前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示
  • イノチェンティ・ミニ

    イノチェンティ・ミニから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    イノチェンティ・ミニ(Innocenti Mini )は、1974年にレイランド・イノチェンティ(Leyland Innocenti )が市場に導入したボディをベルトーネがデザインし直したミニの3ドア・ハッチバック版の乗用車である。1980年頃に5ドアの試作車が開発されたが、これが生産に入ることはなかった。1976年にイノチェンティがデ・トマソに買収されるとダイハツ工業が供給する直列3気筒エンジンを搭載するようになり、改良を重ねられて1993年まで生産は続けられた。イノチェンティ・ミニ フレッシュアイペディアより)

  • アレック・イシゴニス

    アレック・イシゴニスから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    サー・アレグザンダー・アーノルド・コンスタンティン・イシゴニス(、1906年11月18日-1988年10月2日)はギリシア系イギリス人の自動車技術者である。特にブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が1959年に発売した革命的な小型大衆車・ミニの設計者として今日でも記憶されている。アレック・イシゴニス フレッシュアイペディアより)

  • 1962年のイギリスサルーンカー選手権

    1962年のイギリスサルーンカー選手権から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1962年のイギリスサルーンカー選手権 (1962 British Saloon Car Championship) は、イギリスサルーンカー選手権の5年目のシーズン。4月14日のスネッタートン・モーターレーシング・サーキットで開幕し、9月1日のオウルトンパークまで全8戦で争われた。ローデシア国籍のジョン・ラヴがモーリス・ミニ・クーパーおよびオースチン・ミニ・クーパーをドライブしてタイトルを獲得し、初のイギリス人以外のチャンピオンとなった。ミニにとっては2度目のタイトルとなった。1962年のイギリスサルーンカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ミニミニ大作戦 (1969年の映画)

    ミニミニ大作戦 (1969年の映画)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    そして、当時のイギリスの象徴とも言うべき、赤、白、青のユニオンジャックカラーの小型車、ミニMK-Iが3台、作戦のためにトリノに送り込まれた。トリノの街は、イタリア警察のアルファロメオと、ミニのカーチェイスが展開されることになる――。ミニミニ大作戦 (1969年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • MGローバー

    MGローバーから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    その後ローバー・グループの経営に失敗したBMWは、2000年、グループのうちミニ部門、および商標権としてのトライアンフとライレーを手元に残し、ランドローバー部門をアメリカのフォードに売却した。残りの全ては、元ローバー会長のジョン・タワーズ(John Towers)が中心となって設立したイギリスの投資グループ・フェニックス・コンソーシアム(Phoenix Consortium )に対してマネジメント・バイ・アウト(MBO)により、僅か10ポンド(当時の日本円で約1660円)で売却された。こうして、ブリティッシュ・レイランド時代からの、ローバー、ランドローバー、ミニ、トライアンフなどのブランドは、それぞれ別個の会社の元に分散することとなった。MGローバー フレッシュアイペディアより)

  • ローバー・メトロ

    ローバー・メトロから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    初代は1980年に「オースチン・メトロ」として発売された。ミニのクラスを補う目的の車で、「LC8」というコードネームで開発されていた。ローバー・メトロ フレッシュアイペディアより)

  • リライアント・ロビン

    リライアント・ロビンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    当時のイギリスではロビンを含め三輪自動車はバイク免許で乗ることもでき、車両の扱いもバイクとほぼ同じであり、この当時ロビンより安かった四輪自動車の「ミニ」よりも税金面(オートバイでの登録課税)で優遇されたため労働階級に人気であった。リライアント・ロビン フレッシュアイペディアより)

  • レーシングラグーン

    レーシングラグーンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    搭乗車種はMicro-GTだが、エンジンをX-FOURに搭載されている714-X4に換装している。ボディカラーは「Brown Sugar」と呼ばれるブラウン系(実際はピンク系)のツートン。レーシングラグーン フレッシュアイペディアより)

  • かまやつひろし

    かまやつひろしから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    カーマニアとしても知られており、これまでにMGTFやGMC・タイフーン、ミニ・カントリーマン(森山良子、森山直太朗に受け継がれる)、フェラーリ280、クライスラー・PTクルーザー・コンバーチブルなど数々の個性ある名車を乗りこなしてきた。最近の愛車はランチア・イプシロンであったが、「おぎやはぎの愛車遍歴」に出演するためアバルト695トリビュートフェラーリに乗り換えた。なお、このカーマニアの趣味は息子のTAROにも引き継がれているとのこと。かまやつひろし フレッシュアイペディアより)

  • 軽自動車

    軽自動車から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    スバル360と同時期に発表されたイギリスの「BMC・ミニ」は、エンジンこそ850ccであったが、室内容積は日本の軽自動車と同等であった。軽自動車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示

「MINI」のニューストピックワード