136件中 81 - 90件表示
  • Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

    Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    その村でカーソン・クレイ監督のCM撮影に巻き込まれたビーンは、そのCMに出演していた女優サビーヌが乗っている車が、偶然にも自身の愛車であるミニとカラーやタイヤまで全く同じであることに感激し、さらにサビーヌが出演している映画の上映を見る為カンヌに向かうと聞いて乗せてもらうことにする。道中の給油所ではビーンを探していたステパンとも再会、合流する。Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! フレッシュアイペディアより)

  • 陳喬恩

    陳喬恩から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    2018年1月4日未明、忠孝東路四段から復興南路へ愛車のミニクーパーで赤信号で右折し、台北市政府警察局大安分局の署員に停められた。アルコール検査で0.67mgのアルコールが検出された。本人は自宅で飲酒後、夜食を買いに出たという。台北地検署に拘束されたのち、10万元で保釈された。陳喬恩 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・モールトン

    アレックス・モールトンから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1950年にジョージ・スペンサー・モールトン・アンド・カンパニーをエイヴォン・タイヤに売却した後、新たにモールトン・デヴェロップメンツを興して友人のアレック・イシゴニス設計によるBMC(British Motor Corporation)の歴史的名車ミニのサスペンション開発を行った。このサスペンションは自動車用のサスペンションとしては極めて珍しくラバーコーン(ゴム製部品)をバネに用いたものであった。アレックス・モールトン フレッシュアイペディアより)

  • 騎士団長殺し

    騎士団長殺しから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニ・クーパー - 絵画教室の生徒の女が乗る。色は赤。騎士団長殺し フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・モーター・カンパニー

    オースチン・モーター・カンパニーから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    1956年、スエズ危機終結により石油の枯渇がささやかれると、ロードはアレック・イシゴニスに新車の開発を依頼、その結果、革命的といわれるMini(ミニ)が1959年に誕生する。ミニはモーリスとオースチンの2つのブランドから販売され、それぞれの車名は、モーリス版が「ミニ マイナー」、オースチン版が「7(セブン)」となった。オースチン・モーター・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • ブラッディエンジェルズ

    ブラッディエンジェルズから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    神奈川県警察西湘警察署交通課の新米警察官。階級は巡査。20歳。本作の主人公の1人。見かけは背が高い長髪の美人で、街を歩いているとナンパされることが多々あるが、性格は荒くガサツで家事が全然出来ないため、家事全般は同居する夕紀に任せっきり。日常でも服装などに全く頓着せず、女らしさとは全く無縁のオトコ女である(聖自身もそれは自覚しており、鯖須と夕食に行った折に『私はヨメには向いていない』と言っている)。伸縮式の警棒を愛用し、公私関係なく常に所持している。夕紀とは高校時代の同級生。コンニャクが嫌い。合気道三段・柔道初段の実力で、刃物を持った通り魔の男にもまったく動じない強さを持つ。さらに射撃の腕前も一流で、警察学校での成績は常にトップだった。そのために刑事課長の鯖須に「交通課勤務よりは刑事に向いている」と目を掛けられたが、当人は交通課の仕事に誇りを持っており、最終的には鯖須の勧誘を断った。ただ、正義感は強いが後先を深く考えずに突っ走る性格のため、追跡した暴走族のヘッドを病院送りにしたり、ミニパトをオシャカにしたり(第1話でミニのパトカーを潰し、その後乗り換えたBe-1のパトカーも最終話で潰している)とやりすぎの面が目立つ。そのため聖自身はおろか相棒の夕紀も常に生傷が絶えず、始末書の提出や自宅謹慎は日常茶飯事。夕紀とペアで西湘署のトラブルメーカーとして認識されている。石戸とは始末書の数などくだらないことで張り合っていたが、後に互いを特定の異性として意識し合う仲になり、石戸のために(夕紀の指導もあって)苦手な料理にも取り組むようになった。住まいは夕紀と同居。西湘署には1986年10月1日付けで配属。ブラッディエンジェルズ フレッシュアイペディアより)

  • ホットハッチ

    ホットハッチから見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    古くは同様の設計が存在した。ボクスホール・シェヴェットHSは高性能ハッチバックだった。HSはラリー用のモデルとして設計がなされていたため一部のマニアにのみ販売されており、実用性の高いゴルフGTIとは違いファミリーカーではなく、また従来型のFRレイアウトだった。さらに、FFレイアウトに高出力エンジンを積んだ例は1962年のミニ・クーパーにまで遡れるが、トランクが独立しており、ハッチバック車でないためホットハッチには含まれない。ホットハッチ フレッシュアイペディアより)

  • HASHIRIYA 狼たちの伝説

    HASHIRIYA 狼たちの伝説から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    搭乗車種…Mimi(赤)HASHIRIYA 狼たちの伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 燃料噴射装置

    燃料噴射装置から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    これらのメーカーは燃料噴射装置付きエンジンの中でも比較的低廉なグレードの物にSPIを採用していたが、三菱のECI(採用エンジン例:G63B、G54B、G32B等の縦置きエンジン)は、各ポート噴射式のMPI(ECI-MULTI)を本格的に採用するまでの間は、ターボエンジンなどの上級グレードの車種にも積極的にSPIを搭載していた。三菱のSPIはスロットルボディの前に配置された2本の大容量インジェクターがスロットルに向けて集中的に燃料を噴射する独自の形式で、WRCに参戦する車両(ランサーEX、スタリオン)のエンジンにも市販車と同じ構造のSPIを使用し、多数の実績を収めている。こうしたSPIの中で一番の成功例はホンダの第1期F1用エンジンであろう(1964年 - 1968年にかけて2勝を記録)。日本国外のメーカーで、日本での馴染みの深い車種としてはイギリス・ローバー製のミニがその末期で採用した。燃料噴射装置 フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモ6

    グランツーリスモ6から見たミニ (BMC)ミニ (BMC)

    ミニ \(BMC\)(イギリス(※ゲーム上ではドイツ))グランツーリスモ6 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「MINI」のニューストピックワード