101件中 61 - 70件表示
  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たセンターメーター

    初期の特徴でもあったセンターメーターは、この時期をもって廃止される。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たばね

    ミニのサスペンションスプリングには、一般的な金属ばねではなく、当時、ばねの先端素材として注目されていた、ゴムを使っている。ゴムメーカーであるダンロップの技術者アレックス・モールトンの設計による、円錐状に成型されたゴムばねを用いたラバーコーンサスペンションである。このばねは強いプログレッシブレートを持ち、最小のストロークで最大のエネルギー吸収量を得る様に設計されている。この強いプログレッシブ・レートを持つばねや、フロントが高くリヤが路面上にあるという特異なロールセンター設定のサスペンション、量産車としては今日の基準でも驚異的に速いステアリングギアレシオや、回転慣性モーメントやジャイロ効果の小さい10インチのタイヤなどによってゴーカートのようなハンドリングが生まれた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たレトロ

    光岡・レイ:ライレー・エルフを模したレトロ調軽自動車。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たバーミンガム

    全長3mほどに過ぎないコンパクトなボディは、設計者のイシゴニスが自らのスケッチでデザインするという異例の過程でスタイリングされた。だがコンセプトと内部構造を熟知した設計者自身のデザインは、機能に直結した合理性に富むもので完成度が高く、そのまま生産されることになった。組み立て時の手間を節約するためボディには風変わりな外板の継ぎ目が見られる。生産はバーミンガムのロングブリッジ工場で行われた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たドイツ

    長く低迷したイギリスの自動車工業界の状況を反映し、生産、販売会社の名前は幾度も変わったが、 ミニ自体は2000年まで40年以上に渡り生産、販売が継続された。1990年頃には日本の企業がミニの製造、販売権を取得する計画もあったが実現せず、1994年以降はドイツのBMWが、ランドローバーと同時にローバーを傘下とし、ミニにまつわる権利も手中にした。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た日英自動車

    1983年、日英自動車が正規輸入元となり、いわゆるディーラー車の販売を開始する。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たベンチレーター

    業務用のライトバンとピックアップトラックモデルである。どちらもエステートモデル同様のロングホイールベースシャーシを使用している。バンのリアクォーターウインドウを省略することにより、イギリスでは税金が安くなることから、若者達にも人気が出た。バックドアは観音開きで、ルーフベンチレーターの設定もある。ピックアップはキャブと荷箱が分かれていないワンピースボディとなっている。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た石油

    開発は1956年初頭から新コンセプトの小型車として着手されたものであったが、同年9月スエズ動乱が中東で勃発し、石油価格が高騰したことが大きな転機となった。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た馬力

    オリジナルのモーリス・ミニ・マイナーに搭載されていた848ccのエンジンは997ccまで排気量が増やされ、馬力も34馬力から55馬力に高められた。このエンジンにはレース向けのチューニングが施され、当時小型車には馴染みのなかったSUツインキャブレターとディスクブレーキが装備された。経営陣はこのモデルの生産を決め、1,000台を発注した。これは、経営陣が参加を目指していた、FIAの、当時のグループ2規定の生産義務台数をクリアするためであった。1964年、997ccのエンジンが、よりストロークの短い998ccのモデルに変更された。これ以降、1967年にクーパーモデルの生産が終了するまでに計12,274台の「クーパー」が販売された。1963年にはよりパワフルな「クーパーS」モデルが相前後して開発、生産された。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たオックスフォード

    BMWは新規に投入する同社初となるFF車をニューミニと位置づけ、それまでの資産を生かしたビジネスをすべく、傘下となった旧ローバーの技術者による車両開発を行ない、2001年から英国のオックスフォード工場(旧ローバー社カウリー工場)で生産開始され販売されている。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

101件中 61 - 70件表示

「MINI」のニューストピックワード