2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
101件中 91 - 100件表示
  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た行灯

    両車とも、リアオーバーハングを延長して車体を3BOXとし、トランク容積を稼いでいる。小ぶりなテールフィンを持ち、リアコンビランプを収めている。フロントデザインも変更され、ミニマムサイズながら上級サルーンとして仕立てられた。プレーンなグリル枠で、縦枠上部に楕円形のウーズレーのイルミネーションエンブレム(行灯式)がついているのがホーネット、盾形のフロントグリルの上枠にひし形のライレーのブルーダイヤモンドエンブレムがついているのがエルフである。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たオートバイ

    ミニは全車種で一般的な4気筒水冷エンジンを採用していた。それまでの車のパッケージとは異なり、エンジンを横置きにして、トランスミッションをオートバイと同様にエンジン下部のオイルパン内部に置き、エンジンオイルで共通潤滑する構造とした。これらの工夫によって前輪駆動が可能となった。コンパクトなパワートレイン設計によって、小さな車体にもかかわらず、必要十分な室内空間を確保することに成功している。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たスペイン

    1971年、ミニ・クーパーのデザインがイタリアのイノチェンティとスペインの Authi 社にライセンスされ、それぞれイノチェンティ・ミニ・クーパー 1300 及び Authi ミニ・クーパー 1300 として生産された。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たニュージーランド

    1981年にはニュージーランドで、ジェフ・マーフィー監督の Goodbye Pork Pie というロードムービーにミニが出演した。しかしこの頃には多くの国への輸出市場でミニの人気は低下し始めていた。南アフリカやオーストラリア、ニュージーランドでの生産はこの頃までに全て中止となった。ニュージーランドでは組み立てラインを当時新たに人気が出ていたホンダ・シティの生産に切り替えた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たダッシュボード (自動車)

    通常のミニを「ミニH/L」に名称変更。クラブマンシリーズのダッシュボードとメーター周りが流用される。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たロングブリッジ工場

    全長3mほどに過ぎないコンパクトなボディは、設計者のイシゴニスが自らのスケッチでデザインするという異例の過程でスタイリングされた。だがコンセプトと内部構造を熟知した設計者自身のデザインは、機能に直結した合理性に富むもので完成度が高く、そのまま生産されることになった。組み立て時の手間を節約するためボディには風変わりな外板の継ぎ目が見られる。生産はバーミンガムのロングブリッジ工場で行われた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たミニミニ大作戦 (1969年の映画)

    この頃1969年の映画『ミニミニ大作戦』(The Italian Job )にも出演しており、その小ささや走りの良さをクローズアップした小気味良いカーチェイスの演出は、2003年のリメイク版には見られない美点となっている。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た水冷エンジン

    ミニは全車種で一般的な4気筒水冷エンジンを採用していた。それまでの車のパッケージとは異なり、エンジンを横置きにして、トランスミッションをオートバイと同様にエンジン下部のオイルパン内部に置き、エンジンオイルで共通潤滑する構造とした。これらの工夫によって前輪駆動が可能となった。コンパクトなパワートレイン設計によって、小さな車体にもかかわらず、必要十分な室内空間を確保することに成功している。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たテールライト

    1967年、ボディがMk IIと呼ばれるタイプに変更された。フロントグリルはデザインし直され、リアウインドウも左右に拡大された。ドア上の水切りが廃止され、雨樋も工数を減らしたものに変わった。リアコンビランプは、大きな角型のものへと変更された。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たゴム

    ミニのサスペンションスプリングには、一般的な金属ばねではなく、当時、ばねの先端素材として注目されていた、ゴムを使っている。ゴムメーカーであるダンロップの技術者アレックス・モールトンの設計による、円錐状に成型されたゴムばねを用いたラバーコーンサスペンションである。このばねは強いプログレッシブレートを持ち、最小のストロークで最大のエネルギー吸収量を得る様に設計されている。この強いプログレッシブ・レートを持つばねや、フロントが高くリヤが路面上にあるという特異なロールセンター設定のサスペンション、量産車としては今日の基準でも驚異的に速いステアリングギアレシオや、回転慣性モーメントやジャイロ効果の小さい10インチのタイヤなどによってゴーカートのようなハンドリングが生まれた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
101件中 91 - 100件表示