75件中 21 - 30件表示
  • ターボアウトラン

    ターボアウトランから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    この頃はまだゲームに実車の名称を使用する場合であっても、自動車メーカーとの間のライセンス契約等も確立されていなかったようで、フェラーリ・F40やポルシェ・959やミニクーパーやポルシェ・911といったそうそうたる名車を登場させるなど、現在では見ることのできない演出がされている。またこのゲームが発売される前年、フェラーリの創設者で、F40が自ら手がけた最後のマシンとなったエンツォ・フェラーリが亡くなっており、本作のコクピットタイプの筐体には、白いレタリングで「Requiem for Enzo Ferrari」と刻まれていた。ターボアウトラン フレッシュアイペディアより)

  • 軽井沢シンドローム

    軽井沢シンドロームから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    耕平と純生が軽井沢に着いて最初に会った女の子で薫の親友。民芸品屋「うっでぃ」の娘。愛車はMiniとヤマハ・DT50。耕平・二郎・一弥に惚れるが、いずれも失恋に終わる。純生とは互いに意識し合う仲ながら、2人とも違う相手をいろいろ渡り歩いた末、最終的には結ばれた。軽井沢シンドローム フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・アレグロ

    オースチン・アレグロから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    BLの前身BMC にとってミニに次ぐ成功作となったオースチン・1100 等の通称『 ADO16 』シリーズの後継モデルとして企画され、開発コード番号は『 ADO67 』だった。当初ADO16に続いてイタリアのピニンファリーナにデザインを依頼することが考慮され、ピニンファリーナもそのプロトタイプを制作していたが、結局はハリス・マンのアイデアを中心とする自社設計となった。そのアイデアスケッチはあたかもサメのような鋭利なイメージを持ったものだったが、量産化検討の段階でずんぐりとしたプロポーションに変わってしまった。オースチン・アレグロ フレッシュアイペディアより)

  • ミニ・モーク

    ミニ・モークから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニ・モーク(Mini Moke )はミニをベースにアレック・イシゴニスによって設計され、BMCが1964年から製造、販売した多目的車である。車名の「ミニ」はベースとなっているミニを、「モーク」はロバを表す 。ミニ・モーク フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・モンテカルロ

    ラリー・モンテカルロから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    サーブ以外にBMCがミニMk?を1960年に投入。1962年1963年とミニ・クーパーへと進化させるとラウノ・アルトーネンらが上位に食い込む活躍を見せて来る。この頃BMCワークスのマネージャーに後に英国フォードで手腕を発揮する事になるスチュワート・ターナーが本格的なラリーシステムの骨格となる「ペースノート」、「レッキ」、「サービス計画」など、近代的なラリーオペレーション化として持ち込み、モンテカルロでは後に常識となる「アイスノートクルー」をはじめて起用。ハンデを考慮し、車の仕様を小変更後の複数クラスへの分散エントリーや共倒れのリスクを避けるためのコンサントラシオンのスタート地点を分けるなど一歩先を進むオペレーションが行われていくことになる。ラリー・モンテカルロ フレッシュアイペディアより)

  • ミニ・クーパー

    ミニ・クーパーから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニ・クーパー フレッシュアイペディアより)

  • クーパー・カー・カンパニー

    クーパー・カー・カンパニーから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニ・クーパーの詳細についてはミニ \(BMC\)またはミニ (BMW)を参照。クーパー・カー・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • クリス・レア

    クリス・レアから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    「ずいぶん昔、この曲を録音する前のことだが、妻が私をミドルズブラまで連れ帰るために高い電車賃を節約しようと、オースティンミニでロンドンまで迎えに来たんだ。私たちは車で家へ向かったんだがひどい渋滞に巻き込まれてしまってね。その時にこの曲の着想を得たんだ。この曲はクリスマス・キャロルの車バージョンなんだよ。」クリス・レア フレッシュアイペディアより)

  • ターンフロー

    ターンフローから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    こうした設計の延長上で誕生したユニークな手法として、ブリティッシュ・レイランド・ミニとオーストラリアのホールデン製6気筒エンジンで用いられたサイアミーズ・ポート(Siamesed Port)と呼ばれる設計が挙げられる。サイアミーズ・ポートとは、2つの隣接したシリンダー間で巨大な吸排気ポートを共有するというもので、吸排気ポート拡大の手法を極限まで推し進めた結果、このような設計が誕生した。ターンフロー フレッシュアイペディアより)

  • 小林彰太郎

    小林彰太郎から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニ・ストーリー―小型車の革命 (ローレンス・ポメロイ著/二玄社)小林彰太郎 フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「MINI」のニューストピックワード