染するが、ヘロインとエクスタシーはコカインよりもはるかに急速に分解されると指摘しており、これがコカインの汚染がおこりやすい理由だと説明している。汚染された紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • 大魔神カノン

    大魔神カノンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    その後は自らの不遇ぶりに対する逆恨みから自暴自棄となり、更なる非道へと身を堕としていき、次第に周囲からも悪い噂が囁かれるようになる。遂にはかなめを利用してMDMAの運び屋をやらせようと目論んだが、カノンとオンバケ達によって阻止された上、自身もMDMAを常用していたことが発覚した事がきっかけで、(イパダダに憑依されていた間に起こした事件も含め)これまで引き起こした悪行の全てが公にされ、その報いとばかりに警察に逮捕される。自分が利用したカノンがきっかけで破滅を迎えるという因果応報な末路であった。大魔神カノン フレッシュアイペディアより)

  • レイブ (音楽)

    レイブ (音楽)から見たエクスタシー (薬物)メチレンジオキシメタンフェタミン

    現在見られるようなレイブが生まれたのは、1980年代後半の英国である。それまで若年層の夜間の娯楽は屋内を舞台とすることが多かったが、アシッド・ハウスやテクノという当時の最新音楽の流入と、エクスタシーなどの多幸系ドラッグの流行により、大きくその志向が変化した。レイブの原型は、当時の若者たちがそれまでのナイトクラブやディスコになかったまったく新しいパーティー経験と音楽を求め、ウェアハウス(倉庫)や郊外の廃屋や農場などを利用してフリー(無料)・パーティーを自らの手で開いたものである。レイブ (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • 激流 (柴田よしき)

    激流 (柴田よしき)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    豊の元カノ。巨乳と細いウエストで、男を興奮させる為に生まれついたような姿形をしているが、貞操観念が無く、善悪を判断する基準すら曖昧。合成麻薬MDMAを愛用している。豊が妻と離婚後に半年付き合い、金やプレゼントもかなり貢いだが、男と見境なく寝る事を知って辟易した豊から別れを切り出した。しかし「別れたくない」と今も豊に付きまとい続けている。激流 (柴田よしき) フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャニア (コペンハーゲン)

    クリスチャニア (コペンハーゲン)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    クリスチャニアの人々は、デンマーク政府が関わっていない彼ら独自のルールを持っており、そのルールによって、窃盗、暴力行為、銃、刃物、防弾チョッキ、強い麻薬が禁止されている。この地区の中に、Pusher Street として知られている有名な通りがあるが、そこでは、2004年まではハシシやなどの大麻が、常設屋台で公然と売られていた。なお、現在では、コカイン、アンフェタミン、エクスタシー、ヘロイン等の強い麻薬は規則によって禁止されている。ただし、この規則が全員の了承を得られていないため、それらの商売が完全に無くなったわけではない。クリスチャニア (コペンハーゲン) フレッシュアイペディアより)

  • デザイナードラッグ

    デザイナードラッグから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    トリプタミン系薬物は、5-MeO-DIPTのデザイナードラッグ、フェネチルアミン系の薬物はMDMAのデザイナードラッグ、と評される。2000年頃から、ケミカルな合法ドラッグの流通、使用が日本でも盛んなため、ぞれを指してデザイナードラッグと評価されることが多い。デザイナードラッグ フレッシュアイペディアより)

  • エロウィド

    エロウィドから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    エロウィドは EcstasyData.org も運用しており、これはアメリカの街角のエクスタシー (MDMA) の品質を検査しており、Isomer Design ととで協賛されているのための独立研究所である。エロウィド フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「MDMA」のニューストピックワード

  • 太陽光発電システム

  • 2030年ごろには電気自動車(EV)でなく、燃料電池車昭広社長。

  • GRAND FILANO HYBRID(グランドフィラーノハイブリッド)