前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た心的外傷後ストレス障害

    3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン ()、あるいはMDMAは、アンフェタミンと類似した化学構造を持つ化合物である。愛の薬などと呼ばれ共感作用がある。幻覚剤に分類される。心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対し、MDMAを併用した心理療法の臨床試験がアメリカ合衆国で進行している。2017年にはアメリカで画期的治療法に指定され、FDAは審査を早く行うことになる。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たスヌープ・ドッグ

    2010年代では、マイリー・サイラスやヒップホップのスヌープ・ドッグなど多くの歌手が歌詞にモリーを登場させている。エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のウルトラ・ミュージック・フェスティバル・マイアミでは、歌手のマドンナは聴衆に向かって「この中でモリーを見たことがある人はどれくらいいる?」と語りかけた。彼女は『MDNA』というアルバムを出していた。2013年には、アメリカで6回分摂取したロトンドが死亡し、音楽フェスティバルが閉鎖された。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たマイリー・サイラス

    2010年代では、マイリー・サイラスやヒップホップのスヌープ・ドッグなど多くの歌手が歌詞にモリーを登場させている。エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のウルトラ・ミュージック・フェスティバル・マイアミでは、歌手のマドンナは聴衆に向かって「この中でモリーを見たことがある人はどれくらいいる?」と語りかけた。彼女は『MDNA』というアルバムを出していた。2013年には、アメリカで6回分摂取したロトンドが死亡し、音楽フェスティバルが閉鎖された。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たアレクサンダー・シュルギン

    元ダウ・ケミカル社の化学者であったアレクサンダー・シュルギンによって、MDMAが「再発見」されることになる。1978年には、アレクサンダー・シュルギンらによる『幻覚剤の精神薬理学』(The Psychopharmacology of Hallucinogens)にて、ヒトにおける主観的な作用に関する、初の報告が行われた。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た世界保健機関

    世界保健機関の1994年の薬物に関する用語集、世界保健機関の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)、アメリカ精神医学会の『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版(DSM-IV)においてメチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たアメリカ食品医薬品局

    アメリカでは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対するMDMAを併用した心理療法の臨床試験が進行しており、第II相の4つの試験では慢性的(長期の)PTSDを患う退役軍人や警察官や消防士を含んでいた。2016年11月には、第III相の臨床試験が承認されている。2017年。2017年の夏季にアメリカ食品医薬品局 (FDA) はこの治療法を画期的治療法に指定した。重篤か命にかかわる病気で、予備研究の証拠が既存の治療法よりも大きく改善することを示している場合に指定され、指定されるとFDAは審査を早く行う。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た脱法ドラッグ

    世界の多くの地域で、2010年代にエクスタシーとして販売された多くの錠剤には、MDMA以外の物質が含まれている。それは既存の違法な薬物や、新規向精神薬(NPS)、またカフェインやエフェドリンである。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た大麻

    定期的なエクスタシーの使用者に関する報告が否定的な影響を示唆しているが、エクスタシー錠剤にはMDMA以外の薬物が含まれ、またそうした使用者はエクスタシー以外の多剤を乱用しているため、MDMAが特異的な原因となっているのかは不明確である。エクスタシーの使用者は多くの場合、違法合法を問わず、アルコールやタバコ、大麻やメタンフェタミン、幻覚剤など、多剤の使用者である。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たケタミン

    MDMAでなくMDA、MDEやMBDBを含むことがある。また、まったく作用が異なる薬物を含むことがある。2014年の国連の報告書では、アジア、アメリカ、欧州とで、メタンフェタミンやケタミン、アメリカでは2C-B、アジアではなどが検出されている。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た低ナトリウム血症

    エクスタシーの使用者は、翌日の抑うつ気分を報告する。異常高熱は、水の入手手段がない暑い空間で活発に踊るなど、医学的監督下にないエクスタシーの使用によって生じ、稀なものであるが最も頻繁に報告されている。その一方これも稀であるが、必要な電解質を摂取せずに水を摂取しすぎて水中毒となり、低ナトリウム血症にて致命的となりうる。また過剰摂取は重篤となりうる。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「MDMA」のニューストピックワード