136件中 71 - 80件表示
  • スティーブ・マックイーン

    スティーブ・マックイーンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    マックイーンはプロのレースカー・ドライバーになることを考えた。1961年にはイギリスツーリングカー選手権の第7戦、ブランズ・ハッチにBMCのミニで参加、3位でフィニッシュしている。1970年のセブリング12時間レースではピーター・レブソンと組んでポルシェ・908/02をドライブ、2週間前にオートバイの事故で左足を怪我していたにも関わらず、3リッタークラスで優勝し、総合ではマリオ・アンドレッティ/イグナツィオ・ギュンティ/ニノ・ヴァッカレラ組の5リッターフェラーリ・512Sに23秒遅れの2位であった。このポルシェ・908/02はマックイーン自身のソーラー・プロダクションから『栄光のル・マン』用のカメラ車として1970年のル・マン24時間レースにエントリーした。マックイーンはジャッキー・スチュワートとポルシェ・917をドライブしたがったが、映画の後援者はその場合サポートから手を引くと主張した。ル・マンで24時間ドライブするか、映画を製作するために夏の間ドライブするかを選択しなければならなくなり、マックイーンは後者を選択した。スティーブ・マックイーン フレッシュアイペディアより)

  • 左文字進

    左文字進から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    愛車は長らくオリエンタルレッドのオースチン・ミニ・クーパーSだったが、来日してしばらくたってからは中古のムスタングに買い換えた。その後は再びミニ・クーパーに乗り換えている。左文字進 フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモ5

    グランツーリスモ5から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニ \(BMC\)(イギリス(※ゲーム上ではドイツ))グランツーリスモ5 フレッシュアイペディアより)

  • Mr.ビーン

    Mr.ビーンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ビーンの愛車。第1話「ミスター・ビーン」ではオレンジ色の'69年製モーリス Mini MK II(ナンバープレートは「RNT 996H」)に乗っていたが、物語の最後に事故で全損。第3話「ミスター・ビーン、とんだヤブヘビ」からは2台目として、ライム・グリーン色にペイントされ、ボンネットがつや消し黒に塗られた'77年製MKIII ブリティッシュ・レイランド 製Mini 1000(ナンバープレートは「SLW 287R」)に乗っている(ライム・グリーン色はイギリス人にとって最も軽蔑すべき色として知られている)。運転席側のカギが破損したため、運転席のドアに南京錠を取り付けてある。また、防犯のため停車時はハンドルを取り外して常に持ち歩いている。第11話「ミスター・ビーン、学校へ行く」では軍隊のデモンストレーション用に用意されていたミニ(ナンバープレートは「ACW 497V」)とビーンの乗ってきたミニが取り違えられ(これはビーン自身が故意に取り替えた)、「SLW 287R」の方は無残にも戦車で押しつぶされた。この際、ビーンは無事だった南京錠とスライドボルトを回収している。最終話「おやすみなさい、ミスター・ビーン」では同型・同色・同番号「SLW 287R」のミニが再び登場している。辻褄を合わせると「ACW 497V」のミニに「SLW 287R」のプレートと南京錠とスライドボルトを取り付けたと考えられる。DVD特典映像のベストビッツ・オブ・ミスタービーンでは屋根裏部屋にタイヤ、ハンドル、ドア、ヘッドランプ等のごく僅かに残った部品が置かれている。実際に撮影で使用されたミニは北イングランドのカンブリア州ケズウィックのCars of the Stars Motor Museum(スター自動車博物館)に保管されている。映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」ではヒッチハイクで同型車種(ナンバープレートは「207 UHO 75」)が登場する。Mr.ビーン フレッシュアイペディアより)

  • 旧車

    旧車から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    MINI(1959年式 - 2000年式)旧車 フレッシュアイペディアより)

  • 前輪駆動

    前輪駆動から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    世界の大衆車に前輪駆動が広く普及するきっかけを創ったのは、1959年に発表されたイギリス・BMCのミニとされる。それまで前輪駆動は縦置きレイアウトがむしろ主流であったが、ミニは、エンジンを横置きにし、その下にトランスアクスルを置いて二階建てに配置する方式を採用した。この横置きエンジン二階建て構造は、開発者アレック・イシゴニスの名を採ってイシゴニス方式と呼ばれる。前輪駆動 フレッシュアイペディアより)

  • マーコス

    マーコスから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    初代ミニのドライブ・トレーンとサスペンション・ユニットを流用し、1966年のル・マン24時間レースで英国車として唯一完走を果たしたFRPボディーの「ミニ・マーコス」が世界的に名を馳せ、日本では1990年代に再生産された「ミニ・マーコス」をチェッカーモータースが輸入したことでも知られる。マーコス フレッシュアイペディアより)

  • ホワイトハウス (自動車販売)

    ホワイトハウス (自動車販売)から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    2月:(株)エー・アール・ジェイ名古屋(平成11年4月:合併)を設立。オースチン・ローバー・ジャパン(株)とディーラー契約を締結し、ローバー、ランドローバー、MG、MINIクラシックの販売開始。ホワイトハウス (自動車販売) フレッシュアイペディアより)

  • 軽トールワゴン

    軽トールワゴンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1980年代後半から、折からのバブル経済に後押しされるかたちで、フォルクスワーゲン・ゴルフやルノー・5、またローバー・Miniやシトロエン・2CVなど、個性的な輸入大衆車が販売台数を伸ばしており、日本車でも新たな付加価値を持つクルマが大挙して現れたこと、そして日産自動車が一連のパイクカーを発表したことなどが影響し、カーマニア以外の消費者にも、車に性能や利便性以外の「個性」を求める雰囲気が広まっていた。軽トールワゴン フレッシュアイペディアより)

  • 森博嗣

    森博嗣から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    自動車好きを公言しており、愛車は予約して購入したホンダ・ビートと、印税を元に購入したポルシェ・911。他にミニや、光岡のキットカー「K-2」なども所有している。森博嗣 フレッシュアイペディアより)

136件中 71 - 80件表示

「MINI」のニューストピックワード