75件中 11 - 20件表示
  • ラバー・コーン・サスペンション

    ラバー・コーン・サスペンションから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ラバー・コーン・サスペンション(Rubber Cone Suspension )とは、英国のBMC(当時)が製造した小型の乗用車「ミニ」の開発にあたり、アレックス・モールトン博士が開発した、コーン(円錐)状のゴムばねを使ったサスペンション、およびその構造を指す。ラバー・コーン・サスペンション フレッシュアイペディアより)

  • ローバージャパン

    ローバージャパンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1993年頃、英国政府が欧州為替相場メカニズム (ERM) からの脱退を表明。それに伴いUKポンド安となり、ローバーはミニやローバー・400などの主力車種を相次いで値下げした。中でも大きかったのは1994年9月のレンジローバーを300万円も大幅に値下げしたことであった。多くのオーナーがローバーの政策に歓迎し、また他のインポーターも円高還元の値下げを相次いで行うようになった。ローバージャパン フレッシュアイペディアより)

  • ロッカーアーム

    ロッカーアームから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    現在では省燃費・高回転を謳うエンジンの多くに採用されている技術だが、海外ではフォードV8やハーレーダビッドソン、ミニクーパーなどのOHVエンジン向けのアフターパーツとして販売されていることも多い。アフターパーツのローラーロッカーアームは、アーム重量を少しでも減らすためにアルミ合金などの軽量な材質を使用していることもあり、OHVエンジンを高回転・高出力型にチューニングする際には欠かせないパーツの一つともなっている。ロッカーアーム フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・マエストロ

    オースチン・マエストロから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    LC10は、BLの花形デザイナーのデビッド・ベイチュの指導下でイアン・ビーチ(Ian Beech)により5ドア・ハッチバックと4ドア・ノッチバックの主要な2車型がデザインされた。この車は、ミニが最初となった有名なイシゴニスのオイルパン一体型トランスミッションのパワートレーンを採用していない既存モデルの前輪駆動車から発展したものであった。A-シリーズ(A-Series)とR-シリーズ(R-Series)・エンジンは、フォルクスワーゲンから購入したトランスミッションの片端に取り付けられていた(フィアットがアウトビアンキ・プリムラで先鞭をつけた方式)。前のBL車に採用されていた洗練されたハイドラガス(Hydragas)・サスペンション方式はコスト的な理由により通常の前輪マクファーソン・ストラットと後輪には荷室容積の減少について妥協した結果フォルクスワーゲン・ゴルフ形式のトーションビーム(torsion beam)方式を採用していた。試作車には実際のゴルフのサスペンション部品を取り付けてテストされたが、これが初期の車のアキレスの踵となった前輪のホイールベアリングの摩耗/損傷を引き起こす原因となった可能性がある。マエストロは初代のゴルフよりも大型で重い車であった。オースチン・マエストロ フレッシュアイペディアより)

  • 左文字進

    左文字進から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    愛車は長らくオリエンタルレッドのオースチン・ミニ・クーパーSだったが、来日してしばらくたってからは中古のムスタングに買い換えた。その後は再びミニ・クーパーに乗り換えている。左文字進 フレッシュアイペディアより)

  • 佃公彦

    佃公彦から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    大の車好き、特にポルシェとミニをこよなく愛したことでも知られ、車に関する著作もある。佃公彦 フレッシュアイペディアより)

  • レイランド・P76

    レイランド・P76から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    構造的な強度には特に注意が払われ、ブリティッシュ・レイランドの技術陣はこれに注力した。この問題は車のボディを構成するパネルの数を減らすことで実現され、これはミニより僅か5枚多いだけと云われる特筆すべき215枚という少なさであった。レイランド・P76 フレッシュアイペディアより)

  • 僕はミニに恋してる

    僕はミニに恋してるから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニの走り屋、高桑一郎と深町はるかの恋愛とミニがメインの漫画でもある。僕はミニに恋してる フレッシュアイペディアより)

  • ブラッディエンジェルズ

    ブラッディエンジェルズから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    神奈川県警察西湘警察署交通課の新米警察官。階級は巡査。20歳。本作の主人公の1人。見かけは背が高い長髪の美人で、街を歩いているとナンパされることが多々あるが、性格は荒くガサツで家事が全然出来ないため、家事全般は同居する夕紀に任せっきり。日常でも服装などに全く頓着せず、女らしさとは全く無縁のオトコ女である(聖自身もそれは自覚しており、鯖須と夕食に行った折に『私はヨメには向いていない』と言っている)。伸縮式の警棒を愛用し、公私関係なく常に所持している。夕紀とは高校時代の同級生。コンニャクが嫌い。合気道三段・柔道初段の実力で、刃物を持った通り魔の男にもまったく動じない強さを持つ。さらに射撃の腕前も一流で、警察学校での成績は常にトップだった。そのために刑事課長の鯖須に「交通課勤務よりは刑事に向いている」と目を掛けられたが、当人は交通課の仕事に誇りを持っており、最終的には鯖須の勧誘を断った。ただ、正義感は強いが後先を深く考えずに突っ走る性格のため、追跡した暴走族のヘッドを病院送りにしたり、ミニパトをオシャカにしたり(第1話でミニのパトカーを潰し、その後乗り換えたBe-1のパトカーも最終話で潰している)とやりすぎの面が目立つ。そのため聖自身はおろか相棒の夕紀も常に生傷が絶えず、始末書の提出や自宅謹慎は日常茶飯事。夕紀とペアで西湘署のトラブルメーカーとして認識されている。石戸とは始末書の数などくだらないことで張り合っていたが、後に互いを特定の異性として意識し合う仲になり、石戸のために(夕紀の指導もあって)苦手な料理にも取り組むようになった。住まいは夕紀と同居。西湘署には1986年10月1日付けで配属。ブラッディエンジェルズ フレッシュアイペディアより)

  • プジョー・205

    プジョー・205から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    日本投入は当時、505などを輸入していた西武自動車販売がシトロエンの輸入に力を入れていたため消極的で(1985年のプジョーの年間登録台数はわずか59台だった)、1986年5月に当時のオースチン・ローバージャパン(ARJ)がミニとオースチン・モンテゴの中を埋める車種として輸入を開始した。プジョー・205 フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「MINI」のニューストピックワード