101件中 81 - 90件表示
  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たステアリング

    ミニのサスペンションスプリングには、一般的な金属ばねではなく、当時、ばねの先端素材として注目されていた、ゴムを使っている。ゴムメーカーであるダンロップの技術者アレックス・モールトンの設計による、円錐状に成型されたゴムばねを用いたラバーコーンサスペンションである。このばねは強いプログレッシブレートを持ち、最小のストロークで最大のエネルギー吸収量を得る様に設計されている。この強いプログレッシブ・レートを持つばねや、フロントが高くリヤが路面上にあるという特異なロールセンター設定のサスペンション、量産車としては今日の基準でも驚異的に速いステアリングギアレシオや、回転慣性モーメントやジャイロ効果の小さい10インチのタイヤなどによってゴーカートのようなハンドリングが生まれた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たドラムブレーキ

    10インチホイール+フロントドラムブレーキはこの時期までとなる。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たライセンス生産

    1971年、ミニ・クーパーのデザインがイタリアのイノチェンティとスペインの Authi 社にライセンスされ、それぞれイノチェンティ・ミニ・クーパー 1300 及び Authi ミニ・クーパー 1300 として生産された。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た映画

    ミニは映画やミュージシャンなどを通じて、1960年代の大衆文化の中にその存在を焼き付けた。ビートルズのメンバーや、イギリス女王であるエリザベス2世もミニのオーナーだった。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た排気ガス規制

    なお、イギリスは日本と同じ左側通行故にオリジナル版は右ハンドル車であり、これと軽自動車相当なコンパクトなサイズが評価されモデル晩年は日本が主要顧客となっていた。但し、日本に輸入されたミニには左ハンドル仕様車も多い。これは日本で施行された排気ガス規制(昭和50年排ガス規制?昭和53年排ガス規制)に対し、規制値が近いカリフォルニア州仕様車(対米輸出車)を輸入していた時期があったためである。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たサスペンション

    ミニのサスペンションスプリングには、一般的な金属ばねではなく、当時、ばねの先端素材として注目されていた、ゴムを使っている。ゴムメーカーであるダンロップの技術者アレックス・モールトンの設計による、円錐状に成型されたゴムばねを用いたラバーコーンサスペンションである。このばねは強いプログレッシブレートを持ち、最小のストロークで最大のエネルギー吸収量を得る様に設計されている。この強いプログレッシブ・レートを持つばねや、フロントが高くリヤが路面上にあるという特異なロールセンター設定のサスペンション、量産車としては今日の基準でも驚異的に速いステアリングギアレシオや、回転慣性モーメントやジャイロ効果の小さい10インチのタイヤなどによってゴーカートのようなハンドリングが生まれた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たテールフィン

    両車とも、リアオーバーハングを延長して車体を3BOXとし、トランク容積を稼いでいる。小ぶりなテールフィンを持ち、リアコンビランプを収めている。フロントデザインも変更され、ミニマムサイズながら上級サルーンとして仕立てられた。プレーンなグリル枠で、縦枠上部に楕円形のウーズレーのイルミネーションエンブレム(行灯式)がついているのがホーネット、盾形のフロントグリルの上枠にひし形のライレーのブルーダイヤモンドエンブレムがついているのがエルフである。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見た南アフリカ

    1981年にはニュージーランドで、ジェフ・マーフィー監督の Goodbye Pork Pie というロードムービーにミニが出演した。しかしこの頃には多くの国への輸出市場でミニの人気は低下し始めていた。南アフリカやオーストラリア、ニュージーランドでの生産はこの頃までに全て中止となった。ニュージーランドでは組み立てラインを当時新たに人気が出ていたホンダ・シティの生産に切り替えた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たジャイロ効果

    ミニのサスペンションスプリングには、一般的な金属ばねではなく、当時、ばねの先端素材として注目されていた、ゴムを使っている。ゴムメーカーであるダンロップの技術者アレックス・モールトンの設計による、円錐状に成型されたゴムばねを用いたラバーコーンサスペンションである。このばねは強いプログレッシブレートを持ち、最小のストロークで最大のエネルギー吸収量を得る様に設計されている。この強いプログレッシブ・レートを持つばねや、フロントが高くリヤが路面上にあるという特異なロールセンター設定のサスペンション、量産車としては今日の基準でも驚異的に速いステアリングギアレシオや、回転慣性モーメントやジャイロ効果の小さい10インチのタイヤなどによってゴーカートのようなハンドリングが生まれた。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

  • ミニ (BMC)

    ミニ (BMC)から見たキャブレター

    オリジナルのモーリス・ミニ・マイナーに搭載されていた848ccのエンジンは997ccまで排気量が増やされ、馬力も34馬力から55馬力に高められた。このエンジンにはレース向けのチューニングが施され、当時小型車には馴染みのなかったSUツインキャブレターとディスクブレーキが装備された。経営陣はこのモデルの生産を決め、1,000台を発注した。これは、経営陣が参加を目指していた、FIAの、当時のグループ2規定の生産義務台数をクリアするためであった。1964年、997ccのエンジンが、よりストロークの短い998ccのモデルに変更された。これ以降、1967年にクーパーモデルの生産が終了するまでに計12,274台の「クーパー」が販売された。1963年にはよりパワフルな「クーパーS」モデルが相前後して開発、生産された。ミニ (BMC) フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示