197件中 41 - 50件表示
  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たダイハツ工業

    1974年、イノチェンティはミニのプラットフォームを元にベルトーネが設計したハッチバックモデルであるイノチェンティ90と120を導入した。ベルトーネはミニ・クーパーの同型車で1,275 cc ターボエンジンを搭載したイノチェンティ・デ・トマソも開発した(後にダイハツ製エンジンに変更)。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たアウディ

    FF車のエンジンとトランスミッションの配置はメーカーごとにさまざまであったが、現在では、四輪駆動を主力商品とするメーカーであるアウディやスバルに縦置きエンジンのFFが見られるのみで、ほとんどのFF車はジアコーサ式の横置きエンジンとなっている。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たMG (自動車)

    MG とローバーは新たに設立されたイギリスの合弁企業であるフェニックスに売却され、ランドローバーはフォードに売却された。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たGKN

    更にこの当時(1950年代後期)、イギリスのハーディ・スパイサー社(1966年にGKNが買収)の手で、前輪駆動に適した「バーフィールド・ツェッパ等速ジョイント」が実用・量産化されたことが、イシゴニスのコンセプトをより現実的なものにした。ツェッパ式のボール・ジョイントは、前輪駆動車の旋回時に、ドライブシャフトが大きな屈曲を伴ってもほぼ等速で滑らかに駆動力を伝達できる理想的なジョイントであった。まだ高価なパーツだったが、タイヤが小さく、かつサスペンションストロークの小さなミニは、ドライブシャフトのタイヤ側だけにこのジョイントを使えば済んだ(デフ側のジョイントは、旧式だがコストを抑えられるダブルカルダンタイプで間に合った)。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た大衆車

    ミニ(Mini )は、イギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が生んだ大衆車。自動車としての必要最小限を形にした設計は、登場当時、革命的とまでいわれた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たライトバン

    Aシリーズエンジンは、BMC成立直前の1951年、オースチン大衆車向けに著名なエンジン技術者ハリー・ウェスレイクが設計した堅実な水冷エンジンで、オースチンとナッフィールドの合併でBMCが成立した後には、やはりウェスレイクの手でシリンダーヘッド回りを設計された1,500 cc 級・Bシリーズエンジンと共に、BMCの標準エンジンに制定された。3ベアリング・ターンフロー型OHVの当時変哲もない設計であるが、BMCのエンジンでも開発年次が新しく、生産性と実用エンジンとしての資質を兼ね備えていたので、1950年代後期には小型スポーツカーから貨物バンに至るまで広く用いられていた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たバブルカー

    当時、中東の油田依存率が高かった西ヨーロッパ諸国は、時ならぬオイルショックに陥った。イギリスの大衆層は排気量1,000 cc 前後のまともな乗用車を維持することが困難になり、当時、西ドイツなどで生産されていた200 - 400 cc の、バブルカーと呼ばれる2 - 3人乗りミニカーを購入するようになった。それらは確かに経済的ではあったが、単気筒・2気筒の空冷エンジンを搭載したけたたましい乗り物で、イギリスの税制では節税になる3輪型のモデルも含まれ、居住性や操縦性といった本格的な自動車に求められるような性能を欠いていた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た軽自動車

    日本では、優れたパッケージング、愛らしいデザイン、軽自動車相当にコンパクトなサイズなどが評価され、モデル晩年は日本が主要マーケットとなっていた。なお、イギリスと同じ左側通行である日本に輸入されたミニにも左ハンドル仕様車がある。これは日本で施行された自動車排出ガス規制(昭和50年 (1975年) 規制 - 昭和53年 (1978年) 規制)に対し、かつては規制値が近いカリフォルニア州仕様車(対米輸出車)を輸入していた時期があったためである。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たセダン

    1960年代のミニの売り上げは全モデルで好調であったが、生産メーカーにはほとんど利益をもたらさなかった。複雑な駆動システムが製造コストを嵩ませた一方、競合他社との競争に勝つために製造原価を割り込む価格で販売することを余儀なくされたためである。当時のイギリス市場で最大の強敵はイギリス・フォードで、「アングリア」、「エスコート」など、BMC前輪駆動車よりも大きい3ボックススタイルのボディを持ち、当時では低コストな固定車軸の後輪駆動方式を用いたベーシックモデルを生産、レースフィールドと大衆車市場の双方で、ミニやその上級モデルに当たるADO16シリーズと競り合った。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たミッドシップ

    横置きエンジン方式自体は時代に先んじたエレガントな技術革新だったが、ミニと同じ二階建てパワートレインの「イシゴニス・レイアウト」を採用した車種は非常に少なく、イシゴニスの手になる、ミニの拡大版ともいえるBMCのADO14、ADO16、ADO17、ポストイシゴニスのADO27、ADO67以外では、フランスのプジョー・204、304やプリンス自動車時代に設計が始まった日産・チェリーと、ミッドシップのランボルギーニ・ミウラ程度しかなく、より広く普及して一般化したのは、イタリアで1960年代に開発され、トランスミッションをエンジンと直列に横置きして車両内での前後長を短縮した、ジアコーサレイアウトであった。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

197件中 41 - 50件表示

「MINI」のニューストピックワード