前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た心的外傷後ストレス障害

    MDMAは1985年まで主にアメリカにおいて心的外傷後ストレス障害 (PTSD) の治療に用いられてきた。PTSDは患者が自身に起きたトラウマ体験を自己の記憶として受容できないことによる疾患だとされているが、MDMAを摂取した状態でカウンセリングを行うことにより、通常の精神状態では許容しがたいトラウマ体験を想起させ、自己に起きた事実であることを受け入れることによって疾患が軽減もしくは治癒するという理論に基づいたものである。こうしたPTSDに対する医療用途に対する報道はアメリカでは広範になされており、2010年に少なくとも138以上のメディアで取り上げられている。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たアレクサンダー・シュルギン

    1978年、ダウ・ケミカル社の化学者だったアレクサンダー・シュルギン (Alexander Shulgin) らによる著作『幻覚剤の薬学』が出版され、レクリエーション・ドラッグとして爆発的な拡大が始まった。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た大麻

    1985年6月、米国司法省麻薬取締局 (DEA) がエクスタシーを非合法とした。現在ではコカイン、ヘロイン、大麻と同様に、アメリカで広く用いられる麻薬の一つとされる。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た麻薬

    3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン (3,4-methylenedioxymethamphetamine) とは、合成麻薬の一種。略称として MDMA、ほかエクスタシー(EcstasyまたはXTC)という通称を持つ。。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た睡眠障害

    MDMAを摂取すると、体温をコントロールする機能の喪失による高体温や不整脈などによって重篤な症状を引き起こす場合がある。特に暖かい換気の悪い室内、激しい運動を伴う場合、また大量の発汗を伴い水分補給が十分でない場合などに使用すると合併症を生じやすいとされる。低ナトリウム血症、急性腎不全、横紋筋融解症などで死亡することもある。また、摂取後に重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難などが長期間続くことがある。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た低ナトリウム血症

    MDMAを摂取すると、体温をコントロールする機能の喪失による高体温や不整脈などによって重篤な症状を引き起こす場合がある。特に暖かい換気の悪い室内、激しい運動を伴う場合、また大量の発汗を伴い水分補給が十分でない場合などに使用すると合併症を生じやすいとされる。低ナトリウム血症、急性腎不全、横紋筋融解症などで死亡することもある。また、摂取後に重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難などが長期間続くことがある。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たアメリカ食品医薬品局

    しかしMDMAはレクリエーション・ドラッグ (Recreational Drug) としての側面も持ち、濫用が社会問題化したことを受け米国司法省麻薬取締局はMDMAを規制物質法におけるスケジュールI、すなわち濫用性が高く医療用途の見込みのない違法薬物に指定した。現在ではほとんどの国でMDMAは違法薬物とされている。以降MDMAはレクリエーション・ドラッグとして違法に濫用され続け今日に至るが、依然としてPTSDへの有用性を主張する声も根強く、2001年にはアメリカ食品医薬品局 (FDA) が、2004年にはDEAがPTSD患者へのMDMAの治験を認める措置が取られることとなり、2008年にはフェイズII治験が終了。続いてイスラエル、スイス、カナダでも臨床試験が行われる。しかし依然としてMDMAが濫用性の高い薬物であることには変わりなく、安全性や依存性の検証、濫用防止などクリアしなければならない問題点は多い。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た不整脈

    MDMAを摂取すると、体温をコントロールする機能の喪失による高体温や不整脈などによって重篤な症状を引き起こす場合がある。特に暖かい換気の悪い室内、激しい運動を伴う場合、また大量の発汗を伴い水分補給が十分でない場合などに使用すると合併症を生じやすいとされる。低ナトリウム血症、急性腎不全、横紋筋融解症などで死亡することもある。また、摂取後に重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難などが長期間続くことがある。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たセロトニン

    MDMAは脳内のセロトニン等を過剰に放出させることにより、人間の精神に多幸感、他者との共有感などの変化をもたらすとされる。MDMAを経口的に摂取すると30分から1時間ほどで前述のような精神変容が起こり、それが4?6時間程度持続するとされる。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た特許

    1912年、ドイツの化学メーカー、メルク社が、食欲抑制剤として初めて合成し、製法特許を取得した(製品化はされなかった)。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「MDMA」のニューストピックワード