136件中 91 - 100件表示
  • シトロエン・2CV

    シトロエン・2CVから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    40年に渡る長いモデルスパンはビートルこと「フォルクスワーゲン・タイプ1」や初代「ミニ」と肩を並べるものであった。シトロエン・2CV フレッシュアイペディアより)

  • 軽井沢シンドローム

    軽井沢シンドロームから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    耕平と純生が軽井沢に着いて最初に会った女の子で薫の親友。民芸品屋「うっでぃ」の娘。愛車はMiniとヤマハ・DT50。耕平・二郎・一弥に惚れるが、いずれも失恋に終わる。純生とは互いに意識し合う仲ながら、2人とも違う相手をいろいろ渡り歩いた末、最終的には結ばれた。軽井沢シンドローム フレッシュアイペディアより)

  • O・Z (企業)

    O・Z (企業)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1971年、オーゼットは自動車用アルミホイールを製造する会社として、シルヴァーノ・オゼッラドーレ (Silvano Oselladore) とピエトロ・ゼン (Pietro Zen) がヴェネト州ヴィチェンツァ県ロッサーノ・ヴェーネトで創業したのが始まりで、それぞれの姓の頭文字からO・Zとした。最初の製品はミニ・クーパー用のアルミホイールであった。O・Z (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ロッカーアーム

    ロッカーアームから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    現在では省燃費・高回転を謳うエンジンの多くに採用されている技術だが、海外ではフォードV8やハーレーダビッドソン、ミニクーパーなどのOHVエンジン向けのアフターパーツとして販売されていることも多い。アフターパーツのローラーロッカーアームは、アーム重量を少しでも減らすためにアルミ合金などの軽量な材質を使用していることもあり、OHVエンジンを高回転・高出力型にチューニングする際には欠かせないパーツの一つともなっている。ロッカーアーム フレッシュアイペディアより)

  • ターボアウトラン

    ターボアウトランから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    この頃はまだゲームに実車の名称を使用する場合であっても、自動車メーカーとの間のライセンス契約等も確立されていなかったようで、フェラーリ・F40やポルシェ・959やミニクーパーやポルシェ・911といったそうそうたる名車を登場させるなど、現在では見ることのできない演出がされている。また、このゲームが発売される前年、フェラーリの創設者で、F40が自ら手がけた最後のマシンとなったエンツォ・フェラーリが亡くなっており、本作のコクピットタイプの筐体には、白いレタリングで「Requiem for Enzo Ferrari」と刻まれていた。ターボアウトラン フレッシュアイペディアより)

  • 槇村香

    槇村香から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    原作では初代ホンダ・CR-Xを、アニメでは普段、フィアット・パンダを使用しているが稀にのミニを運転することもある。愛銃は兄の形見のコルト・ローマンMK-III(原作32巻のミックとの決闘の時のみS&W M19を使用)。曰く「香に人殺しをさせたくない。手を汚れさせる前に、この世界から足を洗わせたい」という想いから、護身用として香に渡した槇村の形見の拳銃には、サイトに細工がなされており正確な照準が出来なくしていたが、ミックとの戦いを機にはそのサイトを正常に調整した。ただし、作中ではその調整後に香が銃を撃った場面はない。なお、彼女の服のボタンにはによって盗聴器兼発信機が取り付けられており、香の身に危険が及んでもすぐに状況を把握できるようになっている。槇村香 フレッシュアイペディアより)

  • GTO (漫画)

    GTO (漫画)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    野村朋子のマネージャー。かなり一途な性格で、周りが見えなくなってしまうこともある。愛車は初代ミニ。朋子に純愛の片思いにも似た好意を抱いており、またの演技の才能に感銘を受け朋子をスカウトした本人である。宗方の登場によって、セカンドマネージャーに降格される。その後は繭のセカンドマネージャーにもなるが、苦労が絶えない日々を送っている。学生時代には、明治大学のアイドル研究部に所属していた。本編にも登場し、鬼塚にたかられたりしている。GTO (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 小林彰太郎

    小林彰太郎から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニ・ストーリー―小型車の革命 (ローレンス・ポメロイ著/二玄社)小林彰太郎 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・R360クーペ

    マツダ・R360クーペから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    サスペンションは4輪ともにトレーリングアームの独立懸架で、ピボット部に内装されたゴムの弾性を利用するナイトハルト式「トーションラバースプリング」を用い、軽量化を図りつつもソフトな乗り心地を得ている。リアエンジン車の標準となっていたスイングアクスルではなく、後輪にもトレーリングアームを使っていることで、対地キャンバー変化やジャッキアップ現象が抑えられている。また、ラバースプリングを圧縮、引張方向で使うBMC・ミニに比べ、ゆったりとした振幅となっている。マツダ・R360クーペ フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭昇太

    春風亭昇太から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    いわゆる旧車好き。31歳でローバー・ミニを、35歳でトヨタ・パブリカ800を、37歳でダットサン・ブルーバード312を購入。2012年5月16日に「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」(BS日テレ)に出演した際にマツダ・キャロルが欲しいことを明かしていたが、その後実際にマツダ・キャロル600(当時世界に3台しかなかった)を入手したという。本人曰く「一番の夢は平屋の家を建てて庭に置いたパブリカやダットサンを眺めつつ縁側でお茶を飲むこと」。春風亭昇太 フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「MINI」のニューストピックワード