32件中 21 - 30件表示
  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た覚せい剤取締法

    錠剤型麻薬が覚せい剤(アンフェタミンなど)を含んでいた場合、覚せい剤取締法により、譲受け、譲渡し、所持、使用は10年以下の懲役となる。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た合併症

    MDMAを摂取すると、体温をコントロールする機能の喪失による高体温や不整脈などによって重篤な症状を引き起こす場合がある。特に暖かい換気の悪い室内、激しい運動を伴う場合、また大量の発汗を伴い水分補給が十分でない場合などに使用すると合併症を生じやすいとされる。低ナトリウム血症、急性腎不全、横紋筋融解症などで死亡することもある。また、摂取後に重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難などが長期間続くことがある。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見たドイツ

    1912年、ドイツの化学メーカー、メルク社が、食欲抑制剤として初めて合成し、製法特許を取得した(製品化はされなかった)。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た不安障害

    MDMAを摂取すると、体温をコントロールする機能の喪失による高体温や不整脈などによって重篤な症状を引き起こす場合がある。特に暖かい換気の悪い室内、激しい運動を伴う場合、また大量の発汗を伴い水分補給が十分でない場合などに使用すると合併症を生じやすいとされる。低ナトリウム血症、急性腎不全、横紋筋融解症などで死亡することもある。また、摂取後に重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難などが長期間続くことがある。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た急性腎不全

    MDMAを摂取すると、体温をコントロールする機能の喪失による高体温や不整脈などによって重篤な症状を引き起こす場合がある。特に暖かい換気の悪い室内、激しい運動を伴う場合、また大量の発汗を伴い水分補給が十分でない場合などに使用すると合併症を生じやすいとされる。低ナトリウム血症、急性腎不全、横紋筋融解症などで死亡することもある。また、摂取後に重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難などが長期間続くことがある。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た多幸感

    MDMAは脳内のセロトニン等を過剰に放出させることにより、人間の精神に多幸感、他者との共有感などの変化をもたらすとされる。MDMAを経口的に摂取すると30分から1時間ほどで前述のような精神変容が起こり、それが4?6時間程度持続するとされる。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た横紋筋融解症

    MDMAを摂取すると、体温をコントロールする機能の喪失による高体温や不整脈などによって重篤な症状を引き起こす場合がある。特に暖かい換気の悪い室内、激しい運動を伴う場合、また大量の発汗を伴い水分補給が十分でない場合などに使用すると合併症を生じやすいとされる。低ナトリウム血症、急性腎不全、横紋筋融解症などで死亡することもある。また、摂取後に重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難などが長期間続くことがある。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た経口

    MDMAは脳内のセロトニン等を過剰に放出させることにより、人間の精神に多幸感、他者との共有感などの変化をもたらすとされる。MDMAを経口的に摂取すると30分から1時間ほどで前述のような精神変容が起こり、それが4?6時間程度持続するとされる。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た精神科

    1967年、アメリカ軍による機密扱いが解けたことから化学文献への記載が始まり、1970年代から1980年代初頭までは精神科医の間で、PTSDの治療などに頻用された。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

  • メチレンジオキシメタンフェタミン

    メチレンジオキシメタンフェタミンから見た精神薬理学

    心理学者のラルフ・メッツナー (:en:Ralph Metzner) がMDMAに対してエンパソーゲン(empathogen、共感をもたらす)という言葉を作った。後により正確な表現としてエンタクトゲン(entactogen、内面のつながりをもたらす)という呼称が提唱され、精神薬理学の分野で採用されている。メチレンジオキシメタンフェタミン フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示

「MDMA」のニューストピックワード