136件中 61 - 70件表示
  • 来生たかお

    来生たかおから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    愛車はミニ・クーパー。将来的にはもっと楽に取得出来るシステムになるだろうと考え、専ら妻の車の助手席に陣取っていたが、49歳で一念発起し一発合格を果たした。きっかけは、同じように長らく車の運転をしなかった井上陽水が免許を取得した事にあるらしく、その井上は、来生が自動車学校に通い始める数日前に会食をし、その後、帰路の途中まで自分の車で送った事実を引きつつ、万事変化を望まないイメージの来生が運転を始めた意外さに言及している。また、オリジナルアルバム『Dear my company』に作詞及びコーラスで参加した際、ミニ・クーパーの座席にギルバート・オサリヴァンのCDケースがさりげなく置かれていた事に気付いたという。来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • プジョー・205

    プジョー・205から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    日本投入は当時、505などを輸入していた西武自動車販売がシトロエンの輸入に力を入れていたため消極的で(1985年のプジョーの年間登録台数はわずか59台だった)、1986年5月に当時のオースチン・ローバージャパン(ARJ)がミニとオースチン・モンテゴの中を埋める車種として輸入を開始した。プジョー・205 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年日本グランプリ (4輪)

    1964年日本グランプリ (4輪)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    三菱・コルト1000が1位から4位を独占。前回優勝の日野・コンテッサが5〜7位と性能差が結果に表れた。コルト3台の先頭争いをリードした益子治が最終ラップにスピンし、加藤爽平が優勝。写真家早崎治のミニ・クーパーSはヘアピンで横転、フロントガラスを割りながら8位で完走した。1964年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・365GT4BB

    フェラーリ・365GT4BBから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    デイトナのV12をバンク角180°に広げ、トランスミッションの上に重ねた、イシゴニスレイアウトを採用していた。この基本形はテスタロッサの最終進化型となるF512Mまで使われたが、当モデルでクランクセンターが地上588 mmと非常に高く、レイアウト、パッケージも含めて非常に問題が多いものだった。フェラーリ・365GT4BB フレッシュアイペディアより)

  • オー!マイキー

    オー!マイキーから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    第25話に登場。油の産出国で、金の山脈も持つ豊かなヨーロッパにあるブルーベリー王国の王様。マイキーに愛車(ミニ)がオーバーヒートした時に直してもらったお礼に自分の養子にしようとしている。語尾に「もい」が付く。オー!マイキー フレッシュアイペディアより)

  • いとしのエリー (漫画)

    いとしのエリー (漫画)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    上野の3年生時の担任。串田の大学時代の同回生だが、高校時代に1年留学、大学受験で一浪しており串田より2歳年上。さらに生来のストレートな物言いが災いし教員採用試験で不採用となり、串田に数ヶ月遅れて英語の産休補助教員として赴任してきた。長身で美男の九州男児で女子生徒に絶大な人気を誇る。愛車はミニクーパー。大学時代はモテながらも内心は串田に好意を寄せていたが、串田は当時中村に心酔していたことからアプローチは出来なかった。その後正規採用を機に積極的に串田に交際を迫り、周囲にも交際しているように吹聴し外堀も埋めようとする。高校就任直後は上野を子供扱いし軽くあしらっていたが、二人が箱根に3泊旅行していた事を突き止めその関係を知ると、上野を引き離し串田を自分のものにしようと画策する。いとしのエリー (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • エドセル

