75件中 51 - 60件表示
  • ボクスホール

    ボクスホールから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    イギリス国内の大衆車市場において、ミニやフォード・アングリアに対抗しうる最量販モデルとなる1リッタークラスの小型車が、ボクスホールには長年にわたって欠落していた。これを補うため、1963年からは1056ccの小型車「ヴィーヴァ」を生産開始したが、これは同じGM傘下のドイツのオペルが前年から生産していた小型車「カデット」に若干改変を加えただけのモデルであった。これをきっかけに、GMは国際的な生産モデル共通化の傾向を強め、ヨーロッパ市場では生産台数が一番大きく開発能力が高かったオペルを開発拠点とするようになる。ボクスホール フレッシュアイペディアより)

  • スバル・360

    スバル・360から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    同時代にイギリスのBMCで開発されていたコンパクト車の「ミニ」も、専用タイヤとしてダンロップで新開発させた10インチタイヤを採用しており、同時期の着想として興味深い事実と言える。スバル・360 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・365GT4BB

    フェラーリ・365GT4BBから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    デイトナのV12をバンク角180°に広げ、トランスミッションの上に重ねた、イシゴニスレイアウトを採用していた。この基本形はテスタロッサの最終進化型F512Mまで使われたが、当モデルでクランクセンターが地上588mmと非常に高く、レイアウト、パッケージも含めて非常に問題が多いものだった。フェラーリ・365GT4BB フレッシュアイペディアより)

  • ラウノ・アルトーネン

    ラウノ・アルトーネンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1962年のラリー・モンテカルロでBMCワークスでのミニクーパーを駆るもチュリニ峠でクラッシュするまで総合2位に躍り出る活躍を見せる。63年は3位入賞。後に英国フォードで名監督ぶりを発揮する事となるスチュワート・ターナー、チームメイトティモ・マキネン共に後のクーパーSでは65年、67年とBMCにクーパーMk?から数え3度の優勝をもたらす事となる内の1967年に優勝へと導く。65年、66年は2位に入っている。ラウノ・アルトーネン フレッシュアイペディアより)

  • 三本和彦

    三本和彦から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1956年東京新聞記者を皮切りに、多摩美術大学講師を経て1969年からフリーのフォトジャーナリスト、モータージャーナリストとして雑誌の投稿や27年間続いた「新車情報」(テレビ神奈川)の司会などで活躍。フジテレビの深夜のニュース番組(プロ野球ニュースの直後の番組で、1987年頃で当時のキャスターは露木茂アナ(当時))の特集で自動車の話題の時にコメンテーターとしてたびたび登場した。1989年には英BBCの「Top Gear」のミニ30周年記念イベントを取り上げた時に英語でインタビューを受けている。三本和彦 フレッシュアイペディアより)

  • ホットハッチ

    ホットハッチから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    古くは同様の設計が存在した。ボクスホール・シェヴェットHS(Chevette HS ) は高性能ハッチバックだった。HSはラリー用のモデルとして設計がなされていたため一部のマニアにのみ販売されており、実用性の高いゴルフGTIとは違いファミリーカーではなく、また従来型のFRレイアウトだった。さらに、FFレイアウトに高出力エンジンを積んだ例は1962年のミニ・クーパーにまで遡れるが、トランクが独立しており、ハッチバック車でないためホットハッチには含まれない。ホットハッチ フレッシュアイペディアより)

  • COWCOW

    COWCOWから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    漫才の時は毎回伊勢丹の紙袋と同じ配色のチェック柄のスーツを着ている。そのスーツを着ているときはつかみで「伊勢丹の紙袋でーす」と言う。また、数年前の誕生日に、相方・山田の嫁からA BATHING APEの伊勢丹柄のバッグをもらったのを普段から愛用している。最近は愛車のミニ \(BMC\) の塗装を伊勢丹柄にラッピングしようか迷っている。COWCOW フレッシュアイペディアより)

  • ポール・スミス

    ポール・スミスから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    “ひねりのあるクラシック”をスローガンとする彼の服飾は伝統的な技術、仕立てと遊び心が共存する個性的なもので、ブランドのシンボルともなっている色鮮やかなストライプ柄や花柄、写真などのプリント技術を応用してメンズウェアに逸早く取り入れるなど、軽やかで色鮮やかな素材や仕立てを伝統的なものに取り入れ、融合させることにより、ジーンズとTシャツに代表されるカジュアルファッションの勢いに押されて低迷しつつあった、ともすれば古色蒼然とした堅苦しい印象を与えがちであった英国の伝統的なメンズウェアに、モダンなファッションアイテムとしての新たな価値を見出すと同時にスーツをはじめとする英国の伝統的なメンズウェアの良さを世界に再認識させた。その彼の感性は服飾の分野にとどまらず、早くから異業種のトム・ディクソンやダイソンなどを取り扱ったり、1995年にファッション・ブランドとして逸早くウェブサイトを開設したり、1998年にはFIFAワールドカップフランス大会イングランド代表チームの公式スーツやローバーの小型車「ミニ」の内外装を手がけるなどして話題となった。2008年からはマンチェスター・ユナイテッドFCの公式スーツを担当している。ポール・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 語呂合わせ

    語呂合わせから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ‥32、32-32、32-98(ミニ \(BMC\)またはミニ (BMW)(クーパー)の語呂合わせ)語呂合わせ フレッシュアイペディアより)

  • GTO (漫画)

    GTO (漫画)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    野村朋子のマネージャー。かなり一途な性格で、周りが見えなくなってしまうこともある。愛車は初代ミニ。朋子に純愛の片思いにも似た好意を抱いており、またの演技の才能に感銘を受け朋子をスカウトした本人である。宗方の登場によって、セカンドマネージャーに降格される。その後は繭のセカンドマネージャーにもなるが、苦労が絶えない日々を送っている。学生時代には、明治大学のアイドル研究部に所属していた。本編にも登場し、鬼塚にたかられたりしている。GTO (漫画) フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示