75件中 61 - 70件表示
  • 軽自動車

    軽自動車から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    スバル360と同時期に発表されたイギリスの「BMC・ミニ」は、エンジンこそ850ccであったが、室内容積は日本の軽自動車と同等であった。軽自動車 フレッシュアイペディアより)

  • La'cryma Christi

    La'cryma Christiから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    スティック回しを得意とする。踊るようにドラムを叩く。メンバー中最も小柄(公称5mm、5g)でヴィジュアル系ブーム期は体格と髪型からしばしば西川貴教に似ていると指摘された。愛車はミニ。真矢(ex.LUNA SEA)と住吉美紀がMCを務めていた番組、「BEAT MOTION」に出演した際、お土産として実際にレコーディングで使用されたスネアのヘッド(メンバーのサイン入り)を贈ったことがある。元メンバーのKOJIとは高校の同級生。愛犬はミニチュア・ダックスフントのデータ。La'cryma Christi フレッシュアイペディアより)

  • 燃料噴射装置

    燃料噴射装置から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    これらのメーカーは燃料噴射装置付きエンジンの中でも比較的低廉なグレードの物にSPIを採用していたが、三菱のECI(採用エンジン例:G63B、G54B、G32B等の縦置きエンジン)は、各ポート噴射式のMPI(ECI-MULTI)を本格的に採用するまでの間は、ターボエンジンなどの上級グレードの車種にも積極的にSPIを搭載していた。三菱のSPIはスロットルボディの前に配置された2本の大容量インジェクターがスロットルに向けて集中的に燃料を噴射する独自の形式で、WRCに参戦する車両(ランサーEX、スタリオン)のエンジンにも市販車と同じ構造のSPIを使用し、多数の実績を収めている。こうしたSPIの中で一番の成功例はホンダの第1期F1用エンジンであろう(1964年 - 1968年にかけて2勝を記録)。日本国外のメーカーで、日本での馴染みの深い車種としてはイギリス・ローバー製のミニがその末期で採用した。燃料噴射装置 フレッシュアイペディアより)

  • オー!マイキー

    オー!マイキーから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    第25話に登場。油の産出国で、金の山脈も持つ豊かなヨーロッパにあるブルーベリー王国の王様。マイキーに愛車(ミニ)がオーバーヒートした時に直してもらったお礼に自分の養子にしようとしている。語尾に「もい」が付く。オー!マイキー フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・N360

    ホンダ・N360から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    2ドアの2ボックス形状は、小径タイヤを四隅に配置して車室空間を稼ぎ出そうとした設計である。当時の軽乗用車としては、極めて広い車室を備えていた。その設計思想および駆動形式は、英国ですでに販売されていたイギリスのミニを模倣した影響が色濃く出ている。トランクリッドを備えているのも共通であるが、N360では、リヤバルクヘッドやトレイを省略したトランクスルー構造となっている。ホンダ・N360 フレッシュアイペディアより)

  • 逮捕しちゃうぞ

    逮捕しちゃうぞから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    愛車はアニメ版1st seasonでは赤、2nd seasonでは緑のミニ・ERAターボで念入りに手入れがされている他、美幸ほどではないがかなりの改造も施されている。逮捕しちゃうぞ フレッシュアイペディアより)

  • 東京マルイ

    東京マルイから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    その後は、小型のラジコンカーにシフトし、1/10サイズの製品は販売していない。1/24サイズのラジコンカー「RC CLUB」(現在は販売終了)を販売していた。パッケージには漫画家の西風によるイラストを採用し、ランナップはフィアット・アバルト、アルピーヌ・A110(公式ホームページにも掲載されていないかなりの希少品)、トヨタ・スポーツ800、モーリス・ミニクーパー、ホンダ・S800の5台を生産していた。東京マルイ フレッシュアイペディアより)

  • ブリティッシュ・レイランド

    ブリティッシュ・レイランドから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    他に上級小型車であるWolseley(ウーズレー)、Riley(ライレー)などの乗用車ブランドも保有していたが、これらに相当する旧BMC系のモデルは早くも1969年に生産終了した。また、有名な小型車のMini(ミニ)もオースティンおよびモーリスのブランドで生産していた(後年ローバーにブランドを変える)。ブリティッシュ・レイランド フレッシュアイペディアより)

  • トラバント

    トラバントから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    エンジンは直列2気筒2ストロークの空冷エンジン横置き配置で、前輪駆動方式であった。四輪自動車のエンジン横置き配置は2気筒クラスでは珍しいことではなく、1931年のDKW・F1からして2気筒横置きエンジンである。一般に横置きエンジンの最初とされるイギリスのミニ(1959年、アレック・イシゴニス設計)は、長い4気筒エンジンを横置きにしたことに意義があった。ブレーキは全期間を通して4輪ドラムブレーキであったが、明らかに性能不足であった。トラバント フレッシュアイペディアより)

  • 北へ。

    北へ。から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    主人公は大学生、父親の愛車ミニクーパーを借りて北海道を回っていることから、北海道内を自動車でめぐり観光地や飲食店など目的地に着いては散策するというものとなっている。ただし、マップの上を点が進んでいく形状のものであり、移動中の実際の風景も表示されない。時間と金銭の概念があり、移動する距離が長ければ長いほど大きく消費する。予算を使い果たしてしまうとゲームオーバーとなる。北へ。 フレッシュアイペディアより)

75件中 61 - 70件表示