1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    しかし、1980年代後半にスペインのイビサ島のクラブでプレイされていた楽曲をイギリスのDJ達が本国に持ち帰ったことから起こったセカンドサマーオブラヴのムーブメントや1990年代前半に起こったアシッド・ハウスリヴァイバル等において再びLSDは(多幸系のドラッグとともに)多用されるようになった。現在LSDはクラブで使用されるドラッグとして、覚醒剤や大麻、MDMAと並ぶ地位を確立している。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • 媚薬

    媚薬から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    PEA(フェニルエチルアミン) - 恋愛感情の源である事が医学的に証明された脳内神経伝達物質であり、フェネチルアミンの一種。媚薬の主成分とも言われ、人工的に生成した同成分を多く含む違法薬物(覚醒剤・LSD・MDMA)悪用の温床ともなっている。チーズやチョコレートなどでも食物摂取可能だが、含有量は少ない。媚薬 フレッシュアイペディアより)

  • ジスキネジア

    ジスキネジアから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    薬剤性にパーキンソン病を起こさせた霊長類を使った実験では、メチレンジオキシメタンフェタミン (MDMA) の投与がジスキネジアを減らしつつレボドパの効果を増強することが示されている。ジスキネジア フレッシュアイペディアより)

  • 中枢神経刺激薬

    中枢神経刺激薬から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)麻薬及び向精神薬取締法により麻薬指定中枢神経刺激薬 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の外交政策

    アメリカ合衆国の外交政策から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    1世紀以上を経て、外交関係授権法は大統領に主な麻薬輸送国または違法麻薬生産国を指定するよう要求している。2005年の時点では、バハマ、ボリビア、ブラジル、ビルマ、コロンビア、ドミニカ共和国、エクアドル、グアテマラ、ハイチ、インド、ジャマイカ、ラオス、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、パナマ、パラグアイ、ペルーとベネズエラが指定されていた。これらの国のうちの2つ、ビルマとベネズエラは、過去12か月において、アメリカがそれらの国々と国際的な麻薬撲滅のための合意の義務への参加に固執して、合意に至ることに失敗したと考えられている。2005年のリストでは、アフガニスタンと中国、ベトナムは指定されておらず、カナダもまたMDMAの生産に関わる犯罪組織が増えており、国境付近でカナダで生産された大麻の大規模な取引が行われている証拠があるにもかかわらず黙認されていた。アメリカはオランダがアメリカへ向けたMDMAの生産と流通に成功していると信じている。アメリカ合衆国の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • コリン・ファレル

    コリン・ファレルから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    2004年にインタビューで、過去にマリファナ、エクスタシー、コカインの使用経験があることを認め、麻薬・覚醒剤防止団体を憤慨させた。コリン・ファレル フレッシュアイペディアより)

  • 押尾学事件

    押尾学事件から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    2009年8月2日、押尾学が合成麻薬MDMAを服用したとして同年8月3日に麻薬取締法違反で逮捕される事件が発生した。その際、六本木ヒルズのマンションの部屋で押尾と一緒にMDMAを使用したホステスの女性が全裸で死亡していたことや、事件現場の部屋の名義が押尾の知人であるピーチ・ジョン代表取締役社長の野口美佳であったことなどにより、スキャンダラスな観点から報道がなされた。押尾学事件 フレッシュアイペディアより)

  • 天使禁猟区

    天使禁猟区から見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    刹那の高校の先輩であり、吉良の悪友の一人。アシッド(LSD)やE(エクスタシー、MDMA)などの薬物や煙草をよく吸っていた。サバサバした性格で、キレるのも早ければ立ち直るのも早い。天使禁猟区 フレッシュアイペディアより)

  • アンフェタミン

    アンフェタミンから見たメチレンジオキシメタンフェタミンメチレンジオキシメタンフェタミン

    1887年(明治20年)、ルーマニアの化学者ラザル・エデレアーヌ () がベルリン大学で初めて合成した。アンフェタミンは光学異性体を持ち、レボアンフェタミン(L体)とデキストロアンフェタミン(D体)に光学分割することができる。アンフェタミンは多くの向精神薬の母体骨格であり、MDMA (エクスタシー)やメタンフェタミン(N-メチル誘導体)などを含む化合物群を構成する。アンフェタミン自体はフェネチルアミンの誘導体である。アンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • 槇原敬之

    槇原敬之から見たMDMAメチレンジオキシメタンフェタミン

    9月3日 - MDMA所持が発覚。槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示

「MDMA」のニューストピックワード