136件中 21 - 30件表示
  • ダッカムス

    ダッカムスから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1950年代 - ヨーロッパで最初のマルチグレードオイルQ5500(10W-30)を、1954年にはQ20-50(20W-50)を発売。Q20-50は1959年のミニ \(BMC\)の発売により売上を伸ばす。ミニで生じた早期の問題(過大なオイル消費、高温時の油圧不足、許容できないノイズ、ミッションの摩耗など)はQ20-50を用いる事でかなりの割合で解消したためBMCではQ20-50を推奨、Q20-50を使用していない場合は補償を行わないとしたため英国で最も販売の多いオイルとなった。ダッカムス フレッシュアイペディアより)

  • MG・MGF

    MG・MGFから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    MGFにおいて特筆すべきポイントとして、古くはBMC時代のミニ(一部モデル)やADO-16(全車種)に搭載された、液体式関連懸架システムのハイドロラスティック・サスペンションを発展させた、窒素ガスと防腐凍結防止剤入を入れた水を使うハイドラガス・サスペンションを搭載した。このシステムは乗り心地と姿勢制御には寄与したが、気温により車高が変化したり、メンテナンスが煩雑になるなどのマイナス面も見受けられる。液体の補充・交換には特殊工具を必要とする。またKシリーズエンジンはヘッドガスケットの強度が弱くエンジン故障を招きやすいと言われていた。(ローバー製の同系統のV型6気筒エンジンKV6でも同様の問題が見られた)後に対策が施され、1999年(日本では2000年)に行われたマイナーチェンジ後のエンジンは問題ないとも言われている。後継のモデルのMG TFのエンジンでは構造に改良が加えられている。MG・MGF フレッシュアイペディアより)

  • アウトビアンキ・A112

    アウトビアンキ・A112から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    A112の目的はあくまで市場の評価を確かめるためのもので、その後発売された127は市場で大成功を収めたため、A112の本懐は成し遂げられた。ところが1970年代後半になり、ミニの生産が終了した後に「アバルト」の人気が出たため、生産自体はそのまま続行された。また一部のマニアに人気で、最終的には20年近くも生産され続けた。日本ではジヤクスが輸入したことでも知られる。アウトビアンキ・A112 フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・アレグロ

    オースチン・アレグロから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    BLの前身BMC にとってミニに次ぐ成功作となったオースチン・1100等のBMC・ADO16シリーズの後継モデルとして企画され、開発コード番号は『 ADO67 』だった。当初ADO16に続いてイタリアのピニンファリーナにデザインを依頼することが考慮され、ピニンファリーナもそのプロトタイプを制作していたが、結局はハリス・マンのアイデアを中心とする自社設計となった。そのアイデアスケッチはあたかもサメのような鋭利なイメージを持ったものだったが、量産化検討の段階でずんぐりとしたプロポーションに変わってしまった。オースチン・アレグロ フレッシュアイペディアより)

  • ターンフロー

    ターンフローから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    こうした設計の延長上で誕生したユニークな手法として、ブリティッシュ・レイランド・ミニとオーストラリアのホールデン製6気筒エンジンで用いられたサイアミーズ・ポート(Siamesed Port)と呼ばれる設計が挙げられる。サイアミーズ・ポートとは、2つの隣接したシリンダー間で巨大な吸排気ポートを共有するというもので、吸排気ポート拡大の手法を極限まで推し進めた結果、このような設計が誕生した。ターンフロー フレッシュアイペディアより)

  • フィアット・128

    フィアット・128から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    その後、アレック・イシゴニスの設計で1959年にイギリスのBMCから発表された前輪駆動車開発名ADO15、ミニが、ダンテ・ジアコーサにも大きな影響を与えることになった。フィアット・128 フレッシュアイペディアより)

  • MG・RV8

    MG・RV8から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    基本的に30年前に開発されたMGBをベースとしているため、パワーステアリングが搭載されていない、四輪独立懸架でないなど、車の内容は旧態依然としたものであったが、V8エンジンの高出力に耐えうるべくリーフ式リジットのリアサスペンションの近代化(シングル・パラボリック・リーフの採用)とトルク・ロッドの追加、ショックアブソーバーのテレスコピック化、リア・ディファレンシャルギアのトルセンLSD化等が行われた。基本コンポーネンツの多くをMGBから流用すると同時に、ヘッドライトはポルシェ・911から、サイドのウインカーレンズとブレーキフルードのリザーブタンクはミニに使用されている汎用部品を使用するなど、既存車種からのパーツの流用により、500万ポンドの低予算と2年余りの短期間で開発が終了した。MG・RV8 フレッシュアイペディアより)

  • レイランド・P76

    レイランド・P76から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    構造的な強度には特に注意が払われ、ブリティッシュ・レイランドの技術陣はこれに注力した。この問題は車のボディを構成するパネルの数を減らすことで実現され、これはミニより僅か5枚多いだけと云われる特筆すべき215枚という少なさであった。レイランド・P76 フレッシュアイペディアより)

  • ウッドストック (漫画)

    ウッドストック (漫画)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    車はミニ・クーパーを所有していたが、チャーリーのツアーのために売ってライトバンを購入した。ウッドストック (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • モーリス (自動車)

    モーリス (自動車)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    第二次世界大戦が終わり、戦前モデルのエイトとテン(Morris Ten )の生産を再開。1948年には後継車として、モーリス・マイナーを発売。この車名は1928年の小型車で一度使われていた。この車はアレック・イシゴニス設計で、モーリス車の中では最も有名な車となる。設計者としてのイシゴニス自身はのちミニでその名を知られるようになる。また同年、マイナーを大きくしたスタイルをもったモーリス・オックスフォードも登場。これはインドのアンバサダー社の設計によるものだった。モーリス (自動車) フレッシュアイペディアより)

136件中 21 - 30件表示

「MINI」のニューストピックワード