    エドセルから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    最終的にエドセルのフロントエンド全体は、元々のコンセプトカーとは似て非なるものとなった。エドセル計画のオリジナル・チーフデザイナーのは、「2街区先からでも容易に見分けられるような存在感のあるデザイン」の実現を目指し、1954年頃より中央に細長く、非常に繊細な開口部を持たせる事を想定して数多くのデザインイラストを描いていた。だが、車体エンジニア達は小さな開口部に起因するラジエーターの冷却効率低下によるエンジンの冷却問題の発生を恐れ、当初ブラウンが意図していたデザインを拒否し、1955年のの段階からグリルの開口部を大きく広げるデザイン変更を行い、現在の「馬の首輪」という不名誉な称号をもたらす事となった。その一方で、ブラウン自身は紆余曲折を経て生まれたエドセルの生産車のデザインに対しても大きな誇りと愛情を抱いており、1960年にエドセル計画が放棄された際には「2日間悲しみに打ち拉がれた」と家族に語っていた。フォード・モーターはエドセル失敗の責任をチーフデザイナーのブラウンに帰する事はせず、彼を英国資本のBMCが送り出したBMC・ミニを前に苦戦を強いられていたイギリス・フォードに派遣。1962年、ブラウンは新天地でフォード・コーティナ Mk1をデザインした。コーティナはMk1だけでも約93万台余り、後継モデルも含めると20年に渡り世界中で生産される英国車史上でも特筆に値する成功を収め、数百万米ドルの利益をフォード・モーターにもたらした。1963年、ブラウンはコーティナMk1をベースに、1961年式フォード・サンダーバード()のエッセンスを加えてリデザインしたフォード・コルセアも手掛けた。こちらも累計31万台を売る大きな成功を収め、コルセアという車名からエドセルが連想される汚名を雪ぐ効果をもたらす事となった。ブラウンが設計したコーティナMk1はアメリカ本国にも逆輸入されて全州のフォード・ディーラーで販売され、1970年にフォード・ピントが登場するまで、フォード・ギャラクシーと日本車や欧州車との間になお存在し続けた最低価格帯のラインナップを担う存在となった。エドセル フレッシュアイペディアより)

  • ラウノ・アルトーネン

    ラウノ・アルトーネンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1962年のラリー・モンテカルロでBMCワークスのミニクーパーを駆り、チュリニ峠でクラッシュするまで総合2位につける活躍を見せる。1963年は3位入賞。後にイギリス・フォードで名監督ぶりを発揮する事となるスチュワート・ターナー、チームメイトティモ・マキネンと共にブリティッシュ・モーター・コーポレーション (BMC) のモンテ黄金期を築き、1964年・1965年・1967年に優勝。アルトーネン自身はクーパーSで1967年に優勝し、1965年と1966年は2位に入っているが、1966年は主催者のモナコ自動車クラブ (ACM) がヘッドライトの規定違反としてミニ勢を「失格」としている。ラウノ・アルトーネン フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・マエストロ

    オースチン・マエストロから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    LC10は、BLの花形デザイナーのデビッド・ベイチュの指導下でイアン・ビーチ(Ian Beech )により5ドア・ハッチバックと4ドア・ノッチバックの主要な2車型がデザインされた。この車は、ミニが最初となった有名なイシゴニスのオイルパン一体型トランスミッションのパワートレーンを採用していない既存モデルの前輪駆動車から発展したものであった。A-シリーズ(A-Series)とR-シリーズ(R-Series)・エンジンは、フォルクスワーゲンから購入したトランスミッションの片端に取り付けられていた(フィアットがアウトビアンキ・プリムラで先鞭をつけた方式)。前のBL車に採用されていた洗練されたハイドラガス(Hydragas)・サスペンション方式はコスト的な理由により通常の前輪マクファーソン・ストラットと後輪には荷室容積の減少について妥協した結果フォルクスワーゲン・ゴルフ形式のトーションビーム(torsion beam)方式を採用していた。試作車には実際のゴルフのサスペンション部品を取り付けてテストされたが、これが初期の車のアキレスの踵となった前輪のホイールベアリングの摩耗/損傷を引き起こす原因となった可能性がある。マエストロは初代のゴルフよりも大型で重い車であった。オースチン・マエストロ フレッシュアイペディアより)

  • ローバー美々

    ローバー美々から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ローバー美々(ローバー・みみ、旧芸名・かわのえりこ・生年月日1970年2月10日 )は、神奈川県出身のセクシー系女性タレント。芸名の由来はロバの耳と英国車ローバー・ミニからとっているといわれている。「K-POP洗脳家 ローバー・美々」を名乗っている。ローバー美々 フレッシュアイペディアより)

136件中 61 - 70件表示

「MINI」のニューストピックワード